いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

<忘れられた母の日>子どもの成長と共に「ママありがとう!」が無くなった……【前編まんが】#母の日

私は3人の子どもの母親です。長女のマミは高校1年生。学校生活を謳歌しており、毎日部活に勉強に行事にと大忙しです。長男のユウタは中学3年生。冬に高校受験を控えていて、今は部活と塾に精を出しています。次女のアヤカは小学6年生。最後の小学校生活を楽しみつつ、ミニバスケットチームで毎日練習を頑張っています。自分のことに一生懸命な子どもたちを眩しく見つめながら、大きくなったな……なんて目頭が熱くなることもありました。そんななか、今日は母の日です。昔はお祝いの嵐だった母の日も、いつの間にか何もない普通の日となってしまいました。子どもたちが幼い頃にくれた想い出の品を見つめながら、母の日は昔の方が良かったな……なんて、つい物思いにふけてしまうのでした。

1-1

1-2

母の日の朝は子どもたちはとても早起きでした。私のためにきょうだいたちでプレゼントの準備をしてくれていたのです。

1-3

「ママ、母の日おめでとーーーーーーー!!!」そう言いながら、子どもたちは作ってくれたビーズのネックレスや似顔絵、手紙のプレゼントを昔は、用意してくれていたものです。

1-4

1-5

昔は、嬉しい母の日だったけれど、いまは子どもたちは自分たちのことで忙しく、母の日どころではないのでしょう。当日の今日もバタバタな朝を迎え、あっさりとみんな出かけて行ってしまいました。

1-6

別に特別何かが欲しいわけではありません。ただ「いつもありがとう」この一言だけでいいのです。幼い頃は浴びるほど言ってくれた「ママ、ありがとう」は、いつの間にか忘れ去られていました。

1-7

1-8

私の姿が見えなくなるだけで探してくれた日々から、子どもたちは成長しました。
それは誰よりも私が一番よく分かっていること。
それなのに、私は母の日に子どもたちから「いつもありがとう」の一言を期待してしまうのです。
かつては浴びるほどの祝福を受けた1日だったのに、今では子どもたちにとって、母の日は「いつもの日曜日」なのです。その成長が嬉しいはずなのに、どこか寂しくなってしまうなんて、母親なんて勝手な生き物ですね。
子どもたちからのたくさんの「大好き」が詰まった想い出に触れながら、「昔は良かったな」なんて思ってしまうのでした。

【後編】へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・ゆずぽん 編集・石井弥沙

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ゆずぽんの記事一覧ページ

関連記事

<忘れられた母の日>「母の日にプレゼント、いらない」実母の真意とは……!?【後編まんが】#母の日
前回からの続き。私は3人の子どもの母親です。長女のマミは高校1年生。学校生活を謳歌しており、毎日部活に勉強に行事にと大忙しです。長男のユウタは中学3年生。冬に高校受験を控えていて、今は部活と塾に精を出...
<びっくり!>母の日の準備。義姉が私の母に手紙を!?理解不能な行動にモヤモヤ……【前編まんが】
ラッピングも母の日仕様でとっても可愛く、今年も任務完了! 義母は遠方に住んでいるため、店舗から直接義実家へ送ってもらうことにしました。 母の日や父の日のイベントは、正直面倒くさいと思うこともあり...
<義母に20万円>高額な贈り物「喜んでくれるはず!」しかしお礼の連絡が、ナイ……【第1話まんが】
義母はわが家から車で30分ほどの場所で一人暮らし、義父は今から10年ほど前に病気で他界しています。 私(優)たち家族は「一人暮らしは寂しいだろう」と義母の誕生日や母の日、敬老の日などには必ずお祝いを...