life

『おかあさんといっしょ』の5月のうた『とり』が深くて泣ける!

おかあさんといっしょ「とり」

Eテレ『おかあさんといっしょ』の2017年5月の月の歌として、新曲『とり』が放送されています。こちらはやさしいメロディーと歌詞に癒やされつつ、曲にこめられた深いメッセージに「泣ける!」とママたちの間で評判の一曲。今年で2年目となる小野あつこお姉さんと、4月から新しく就任した花田ゆういちろうお兄さんの「ゆうあつコンビ」の優しい素直な歌声の魅力も存分に感じられる曲となっています。

とべないとりを歌う曲に「泣ける!」との声が

『おかあさんといっしょ』の5月の歌としては珍しく、しっとり静かな曲調の新曲『とり』が放送されると「とりの絵に癒やされる」「ピアノの響きが心地良い」「じんわりして、染みる……」という好評がインターネット上に寄せられていました。

さらには、歌詞に共感した子育て中のママたちからは「泣ける!」との声も。

『他の子と違う我が子に悩むけど、みんなそれぞれ、おなじじゃないから面白いんだよね』

『子どもと「とべないとり」が重なる。そこにいて笑ってくれるだけでたくさんのものをくれる存在』

『母親としてうまくできないことに落ち込んでいたけど、私は私なりに何かできているのかと思えて泣けた』

「とべないとり」と子どもや自分を重ねあわせて聴くママも多いようです。

作詞作曲は『きみ』のつだみさこさん・アニメーションは『蝉しぐれ』ED映像の保谷瑠美子さん

『とり』は、『おかあさんといっしょ』の今月のうたとして記憶に残る『きみ』や『つるのワルツ』を手がけたつだみさこさんが作詞・作曲をされています。2014年に放送された『きみ』は、赤ちゃんが生まれてお兄ちゃんになった「ぼく」が「きみ(妹)」のことを優しい目線で歌った曲で、やはりママたちから「泣ける」と話題になりました。

また、ふんわりとした可愛らしいヒヨコが癒やされると人気の『とり』のアニメーションは、NHK時代劇『蝉しぐれ』のエンディング映像やNHK『みんなのうた』の『I LOVE XXX』などのアニメーションも手がけた墨絵アニメーション作家・保谷瑠美子さんの作品です。か弱いだけの存在ではない「とべないとり」を、可愛さと芯の強さも感じる絵で表現されています。

まだ『とり』を聴いたことのない方は、ぜひ一度この曲の歌詞にこめられた深いメッセージにも注目してじっくり聴いてみてくださいね。

文・こどモア管理人さち イラスト・ちうね

関連記事

実はアラフォー!? まだまだ眩しい「よしお兄さん」にゾッコンなママたち
毎朝、『おかあさんといっしょ』で元気いっぱいな体操を見せてくれる よしお兄さん。我が家の子どもたちは、とにかく よしお兄さんが大好き! 体操をしているにこやかだけれど真剣な姿や、それぞれの歌に...
『おかいつ』だいすけお兄さんの卒業記念ムックが発売決定
写真提供:講談社 NHK『おかあさんといっしょ』11代目うたのお兄さんを歴代最長の9年間つとめあげた横山だいすけさんが、2017年3月いっぱいで番組を卒業しました。 4月からは12代目う...
パント!の神対応に安定感「りさお姉さん」の魅力とは?
Eテレ『おかあさんといっしょ』で、なにかと注目を浴びるうたのお兄さんお姉さん。その一方で、華々しい注目は浴びないけれど、歌っているお兄さんお姉さんの隣で番組を支えているたいそうのお兄さんとお姉...