life

全国的だと思っていたけれど、実はマイナーだったもの

IMG_8503
引越しなどで住み慣れた地域を離れ、懐かしい味を探してみたらどこにもなかった……なんて経験はありませんか? 有名だと思っていたものがご当地限定と知って、ショックを受ける方もいらっしゃるようです。

ええっ!? どこにでもあるんじゃないの?

こんなにおいしいものが全国区じゃないなんて信じられない! でもそれが現実なんです……。

『焼きそば「バゴーン」。関東に越してきて、スーパーになくてショックだった。いまだに私の中でのNo1焼きそばは、バゴーン。(東北・信越)』

『ところてんを酢醤油で食べること。
今は大阪ですが、こっちは黒みつで食べることが多いと知ってびっくりしました』

『色の薄いさつま揚げみたいな長方形の練り物、「天ぷら」の存在。
おでんにいれたり、薄く切ってかまぼこと同様、かけうどんの具にしたりするのが定番のはず……なのに、香川以外では売っていなかった』

『(栃木の)チャルメラシュウマイ。片栗粉でできたシュウマイで、ソースで食べるんだよ』

『お嫁にいったら
はんぺんが白くてびっくりした。
はんぺんは黒だと思って生きてたから(静岡)』

『セブンの「いももち」。北海道と栃木だけなんだってね』

注意! その言葉は方言です!

引越しをするまで通じるのが当たり前だった言葉が全く通じない……。
この言葉が通じないなんて……。

『(近畿地方では)子ども用自転車の「補助輪あり、なし」のことを「コマあり、コマ無し」っていわない? 関東に越してきたら通じなかった。涙』

『「つねる」を「ちぎる」。
近所の子どもが友達につねられて、泣きながら「ほっぺちぎられた」と言ってたときにはすごく焦った。(東北)』

『「幼い」を「おぼこい」っていうのは大阪だけだったの?』

『(長野の人は)「あげる」ことを「くれる」っていうよね』

『「捨てる」ことを「ほる」っていうのが関西の方言だって、お嫁に行くまで気づかなかった』

いかがでしたでしょうか? ところ変われば風習も変わり、中にはビックリする話も出てくるのが面白いところ。もしあなたが新しい土地に住み始めたならば、地元のご当地ネタを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

文・赤石みお

こちらの記事もオススメです

参考トピ (by ママスタジアム
全国的なものだと思ってて実は違ったもの