life

おもちゃは特別な日にだけ買う? ママたちの線引きとは

pixta_26841466_M

子どもにとって、ワクワクがいっぱい詰まったおもちゃ。数えきれないほどのおもちゃの中から、自分が「コレ!」と思うものを選び、それを手にしたときの幸福感と達成感。おもちゃを通して、子どもはいろいろなことに触れ合う機会にもなります。

そんな子どもの日常に不可欠なおもちゃは、誕生日やクリスマスなどの特別な日にあげるのが一般的なイメージ。しかし、なんてことのないごくごく普通の日に子どもがおもちゃを欲しがったら、みなさんどうしていますか?

欲しがるんだから買ってあげる? それとも「特別な日」まで我慢させる?

まっぷたつに分かれたママたちの意見、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「あり」でしょ!欲しいと思ったときが与えどき。

『ありでしょ。誕生日やクリスマスは子どもの欲しいと思う高額なオモチャを買うけど、日常的に頑張ったときのご褒美は高額なものじゃなくても子どものやる気に繋がるよ』

『5000円以上のものは誕生日やクリスマスなどの特別な日だけ。ガチャガチャやちょっとした小物は家計次第だけど買ってあげちゃう。病院頑張ったからシルバニアとか、買い物ついて来てもらったから食玩とか。
でも毎回買ってもらえると思われるのも良くないかな?と思って買わないときもある』

『普通に買うよ。今だと仮面ライダービ○ドはボトルも武器(?)も発売する度に買うよ。
ベルトは発売したときに買うとガシャットがついてくるから3時間並んでゲットした親バカです』

『3歳の頃、戦隊モノが出る度に買い与えてたけど、子どもも買ってもらえるのが当たり前になっちゃって、欲しいものはすぐ要求、買ってもらえないと駄々こねて帰らないって感じになってしまったのでやめた』

 『最近年中の娘がおもちゃでも本でも1、2回遊んだら飽きて「また新しいの買おう」って言うようになったから与えすぎたのか、と悩んでる』

特に多かったのが「あり派」のママたち。

その中でも特別な日>普通の日で価格を分けるという意見が目立ちました。相場はだいたい5000円が見極めラインのようですよ。戦隊モノやプリキュアは、大きなアイテム(高価)を買っても、そのあとに小さなアイテム(安価)をちょこちょこ買い足すことでさらに遊びの幅が広がる……なんていう見事な商法になっており、それにまんまとハマってしまうんですよね(笑)。

そして、むやみやたらに買い与えるというよりは「ご褒美」という位置づけでおもちゃを与えているのだそう。子どものモチベーションも上がりますね!

ただ、それを受け取る側の子どもの要求がエスカレートしてしまうのも悩みどころ。やはり「買う」ときのルールが必要になってくるのかな?

「なし」でしょ!おもちゃは特別な日にだけ。

『うちは基本なし』

『あまり買い与えると物を大切にしなくなりそう』

 『おもちゃは買わない。本だけはケチらず欲しがったら買うようにしてる』

『2歳4歳7歳の子がいるけど今月子どもの物は落書き帳と折り紙を買い足したぐらい。先月も貰った図書券で絵本買ったのみ。
誕生日とクリスマスは多少値の張るおもちゃ買ったりもするけどそれ以外はたまにガチャガチャするぐらい』

『うちはイベント時以外は買わない。必要と思わないから』

『我慢我慢で育てた子は、将来自分でお金が持てるようになったときに反動がすごいよ』

おもちゃは基本、特別な日だけという「なし派」のママたち。BBSへのコメントも非常に短くシンプルなのが、教育方針に芯が通っている感じがします。

おもちゃは買わないけど、本にはしっかりお金かけるという意見もありました。新しい絵本も、おもちゃみたいにワクワクしますよね!

特別な日にだけ買ってもらえるおもちゃ、それを手にしたときの感動もひとしおです。待ちにまった分、末永く大事にしてもらいたいですね。

一方で、我慢で育てると将来反動が……なんてコメントも。もちろん子どもの性格にもよりけりだとは思いますが、果たしてその真相は? 気になります。

買う、買わないは家庭の自由。本当に大切なことは?

『分かる。私がそうだった。何でも買ってもらえるのが当たり前で。小学校入ってお友達の家に行って何もおもちゃなくてビックリしたことある。それも一人や二人じゃなくて。低学年の私は友達に何もないからつまらない うちのおいでよ。と言って泣かせてしまったことがある。意地悪とかじゃなくて素直に言ってしまって、すごく後悔した』

『買ってあげるのは家庭の方針でいいけれど、そうでない家庭の子を見下すような発言する子が多いのよね。そこまでしっかりしつけられるのであればいいと思うけど』

たくさんおもちゃを買ってもらえる子どもはそれが「当たり前」になり、そうではない子を見下してしまうという意見。なるほど……正直な子どもの世界だからこそ起こりうることですね。

本当に大切なのは、買ってあげたあとのしつけなのかもしれません。

子どもにとって、おもちゃを買って貰える貰えないかは、親の考え方ひとつで決まってしまいます。子どもがその考えを背負って社会に出て行ったときに、間違って誰かを傷つけてしまわないようにしつけることも、物を与える側の役目ですね。

おもちゃの買い与えを通して、自分の家が「当たり前」でないという現実をしっかり子どもに伝える良い機会にしてみてはいかがでしょうか。

文・渡辺多絵

関連記事

覚えてる? 昔流行ったおもちゃ、懐かしいお菓子
ママたちがまだ子どもだった頃、青春真っ盛りだった頃、いつの時代でも流行ってたおもちゃやお菓子、流れていた歌やテレビ番組がありましたよね。ママスタBBSにそんな「これ懐かしい!!!」と思ってしま...
いつもおもちゃが散らかって困っているママへ!子どもにお片付けを習慣化させる4つのポイント
掃除で一番悩まされるのが、子どもの遊びスペースの片付けです。おもちゃは年齢が上がるにつれて増える一方、収納スペースは変わりません。棚からあふれたおもちゃが床にちらばり、掃除もままならない状況で...
あなたは何て返す?子どもからの「サンタクロースって本当はパパとママなんでしょ?」
小さい頃は信じてくれていたサンタクロース。「サンタさん来るかな~?」と、12月に入るとドキドキソワソワし始める子どもたち。12月25日の朝は、プレゼントを手にしたときに溢れる子どもの笑顔に癒さ...
参考トピ (by ママスタジアム
批判なしで!誕生日やお祝い事じゃなく何でもない普通の日に子供におもちゃを買うって