entertainment

吉田沙保里さん・菊川怜さん・高畑充希さん、ランキング首位の「クイーン」たちが華やかに登壇

女子レスリング・吉田沙保里さん、タレント・菊川怜さん、女優・高畑充希さんという珍しい取り合わせが実現した、「ORICON STYLE クイーン・アワード 2016」の表彰式。これは「がんばる女性をたたえる日」として今年新たに制定された12月12日の「クイーン・デー」に先立ち、オリコン・モニターリサーチによるランキングの中から女性にスポットを当てた12部門で1位に選ばれた人を、クイーンとして表彰するというもの。

吉田さんは「好きなスポーツ選手(女性部門)」、菊川さんは「インテリジェンスクイーン」、高畑さんは「2016年ブレイク女優」として、それぞれ選出されました。

1207mmst-205

■「なんで”恋人にしたい”部門じゃなかったの?」(吉田さん)

全12部門のクイーンそれぞれ上位3名が映像で発表されたあと、ステージに登場した3人。「好きなスポーツ選手(女性部門)」の3位が浅田真央さん、2位が福原愛さんという発表を受けた吉田さんは「とてもうれしいですし、愛ちゃんや真央ちゃんよりも上だったことが私の中で信じられないというか…」。
すると菊川さんがすかさず、「さっき待っている間のバックステージで『なんで私、”恋人にしたい有名人”部門じゃなかったんだろう?』って言ってましたよね(笑)?」。
「それは内緒ですよ! でも綾瀬はるかさんが選ばれていたので、『あ、かないません』と素直に思いました(笑)」(吉田さん)と、会場をわかせました。

1207mmst-174

菊川さんは「クイズ番組でもふがいない姿ばかりお見せしているし(笑)、自分の番組(フジテレビ系『とくダネ!』)でもよけいなことばかり言っているので、こんな賞をいただけるなんて信じられない気持ちです。本当にもらってもいいのかな?と…」と、恐縮しながらコメント。

高畑さんは「すごくありがたいと同時に、自分のことじゃないような気持ちもあります。”ブレイク”で選んでいただけるのは一生に一回だけのチャンスかなと思うので、この賞をいただいた幸せをかみしめたいと思います」と、ういういしく語りました。

1207mmst-194

ちなみにママたちにとって身近な「好きなママタレント」でクイーンに選ばれたのは、木下優樹菜さん。2位が木村佳乃さん、3位は北斗晶さんというこちらも個性豊かな顔ぶれでした。なるほど、みなさんそれぞれママとしても女性としても輝いている方ばかりですね。

■「”がんばる”がもっとポジティブな意味になれば」(菊川さん)

12月12日が「クイーン・デー」として制定されたのは、トランプで「クイーン」を表す「12」が並ぶ日だからだとか。日常のさまざまなシーンでがんばっている女性をクイーンのようにたたえ、ねぎらう日とするそうです。
イベント中に一般女性たちから寄せられた「今年がんばったこと」のアンケート結果が司会者から読み上げられると、それを聞いた3人ともが大きくうなづきます。

「こういうアンケートって、いいですよね。”がんばったこと”って、わりとがんばらざるを得ない状況に追い込まれてやることなので、過ぎてしまえば忘れがちじゃないですか? でもよくよく思い返すと『あ、あれはがんばったな』って。こうして振り返らないと出てこないことなので」(高畑さん)

「”がんばる”ってニュアンス的にはちょっと大変そうな感じですけど、アンケートを拝見して自分が成長するために目標に向かっている、ポジティブなパワーを感じました。”がんばる”が”大変”とか”つらい”だけじゃなくて、もっと前向きな意味になっていくといいなと思います」(菊川さん)

1207mmst-191

12月12日というあわただしい年末の”嵐”の中に突入する少し手前に、子育てや仕事、家事、趣味など今年1年自分ががんばったことを思い返してみるのもいいかもしれませんね。

■全員が「はじめまして」とは思えない、なごやかな時間に

「今年は私にとって、リオオリンピックに向けてがんばった1年でした。結果は銀メダルに終わってしまったんですけど、そのあとたくさんの方からメッセージをいただいて、がんばってよかったなと思える年になりました」と、吉田さん。金メダル以上の価値を感じさせてくれた銀メダル、吉田さんの活躍を「今年一番の感動だった!」と思うママも多いのでは?
「2017年もまたクイーンに選ばれるように、がんばっていきたいなと思います。結婚も出産も視野に入れながら(笑)、いろんなことに挑戦できる1年になるといいなと思います」と、抱負を語ってくれました。

1207mmst-189

菊川さんは「日々の仕事をていねいに、楽しく継続できるように。来年も皆勤賞になるように、体調を整えてがんばりたいと思います」と、にっこり。

高畑さんは「全力疾走した1年だったので、来年はちょっと自分のペースも取り戻しながら毎日楽しく仕事ができたらいいなと思います。あと、今年は”朝ドラをがんばったから”とか理由をつけてたくさん自分へのご褒美を買ってしまったので、来年はあげすぎないようにしたいです(笑)」と、等身大の一面をのぞかせてくれました。

1207mmst-182

スマートな受け答えで「なるほど!」と納得させてくれる菊川さん、ほんわかしたマイペースぶりがかわいらしい高畑さん、細やかな気配りでステージを盛り上げる吉田さんと、この日全員が初対面だったそうですがなごやかなイベントとなりました。終了後には高畑さんも「おふたりがこんなに楽しい方だとは思っていなくて…今日はうれしかったです(笑)」と、ニコニコでしたよ。

ところでこの日は登壇しなかった、ほかの『クイーン」たちはいったい誰だったのか? 気になる方はぜひ特設サイトをチェックしてみてくださいね☆

 

今年頑張った女性を称える『ORICON STYLE クイーン・アワード2016』

撮影/山口真由子 取材/文・鈴木麻子