life

トイレトレーニングが1週間で完了、その秘訣とは?

pixta_22790656_M (1)新しく入った保育園の2歳児クラス。オムツをしていたのは筆者の娘だけ、みんなパンツを履いています。

当時娘はちょうど2歳半、クラスには娘よりも小さな月齢の子もいましたが、娘を除いた12人全員トイレトレーニングは終わっていました。

「みんな、こんなにトイレトレーニングが早いの!?」

正直、焦りました。

これは筆者がイギリスに住んでいた時のことです。

イギリスのトイレトレーニングは1歳半から2歳くらいまでに始める子が多く、しかも、数週間で完了させる「短期集中型」が主流のようでした。ちょっとうまくいかない子は気長にいこう。もちろんそんな考え方もありますが、それは少数派かな、という雰囲気。

1週間で完了!というパターンも特別なことではないようです。

何かすごい秘訣があるのでは? どうしたらそんなに早くうまくトイレトレーニングが進められるのか、筆者もぜひ見習いたいと思いました。

短期間で進めるにはどうしたらいい?

先生や周りの人の話では、短期間でトイレトレーニングを進めるには、
“子ども自身がトイレトレーニングを始められる状態であること”
“親の覚悟”
この2つが秘訣だそうです。

子どもがトイレトレーニングを始めたら、昼間は完全にパンツで過ごすのが基本。日本のトレーニングパンツのような性能がいい物はありませんし、使いません。親は子どもの“サイン”を見逃さないように注意しなければならないし、頻繁にトイレに誘って、失敗しても怒らず。

外出するからと、親の都合でオムツにしたり、失敗にイライラしたり、そんなことはぐっとガマンして短期集中で進めるそうです。トイレに行く時間をいつも気にしたり、オマルを持って公園に行ったり、トイレトレーニング中心に回る生活です。

短期集中に憧れつつも、実践できず

そんな話を聞いて、私もイギリス式短期集中型を実践したかというと、結局“覚悟”がなく、時間をかけてゆっくりと、でした。

娘がパンツを履くことをすごく嫌がり、スタート時点で挫折。そのかわり、娘はトイレに行くこと自体には興味がありました。トイレに座ってみたいだけかと思ったら、成功することも。成功したら大好きなキティちゃんのシールを貼る、なんてことをやっているうちに、だんだんシールを貼る場所もなくなり、自然とパンツを履くようになっていきました。

オムツのままでトイレトレーニングをやっていると、本人も気持ち悪くないし、ママも困らないので、自然とのんびりとしてしまうようです。最初は焦ってトイレトレーニングを始めたはずの筆者でしたが、結局娘のオムツが外れるまで10か月以上かかりました。

楽な道のりはないのかも。でも親子で乗り切ろう!

ママ自身の“覚悟”があれば、もっと短い期間で終わったかもしれないですが、結局筆者にはできませんでした。逆に短期集中型のママからは、長い期間をかけるのは、すごく我慢強くなくてはならないし、マネできない、と言われました。

覚悟を決めて短期決戦でやるか、じっくり時間をかけて長期戦でいくか。どちらをとっても、親にとっては楽な道のりではないようです。先生や先輩ママからは、どちらがいいか迷うよりも、
「子どもにとってトイレがストレスとならないようにしてあげることを考えて」
と言われました。それには親のストレスを考えることも大切なのだと思います。ママがイライラしていると、子どもにとってもストレスとなってしまいますよね。

親と子どもが一緒に進めるトイレトレーニング。子どもの成長ペースももちろん大切ですが、親である自分自身のペースも大切にしながら、進められるといいですね。