いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

シンクにたまったぐちゃぐちゃな食器。置き方を変えるだけで洗う気アップ

子どもたちが騒ぐなか、急いで食事を作って食べさせ、「やっと一息つける~」と思ったら、まだやること残ってました……。食後の食器洗いです。つい、ため息をつきながらやってしまうところ。こんな時、ちょっとお皿の置き方を変えるだけでやる気がアップ! すぐに片付いてしまいます。 教えてくれたのは、整理収納アドバイザーの江間みはるさんです。

食器を洗わなきゃいけないのにやる気がでない。そんなときは……


シンクに山積みにされた食器、鍋、フライパンなどを見ただけで、ため息が出てしまうことってありませんか? 調理に使った鍋やフライパンなどは、使ってすぐに洗えばいいのですが、タイミングが合わないと、あとでまとめて洗うことになります。シンクの中に汚れた鍋や食器が溜まればたまるほど、やる気はダウン。山盛りの洗い物を見て「どこから手をつけていいものやら……」と気分もふさぎがちになりますよね。そんなときは、まずは見た目を変えるだけで「よしやるぞ!」という気分になれますよ。

お皿の種類、コップ、箸をそろえるだけで見た目がスッキリ!


やることは、食器を種類別にそろえるだけ。箸やフォーク、スプーンなどを少し大きめのコップにまとめて立てます。その次に、食器を大きなサイズから順番に重ねていきます。たったこれだけで、見た目の印象がスッキリしたと思いませんか? ポイントは、大きなお皿を下に、その上に小さなお皿を重ねることです。

食器は大→中→小の順番に重ねる


これは、子どもの積み木遊びをヒントに考えました。同じ形の積み木を積み重ねていけばきれいに見えます。安定させて積むためには下の土台がしっかりさせることが大切。
これを食器に応用すると、大➡中➡小と、大きなお皿を下にして、少しずつ上に小さい食器を重ねていきます。さらに、四角いお皿の上には四角いお皿、丸い形のお皿には丸形といった感じで形を統一して重ねていくと、よりきれいに見えます。

「○分で終わる」と思えば取りかかりやすくなる


人は、目から見た情報によってやる気が出たり、逆になくしたりします。食器洗いの場合、汚れた食器がシンクに山積みされていたら「うわぁ……めんどくさい」と感じて嫌になってしまうもの。逆に、食器を整理して置くと「この量なら○分で終わるな」と終わりが見えて、取りかかりやすくなります。食器洗いが面倒だなと思ったら、まずは「見た目」を変えてみてはいかがでしょうか?

 

文・間野由利子 イラスト・春野さくら

関連記事

夫の担当は「子どものお風呂」が多い!?自発的に家事をやってもらうには?
毎日の家事や育児の分担は旦那さんとしていますか? 総務省が5年に一度実施する社会生活基本調査(2016年)によると、「6歳未満の子供を持つ夫・妻の1週間の家事関連時間」で夫は1時間23分、妻は...
妊娠中・産後に旦那さんがしてくれて嬉しかったことは?
産後の数年は、ホルモンバランスの変化や、育児や家事の負担増加などでママがパパに対してイライラすることが増えるケースが多々あります。2012年にNHKの朝の情報番組『あさいち』が、産後の夫婦の不仲を「産...
たまには誰か代わってほしい……家事・育児に追われるママたちの「切実な叫び」とは?
離乳食作りやおむつ替えなどの子どものお世話に加えて、食事の準備や洗濯、すぐに散らかる部屋の掃除など、朝から晩までママはやらなければいけないことが盛りだくさん。 「たまには誰か代わってほしい……」...