いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<義母の余計なお世話!>2歳の息子に「細い!もっと揚げ物を食べさせなさい」と口出し【前編まんが】

これは数年前の話です。私の名前はメグミ。ひとつ年上の夫ショウタと、2歳のユウマの3人家族です。時短勤務をしているため、ユウマは日中保育園に預かってもらっています。今日は高速を使って1時間の距離にある義実家へ。滞在期間は1泊2日の予定です。義父はちょうど町内会の親睦旅行が重なってしまい、初日だけ不在とのことです。なので義母がひとりで私たちを出迎えてくれました。
1-1
1-2
1-3

ひさしぶりの帰省だというのに、義母は会うなり「ちゃんとご飯を食べさせているの~?」と私を責めるような言い方をします。笑って流そうとしましたが、義母のイヤミは止まりません。夫だってたくさん食べても太ることはなく、むしろ痩せています。太りにくい体質なのでしょう。そうこうしている間に食事の時間になり、義母がお昼ご飯を用意してくれました。目の前には大量の唐揚げが大皿に盛られています。
1-4
1-5
1-6

1-7
1-8
1-9
たしかに揚げ物はあまり作りませんが、私だって仕事の後に毎日ちゃんとご飯を作っています。ユウマもおいしいと言ってくれます。ユウマはニンジンとピーマンがとくに苦手なのでみじん切りにしてオムライスに入れたり、チャーハンにしたり工夫もしているつもりです。真っ先に嫁を守らなくちゃいけない立場の夫が、なぜ義母に乗っかって私を攻撃してくるのでしょうか。ここは義実家。私にとってはアウェイです。私は右から左へ聞き流し、何を言われても「あはは」と力なく笑うことしかできませんでした。
こんなとき、あなたならどうしますか?

【中編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・ゆずぽん 編集・荻野実紀子

バナー
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ゆずぽんの記事一覧ページ

関連記事

<義母の余計なお世話!>「ご飯ママよりおいしいでしょ?」私を守ってくれたのは……?【中編まんが】
前回からの続き。数年前の話です。義実家に1泊2日で遊びに行くと、義母から息子ユウマが痩せすぎだから揚げ物をたくさん食べさせなさいと言われました。ユウマは食べても太らない体質なのに……。それに働いている...
<鬼を封印する相手>物静かに嫌味を言う義母への対応は……【渡る育児は鬼きたる!?前編】#最強ママ
「ハッピーバースデーキョウイチ~」 今日は次男キョウイチの誕生日です。私は鼻歌を歌いながら張り切ってご馳走を用意し、家族と義母でキョウイチの誕生日を祝う準備をしています。「今日は素敵な一日にするゾ!...
<旦那の作戦>嫌味な義母への仕返し!回転寿司は不味くて食べられないと言うなら……【前編】まんが
義母は息子(私の旦那)のことが大好き。そのため私への嫉妬心からなのか、ことあるごとに家事育児についてうるさく言ってきます。それだけでなく、私への嫌味や私の実家へのケチをつけるのも日常茶飯事です。 ...