talentcolumn

『子どもがザリガニを大量に捕まえて、家に持って帰るの一点張り!どうしたらいい??』

63ザリガニ
こんにちは!子ども二人の貧乏パパ芸人、ガリットチュウ福島です。
7歳の息子は昆虫やザリガニ採取が大好き過ぎて、取り始めたら止まりません。
私もそうでした。息子と同じ小学2年生の頃、夏はカブトムシ、クワガタムシを30匹くらい捕まえて家で飼っていて、夜になるとカゴから逃げ出しブンブン爆音で飛び回ってました。
母は、熊本は天草の山奥出身なので、カブトムシくらいでは何も言わなかったのですが、バッタを100匹ぐらい捕まえて虫カゴパンパンで家に帰り玄関に置いていたら、仕事から帰ってきた父がそのカゴを誤って蹴ってしまいバッタが玄関中に飛び回り地獄絵図に!流石の山育ちの寛大な母も大絶叫!という事件がありました。
小学5年生になるとフナ釣りにもハマり、家中にあるバケツ(水が溜まればなんでもオッケー)でこれまた30匹ぐらい飼っていました。寛大な母は何も言いませんでしたが、外に置いていたら3日ですべて野良猫に食べられました・・・

それにくらべてウチの嫁はシティー派育ち。虫が大嫌いなのであります。子どもに『持って帰って来ないで』とは言いませんし、嫁も息子の好奇心を受け止めようとしてはいるのですが、やはり根がシティー派なので、『持って帰って来ないで』オーラがばんばん出ています。

これはまだ息子が年長さんの時の話しです。
私と息子がザリガニ採りに行く前に、嫁は『ザリガニは持って帰ってこないで欲しい』と小さな声で私だけに言いました。
そんなときに限って取れる取れる。
息子は大喜び!『全部持って帰る!』とテンションMAXに。
私は嫁と息子の間をとって『一番大きいの一匹だけにしない?』と言いましたが息子は全く聞き入れず、『全部、持って帰る』の一点張り。

私は全部持って帰ったら大変なことになると思い、下手な芝居を打つ事にしました。
『わかった・・・持って帰ろう』と言った瞬間、バケツを池に落としザリガニを全部逃がしてしまったのです。
そうです、ドジで間抜けなパパを演じたんです。
『あああ!!ごめん!パパの手がスベってしまった!ごめん!』と言うと息子は泣き叫び『ザリガニが〜!!!!』

息子の泣き顔に胸が締め付けられました・・・・・・
帰りの自転車でも後ろに乗っている息子が泣きながら『パパのバカ』を連呼。
ごめん!本当にごめん!ちゃんと話し合えばよかった。
パパ、年長さん(5歳)だと思ってなめてた。
真剣にザリガニを捕まえていたんだもんね。あの時は本当にバカな事をしたよ。
私も子どもだったら、泣き叫んでいただろうな。

その後から、しっかり話し合い、息子も理解し採ったザリガニや昆虫は基本的に逃がすようになりました。
嫁も、ちゃんと育てる環境ができ責任を持って飼育できるのなら飼ってもいいと息子に言うようになりました。

つい最近も息子は汚い池でザリガニを沢山捕まえましたが、私が何も言わなくても全て逃がしてきました。
息子は全身泥まみれで悪臭を放ちながら家に帰りましたが、嫁は全く怒らず『亀臭いよー、早く風呂に入りな』と笑顔で迎えてくれます。
シティー派の嫁も寛大になりました。

明日は息子と2人でカニを採りに行く約束をしています。
いっぱい捕まえるぞー!!!
また来週!

⇒毎日更新!ガリットチュウ福チャンネル

https://www.youtube.com/user/fukuchannel55