いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

これはうちの子の生態図鑑?かわいくて、ニヤニヤしちゃう絵本です

S__91881474
「つい、この前生んだばかりなのに……」

子どもの成長の早さに、頭も心もまったくついていけていない自分に気づく時があります。

そんな気持ちになった日は、寝かしつけた後にスマホで撮った子どもの写真を見返します。気が付けば1時間が経過していた、なんて夜も。

この間まで赤ちゃんだったはずなのに、もうすぐ3歳になろうとしている我が娘。

育児がスタートした頃、先輩ママたちから「本当に、あっという間に成長するよ」と言われることがたくさんありました。「そういうものなのか」という意識は頭のどこかにあったものの、実際は思っている以上の早さで成長していきました。

スマホの写真を振り返って見ると、撮影をした瞬間の記憶が鮮明に蘇ってくるものばかり。その一枚、一枚を見ては、懐かしい気持ちで胸がいっぱいに。

写真の娘を見ていると、月齢ごとに「このポーズ、よくしていたなぁ」とか、「こんな表情してた」「そういえば、こういう顔しなくなったなぁ」と思うものがたくさんあります。

たった3年の間にも、「あの頃は」という歴史がすでにあることに驚きます。

成長と共に、見ることのできなくなる仕草や表情。

とくに言葉は、どんどんしっかり話せるようになっていくので、かわいい言い間違えや、聞きにくい発音などの時期を懐かしく感じることが多いです。

今だからこそのかわいい仕草は?

「ウンチ踏ん張ってる時の顔」

「おいたしようとして、人の顔うかがうとき!」

「口を、んーって尖らせる時の顔」

「ちゅうしてくる顏とカメラを向けた時の反応」

「すねてる顔! たまらん」

「飛ばない投げキッスしてるのがかわいい」

過ぎた月齢を懐かしく感じる筆者が、本屋さんで思わず手にした絵本があります。

イラストレーターのminchi(みんち)さんの絵本第一作目となる「いっさいはん」です。

この絵本、とにかく全てのページにニヤニヤポイントがあります。

帯にもあるように、ついニヤニヤしちゃうんです。

ページをめくる毎に出てくる、“いっさいはん”の子どもの仕草や行動に「あ、こんなことしてたなぁ」とか、「わわわ! 懐かしい!」と、ニヤニヤの次にはウルウルしてしまう一冊。

絵本とはいっても、これはお子さんのために読んであげるものというよりは、ママやパパに、育児の合間のほっと一息という時間に、読んでもらいたいなと思う絵本です。

絵本に描かれている娘の「必殺! かかとおとし!」を何度も経験している夫は、ページを見ながら「まるで、自分のことが描かれているようだ……」とつぶやいていました。

夫婦で楽しめるこの絵本、ぜひ一度手に取ってみてください。

いっさいはん

51MKZOUg1fL__SX356_BO1,204,203,200_※クリックしていただくと、Amazonの商品ページへ飛ぶことができます。

著,イラスト:minchi

出版社: 岩崎書店

 

文・鈴木じゅん子

関連記事

二人目妊娠のタイミングは、いつがベスト?
「将来2人目が欲しいんだけれど……」と思いつつ、上の子の子育てに追われているママとしては、なかなか二人目の踏ん切りがつかないという声もチラホラ。みなさんは、一体どのタイミングで二人目を意識した...
色の名前が覚えられない子どもにもオススメ!こぐまの兄弟と一緒に色で遊べる絵本『ぼくのいろなあに』 #ママの悩みに寄り添う絵本
幼稚園や保育園では、くれよんを使ってお絵描きを楽しむことがありますよね。色に慣れ親しんでいく中で、次第に興味をもつようになっていきます。色彩感覚は、乳幼児期の視覚体験によって育まれることが明ら...
赤ちゃんの絵本を形状別に比較!成長時期ごとの良い点・注意点まとめ #ママの耳寄り情報
出産祝いに「1歳向け」と書かれた絵本を貰い、さっそく見せたり読んであげたりしました。 その頃、何かを目で追ったりキョロキョロしはじめた我が子「んぎぃちゃん」。 まだわからないかなー? ...