entertainment

【突撃、世界ごはん!】本場イタリアの家庭料理を体験!

top
こんにちは!日本に住んでいる外国人のお宅訪問企画、『突撃、世界ごはん!』第2回目は、イタリア人のキアラさんのお宅へ遊びにいってきましたよ~!

フィレンツェ出身のキアラさん。前菜~デザートのコースをご馳走に

firenze_map
イタリアのトスカーナ州の州都、フィレンツェ。街全体が世界遺産に登録され、宮殿や教会、美術館など多くの有名建築物があり、人気の観光地です。
イタリアには地方によって異なるたくさんの郷土料理があるってご存知でしたか?
地方イタリアン大好きライターが、トスカーナの料理をリクエスト!!
なんと前菜からデザートまでコースでふるまってくれました!
素敵なおもてなしに感激してしまいましたが、イタリアの家庭では、普段から前菜、パスタなどのメインディッシュ、魚か肉料理のどちらか、サラダやチーズ、デザート…と順番に出すのが珍しくないそうですよ!

日本のお店とは違う!本場イタリアンの家庭料理を体験!

まずは前菜『パッパアルポモドーロ(パンのトマト煮込み)』『ミックスチーズ入りポレンタ』『生ソーセージと菜の花の炒め』です。
10

『パッパアルポモドーロ』はフィレンツェの名物でもあり、硬くなった食パンをトマト煮込みにしたもので、トマトのマイルドな味とふわっと柔らかい食感でとっても美味しい!余ったパンを美味しく料理に生かすことができるなんて素敵ですね。

『ポレンタ』は、北イタリアの伝統食でもあり、とうもろこしの粉を水で煮込み、ひたすら混ぜるだけ!パスタやパンの代わりに食べるもので、シチューにかけたりお肉料理と一緒に食べることが多いそう。
今回は、パルメジャーノチーズやブルーチーズをたっぷり入れていただきました!チーズ大好きだから嬉しい~!
6

チーズがこんなに伸びる~!美味しいにきまってる~!

『生ソーセージと菜の花の炒め』は、サルシッチャと呼ばれるイタリアのソーセージで、豚腸に詰めた、スパイスとハーブが効いた豚のひき肉と、菜の花をオリーブオイルで炒め、ニンニク、タカのツメ、塩・胡椒で味つけたもの。味のバランスが最高によく、と~っても美味しかったです!
こんなに菜の花が美味しいなんて!家で作ってみよう~
3ポレンタにはチーズをたっぷり・菜の花の炒め・お料理中のキアラさん

メインは『ニューディ』、別名“裸ラビオリ”と呼ばれる、ラビオリ(パスタ生地に具を入れたもの)の中身だけを茹でたもの。
茹でたほうれん草、リコッタチーズ、小麦粉、卵を混ぜて丸め、茹でるだけ。こちらはキアラさんと一緒に作ってみました!生地が柔らかいのでまとめるのが難しい・・・けど一緒にお料理できる体験はやっぱり楽しい~!ソースはフライパンにバター、セージ、生クリームを熱して簡単に作れちゃいます。
1

デザートには手作りの『カスタニャッチョ』と『チョコレートサラミ』を出してくれました。『カスタニャッチョ』は、栗の粉、オリーブオイル、ローズマリー、ナッツ、ドライフルーツ、牛乳もしくはお水を混ぜて焼いたトスカーナの伝統的な焼き菓子。イタリアの地方菓子は、素朴だけど簡単にできるものばかりで家庭的なんですね~。
『チョコレートサラミ』は、チョコ、砕いたビスケット、バター、お好みのナッツを溶かして棒状にまとめ、冷蔵庫で固めたもの。
2カスタニャッチョ・チョコレートサラミ・綺麗にカットして出してくれました

見た目が本当にサラミみたいで、スライスして食べます。チョコレートの割合が多くないので甘さも控えめで意外なお味!まるでイタリア旅行に行ってるような珍しい料理を堪能でき、ますますイタリアの地方について興味が湧いてきます。

後半『日本の女子は焦りすぎ!?イタリアとの結婚観の違いとは』では、イタリアと日本の結婚観や日本男性のイメージを聞いちゃいました!お楽しみに。

キアラさんのブログはこちら

ママスタセレクト新コーナー!『突撃、世界ごはん!』

海外好き、料理好きライターが日本に住んでいる外国人のお宅に訪問し、家庭料理や母国の文化、日本でのライフスタイルなどをインタビューしてお届けする企画です。KitchHike(キッチハイク)という、料理する人とそれを食べたい人を繋げるサービスを利用しています。

c09889e1559f04532f922c4a48e53db2KitchHike(キッチハイク)
世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWebサービス。現在33ヶ国700以上のメニューを公開。KitchHikeマガジンやFacebookでおいしい情報を発信中!https://kitchhike.com