いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<はじめて!義実家に帰省>優しい義両親の気遣いに感謝「また、帰省させてください」【第4話まんが】

前回からの続き。これは数年前のお話。2ヶ月前に結婚した私たち夫婦。お盆休みに合わせて夫(しゅん)の実家に4泊帰省することとなりました。義両親はとても優しく私を迎え入れてくれました。そしていよいよ夕飯づくりの時間がやってきました。
04_01_02
お義母さんにお手伝いを申し出ましたが……?
はじめての義実家帰省!お手伝いは何をすればいいの?4-1

はじめての義実家帰省!お手伝いは何をすればいいの?4-2
結局帰省している間の食事作りも後片付けもすべて断られてしまいました。私はお酒も弱いし、お義父さんの晩酌にお付き合いすることもできません。1度断られるとなかなか申し出にくいもので、でも言わないといけないと思い、なるべく毎回伝えたのですが……すべて笑顔で「ゆっくりしていて」と……。
笑っているのは表面上だけで、内心お義母さんとお義父さんが私に呆れていたらどうしようかと、もう気が気じゃありませんでした。でもお義母さんは最後にこういってくれました。

はじめての義実家帰省!お手伝いは何をすればいいの?4-3
もしかしたらこれから私の気の利かなさにイライラさせてしまうかもしれない、お義母さんも今回はとても私に気を使ってくれていたのかもしれない。けれど何度か会えば自然にお手伝いができるようになるかもしれないし、お義母さんの望むこともわかるようになるかもしれないな。そう思って行きとは逆に、なんだか温かい気持ちで義実家をあとにしたのでした。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・林檎りん 編集・荻野実紀子

【つぎ】の記事:<同居トラブル>旦那が無職に!突然「仕事を辞めてきた」見かねた義実家からの提案とは【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<帰省中に見た鬼ヨメ!>実家でくつろぐ息子に言いたい放題の嫁「ゆっくりさせて?」【第1話まんが】
息子が「結婚する」と言って、相手のお嬢さんを連れてきた日のことは、今でも鮮明に覚えています。 そりゃ息子の気が利かないのは分かっています。けれどたまの帰省なのにリラックスできない...
<はじめて!義実家に帰省>新婚!初回で4泊!義実家でお手伝いは何をすればいいの?【第1話まんが】
これは数年前のお話です。私(つむぎ)は26歳。夫(しゅん)は2歳年上の28歳です。私たちは2年間の同棲を経て、2ヶ月前に結婚しました。 義両親は優しい人たちです。だけど私は昔から家族に「気が...
<義母に感じた老いの予兆>「おかしい……」義母が帰省をイヤそうにする、ワケは?【前編まんが】
これは数年前の出来事です。先日、2年ぶりに家族(夫、私、幼稚園息子)で義実家に帰省をしました。私と義母の仲は良く、数年後には敷地内同居を予定しています。 「あれ? 今日は用意していなかったんだ。...