いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<実家に頼りすぎママたち>小姑2人と価値観ズレ!贈られてきた大量の汚ベビーグッズ【第1話まんが】

これは今年のお話です。生後半年の娘を連れて、義実家へ帰省してきました。
1-1悪い人たちではないのかもしれませんが、何と言うか私とは「感覚」が違うのです。たとえば私たちが結婚したときも……。

1-2見返りを期待してお祝いを贈っているわけではありませんが、お互いの気持ちのやりとりは必要だと思うのです。それだけではなく……。

01_03_0203人からいただくものを悪く言うのは気が引けます。けれど、こう何度もお祝い事に関して一方通行になってしまうと、こちらも感覚の違いを痛感してしまい、それなりの距離を取って接したくなるのでした。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・はなめがね 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

はなめがねの記事一覧ページ

関連記事

<実家に頼りすぎママたち>「娘がごめんなさいね」お義母さん、代理で謝らないで……【第2話まんが】
前回からの続き。旦那の妹、モモカさんとアンナさん。現在シングルマザーとして頑張っている2人ですが、私とは、どことなく「感覚の違い」を感じ苦手意識を持っていました。 娘が生まれたときに贈られてきた...
<夫の妹が図々しい!>「ベビー用品を貸して!」と言ってくる義妹。いい加減にして【前編まんが】
3年くらい前の話です。夫にはゆきさんという妹がいます。結婚してから、そんなに親しい付き合いはなかったのですが、ゆきさんが出産してから変化が……。 はじめのうちは兄と妹だし……と思っていたのですが...
<義妹の地雷>何が失敗?「うんうん、だよね」会話に共感していたら……急に怒った義妹【前編まんが】
数年前の話です。私はユミコ、旦那の家業を手伝いながら二人の子を育てる30代です。ある日近所に住む義妹のマリカさんが娘のマユちゃんを連れて遊びにきました。マリカさんは旦那の弟の奥さんで20代半ば、年は少...