life

とっても可愛い♪100均の材料で今話題の動物ぽんぽんを作ってみましょ♪基本のクマ編

今話題のハンドメイド、動物ぽんぽんをご存知ですか?SNSやメディアに取り上げられ、関連商品はあっという間に売り切れて入荷待ち状態の動物ぽんぽん。毛糸で出来た愛くるしい動物たち。ほっこり丸いシルエットとほわんとした表情は見ているだけで癒されますね。

sub2

sub3

この動物ぽんぽんの作家はtrikotri(黒田 翼)さん。『森の動物たちのぽんぽんブローチ』で、第1回ハンドメイド大賞(produced by 藤久株式会社×minne)にて、大賞およびアクセサリー部門賞をW受賞されました。

作り方は、ポンポンメーカーに毛糸を巻いてポンポンを作り、ハサミでカットして形を整え、羊毛フェルトや目玉パーツなどを使って細部を仕上げるというもの。色が多くて複雑なものは難しいですが、1色だけなら本を見なくても作ることが出来ます。ハサミでペットをトリミングしていくような感じなので、作っているうちにどんどん愛着がわいてくるハンドメイドです。

sub1

たくさん作って、お子さんにプレゼントするのも良いですね。ペットやぬいぐるみなどを可愛がるのは、男女問わず、相手を思いやる気持ちを育て、想像力やイメージを豊かにしてくれるのだそうです。まずはママが可愛がっている様子を見せると良いそう。子どもの心の成長に一役買ってくれるなんて素敵ですね。

裏に金具を付けてブローチにしたり、ゴムに付けてヘアゴムにすることもできます。色々な動物やキャラクターを作って楽しんでみてくださいね。

今回は、NHKあさイチで紹介された動物ぽんぽんのクマの作り方を参考にして、100均の材料でできる、初心者さん向き動物ぽんぽんを作りました。

所要時間はおよそ1時間。こんなクマの動物ぽんぽんができます。

A1IMG_7447

A1IMG_7471

では材料と道具をご紹介します。ポンポンメーカー以外は全部100均ショップで揃えました。上手に作るためのポイントがいくつかあるので、しっかりチェックしてくださいね。

★材料&道具

・ポンポンメーカー(クロバー スーパーポンポンメーカー) 65mm

手芸屋さんやネットショップにあります。85mm・65mm・45mm・34mmの4サイズセットやこれより小さいサイズもあります。

今回は65mmを使用しています。サイズがいろいろありますが、毛糸が太い場合は大き目のポンポンメーカーを使い、細い毛糸は小さ目のポンポンメーカーを使うのがお勧めです。

A1IMG_6448クロバー スーパーポンポンメーカー

ポンポンメーカーは2つのパーツに分かれます。ポンポンを作る時は真ん中を繋げて使います。A1IMG_6457

・ウール100%もしくはウールの配合多めの毛糸 1玉 

A1IMG_7022セリアさん ひつじちゃんナチュラル 極太COL NO.4 LOT NO.E 約25g玉 糸長35m

今回は極太を使っています。小さいポンポンメーカーを使う時は、これより細めの毛糸をご使用ください。NHKあさイチでは中細の毛糸を2本まとめて作っていました。どちらでも大丈夫です。

100均ショップのセリアさんやダイソーさんにウール100%の毛糸がありました。季節によっては売っていない場合があるので、その場合は手芸店で探してみてくださいね。

ポイント1 ウールの毛糸がお勧めの理由。

アクリルが多い毛糸だと、毛糸同士が絡まりにくいので、作るのに時間が掛かってしまいます。なるべくウールの配合が多い毛糸をご使用ください。

・ニードル(羊毛フェルトを形作る針の事)

刺している時に先端が折れることがあるので、何本か予備があると安心です。

A1IMG_7202ダイソーさん 羊毛フェルト用ニードル

・羊毛フェルト用のマット(亀の子たわしでもOK)

A1IMG_6560ダイソーさん 羊毛フェルト用スターターセット

こちらはマットとニードルがついています。ニードルを刺す時にマットがあると、作業中にニードルや作業台を痛める事無く、毛糸同士が絡まり易くなり、作業しやすいので便利です。

・羊毛フェルト(黒色)鼻と口を作ります。

A1IMG_7118ダイソーさん 羊毛フェルト

・目玉パーツもしくは黒いビーズ(今回は大き目の黒いビーズを使っています)

目玉パーツやビーズは100均ショップや手芸店などにあります。

・糸と針(目玉がビーズのときは必要)

・はさみ(よく切れる物をご用意ください。私は布用の裁ちはさみを使いました。)

・タコ糸もしくは毛糸(ぽんぽんと同じもの)

タコ糸だとしっかりポンポンが固定されるそうです。ぽんぽんと同じ毛糸でも大丈夫です。

では続いて作り方をご紹介します。

ぽんぽんを作ります

①65mmのポンポンメーカーを、緑色のアームを上下2つ重ねたまま開きます。A1IMG_7024

②はじめは指で毛糸の先端を押さえたまま、アームの端から毛糸を巻いていきます。真ん中のアーチが少し残るくらいまで、約210回巻きました。

ポイント2 巻き方で仕上がりが変わります。

毛糸は少し強めに巻き、しっかりと隙間なく巻いていくと 仕上がりが綺麗になりますよ。A1IMG_7027

A1IMG_7028

端まで巻いたら、折り返します。下の写真は左から右へ巻きながら進んだあと、左から右へ巻きつけていっているところです。A1IMG_7032

今回は約210回巻きましたが、毛糸の太さや巻く強さにより巻き数が変わります。沢山巻くほど、ギュッと詰まったぽんぽんになるので、お好みで巻いてください。NHKあさイチでは中太の毛糸2本取りで大体190回が目安と紹介されていました。

③巻き終わりは、最後の巻の中に毛糸の端を入れて、ギュッと絞ります。毛糸の先端は適当な長さに切っておきます。A1IMG_7037

A1IMG_7041

A1IMG_7044

④反対側も同じように、片側と同じ回数だけ巻きます。A1IMG_7051

⑤ポンポンメーカーを真ん中に閉じて、円の状態にします。A1IMG_7055

⑥しっかりと片手で押さえたら、ポンポンメーカーのつなぎ目を目安に、ハサミで切っていきます。

ポイント3 ポンポンメーカーをしっかり押さえて切りましょう。

ポンポンメーカーが開いてしまわない様に片手でしっかり押さえておくと安心です。一度には切れないので、少しずつ切り進めてください。A1IMG_7056

A1IMG_7060

⑦ポンポンメーカー真ん中の継ぎ目を、ぐるっとタコ糸もしくはぽんぽんと同じ毛糸でしっかりと縛り、力いっぱい2~3回固く結びます。少し長めに毛糸を残して、切っておきます。今回は毛糸で結んでいます。A1IMG_7062

⑧ポンポンメーカーを外します。糸が片寄っていても、手の平でコロコロ転がすと、綺麗な球体になります。A1IMG_7069

A1IMG_7074

★ハサミで形を整えます

⑨口の周りを切ります。結んだ毛糸が出ている反対側に、指でOKの形を作り、Oの形のところでポンポンを握って押さえます。だいたい500円玉程の大きさです。A1IMG_7078

少し形が付いたのが分かりますか?この真ん中を残して、回りをハサミで切っていきます。A1IMG_7079

⑩さきほど凹ませたところをハサミで少しずつ切り、口の周りを作ります。

写真は、横から見たところです。最初だけ思い切ってハサミを入れています。A1IMG_7081

切ったところです。こちらは正面です。A1IMG_7082

横から見たところです。A1IMG_7083

⑪頭と口の形のバランスを見ながら、丸めるように、少しずつハサミで切っていきます。

ポイント4 重要ポイント!回転させ、少しずつ調整しながら切ります。

初心者さんで失敗しやすいのが、ぽんぽんのカットです。360°回転させながら形をチェックしましょう。丸みを維持するため、ぽんぽんを回しながら少しずつ切り、全体を見ながら整えていきます。A1IMG_7085

A1IMG_7088

頭の上の方を狭く、頬が広くなるように切っています。A1IMG_7092

A1IMG_7093

★耳を作ります

⑫毛糸を20cmほどの長さで10本ほど切ります。耳を小さくしたい場合は長さを短くしてください。A1IMG_7094

⑬切った毛糸の真ん中を耳にしたい所に当てて、ニードルでぽんぽんの奥までブスッと刺し、毛糸の中心を2cmほどポンポンの中に入れます。横に並ぶように、片耳5本ずつ刺します。45mmのポンポンメーカーをご使用の場合は本数を片耳3本ほどに減らしてくださいね。A1IMG_7096

A1IMG_7095

刺し終わったところです。毛糸を長くしたらうさぎも作れそうですね。A1IMG_7100

⑭耳の部分の毛糸を丸く整えます。A1IMG_7107

⑮耳の部分を羊毛フェルト用マット(亀の子たわしでも大丈夫です)の上に置き、⑭で丸めた毛糸の重なっている部分を、ニードルでブスブスと突きます。何度もつつくうちに、毛糸同士が絡まって、まとまります。

ポイント5 ニードルの使い方

ニードルはまっすぐ刺して抜きます。ぐりぐりねじったり回しながら刺すと、ニードルの先端が折れてしまいますのでご注意ください。また、マットに沈むほど深く突き刺す必要はないので、毛糸に対して垂直につつくようにニードルを使いましょう。A1IMG_7108

ポイント6 耳のサイズ調整の仕方

刺していくと、だんだん毛糸同士が絡まって、固く、ギュッと縮まって、ひとまとまりになります。サイズを小さくしたい場合は、小さくしたい方向に刺すと、ぎゅっと詰まって小さくなります。A1IMG_7113

⑯耳の付け根にニードルをしっかり刺して耳を固定し整えたら耳の完成です。A1IMG_7115

A1IMG_7117

★鼻を作ります

⑰羊毛フェルトの黒を小さく丸めて、鼻の部分におき、ニードルで刺していきます。

ポイント7 鼻の作り方

鼻の中央をつつきすぎると、どんどん凹んで奥にいってしまいます。中央はあまり触らず、鼻の周りを刺すイメージで作って下さい。A1IMG_7120

逆三角形▼の形になるように整えます。A1IMG_7122

羊毛フェルトの周りを刺しておきます。A1IMG_7123

★口を作ります

⑱細くねじった羊毛フェルトをポンポンも乗せて、ニードルで刺します。

ポイント8 口の作り方

深くニードルを刺し過ぎると、羊毛フェルトが奥まで行ってしまうので、ポンポンの表面近くへ浅めにつつくようにします。A1IMG_7126

A1IMG_7127

口が完成しました。A1IMG_7130

★目を付けます

⑲全体像をよく見て、バランスのいい場所に目玉パーツかビーズをつけます。目玉パーツの時は、付けたい所に穴をあけて、ボンドを付けた目玉パーツを差し込みます。

今回は黒いビーズを針と糸で付けました。片目の位置から針を刺し、反対の目の位置に針を出して、1つ目のビーズを通します。そこからまた最初の片目の位置に針を出して2つ目のビーズを通し、糸を2回ギュッと固く結んでおきました。A1IMG_7136

A1IMG_7139

余分な糸は切らずに針に通し、目玉の位置からポンポンの中央に向かって針を通し、そのまま目玉とは反対側まで針と糸を出して、引っ張りながら糸を切っておきました。引っ張って切ることで、糸の端がぽんぽんの中に入って目立たなくなります。

★形を整えます

⑳全体を見て、必要であればハサミで再度カットし、形を整えたら完成です。A1IMG_7154

★全体図

ハサミで切る時の参考にしてください。

正面から見たところA1IMG_7142

上から見たところA1IMG_7148

下から見たところA1IMG_7156

横から見たところA1IMG_7159

後ろから見たところA1IMG_7160

ヘアゴムに結びつけても使えるように、ポンポンを結んだ時の毛糸を長く残しています。

ポンポンを作った後の毛糸です。少し残りました。65mmのポンポンメーカーで作る場合は、1匹につき毛糸が1玉必要ですね。A1IMG_7144

trikotriさんの動物ポンポンより幼い感じのクマに仕上がりました。作り手によって、全然違ったものになるのがハンドメイドならではですね。約1時間で作れました。A1IMG_7471

初心者さん向けの動物ポンポンの作品いろいろ♪

日本テレビ「スッキリ!!」で紹介されていたシロクマのポンポンも比較的簡単にできます。

45mmのポンポンメーカーの片側に、1cm幅に10巻きほど灰色の毛糸を巻き付けてから、上から白い毛糸を150回巻き付けて作るそうです。

A1どうぶつ14出典:https://www.instagram.comedamame95さん)

ゴムを付けてヘアゴムにしても良いですね。この方の様に、羊毛フェルトで口を作ると簡単です。耳はフェルトで作られていますね。目や鼻のパーツは手芸屋さんや100均ショップのダイソーさんでも売っています。

A1どうぶつ13出典:https://www.instagram.comamigirl_knitsさん=>5/28に大阪梅田ロフトにてワークショップをされるそうです!)

毛糸の巻き方次第で、いろいろな動物ができちゃいます。どれも可愛くてほのぼのしちゃいますね。

A1どうぶつ7出典:https://www.instagram.compurin01さん)

A1A1IMG_1111出典:https://www.instagram.comedamame95さん)

 動物ポンポンの作家trikotri(黒田翼)さんが作り方を紹介している本です。

main

いろいろな角度から見た動物ぽんぽんや詳しい作り方を紹介している一冊。柄が複雑な動物のぽんぽんは是非、こちらをご覧ください。

いかがでしたでしょうか。とっても可愛い動物ぽんぽん、たくさん作ってみてくださいね。

素敵な作品を沢山ご紹介させていただきました。作家の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

記事を作成するにあたって以下を参考にしました。

後悔したくないママのための子育て充実サイト

Craft Town

NHKあさイチ

また以下のサイトを利用させていただきました。

ビンテージ Freepikによるベクターデザイン

 

100均の材料でできる動物ぽんぽん白文鳥の作り方もご紹介しています。合わせてご覧ください。

A1IMG_7225

記事はこちら↓

100均ハンドメイド♪動物ぽんぽんを作ってみましょ♪オリジナル白文鳥編♪

最後までご覧いただきありがとうございました。