いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<迷惑な義実家>お寿司を勝手に注文「払っといて」さらに新築のお披露目を強要してくる【前編まんが】

3年前の話です。

お披露目1-1新居は義実家とは車で1時間ほどの距離。私は義実家が苦手で、普段は頻繁に連絡をとらないようにしています。ちなみに前回のマンション購入のときも今回も、義実家に金銭的な援助はお願いしていません。なぜ義実家が苦手かというと……。

お披露目1-2

お披露目1-3

義両親は何かと図々しく、何かとうちの事情が気になるらしい義妹は、子どもの習い事や私の仕事について旦那や義両親を通じて聞いてきます。きっと今回訪ねてくるとしたら、旦那と子どもも一緒でしょう。考えただけで面倒です。

適当に返事をして、その日は電話を切りました。このまま義実家の訪問をかわしたいところですが……そうもいかないのでしょうね。

中編へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・はなめがね 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

はなめがねの記事一覧ページ

関連記事

<迷惑な義実家>新築のお披露目を強要!毎日「いつ呼んでくれる?」勝手すぎない……?【中編まんが】
前回からの続き。3年前の話です。新築戸建てを購入したのですが、義家族が新築のお披露目を催促してきました。以前マンションを購入したとき、突然訪問してきた義家族の図々しい態度がイヤだった私。今回は何とか訪...
<怖い義母……>家業を継ぐ旦那と結婚「しっかり頼みますよ」私の手を握ってきた義母【第1話まんが】
今から5年前のお話です。4歳年上のタツヤとは友人の紹介で知り合いました。優しく思いやりのあるタツヤと、互いに結婚を意識するのに時間はかかりませんでした。タツヤはいずれは会社を辞めて家業を継ぐつもりでい...
<義母の嫉妬>「つわりは病気じゃないんだから」息子を愛するあまり発動した私への攻撃【前編】まんが
このお話は数年前の出来事です。 はじめての妊娠、そしてつわり。夫はそんな私を気遣って率先して家事をしてくれます。義父母が遊びに来た日もそうでした。しかしそんな夫の様子を知った義母は……。 ...