いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<怖い義母……>お見合い相手蒼白「母の話は嘘」録音で暴かれた真実【第13話まんが:旦那の気持ち】

前回からの続き。今から5年前のお話です。母さんが勝手に俺の見合い話をすすめている。俺には妻と2人の娘がいるのに「跡取りを産めない嫁はいらない」らしい。決着をつけるため俺は「見合い相手の女性に会う」という決断をした。妻・アズサと娘たちのために、しっかりと解決しなくては……。その前に俺はまず、父さんのところに向かった。
義母が旦那にお見合い話13−1修正

「妻と離婚する気はない」何度も言ってきたが、そのたびに母さんには適当に流されてきた。しかし今日は切り札がある。俺はスマホを取り出し、録音機能の再生マークを押した。スマホからは母さんとの会話のやりとりが流れてくる。
義母が旦那にお見合い話13−2

義母が旦那にお見合い話13−3
先日母さんともう一度話し合いをしたのは、実はこの録音を取りたかったからだ。お見合い相手の方は、どうしても母さんの嘘を真に受けてしまう。母さんには悪いけれど、今回のお見合い話に隠された母さんの「真意」をしっかりと分かってもらいたかった。お見合い相手の女性は真相を知って青ざめている。これでようやく今回の件が解決される……出口はすぐそこに見えていると信じたい。

【第14話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<怖い義母……>もう会わない「お世話になりました」母への絶縁宣言【第14話まんが:旦那の気持ち】
前回からの続き。今から5年前のお話です。母さんが勝手に俺の見合い話をすすめている。俺には妻と2人の娘がいるのに「跡取りを産めない嫁はいらない」らしい。決着をつけるため俺は母さんの言葉をこっそり「録音す...
<怖い義母……>家業を継ぐ旦那と結婚「しっかり頼みますよ」私の手を握ってきた義母【第1話まんが】
今から5年前のお話です。4歳年上のタツヤとは友人の紹介で知り合いました。優しく思いやりのあるタツヤと、互いに結婚を意識するのに時間はかかりませんでした。タツヤはいずれは会社を辞めて家業を継ぐつもりでい...
<クセ強め!義母>「娘はまだ生後3か月ですよ!」旅行を勝手に決める義母……困った【第1話まんが】
私は首都圏に旦那と1歳6ヶ月の娘と3人暮らし。義実家、実家ともに1時間半ほどの場所にあります。 娘を産んで以来、義母が初孫フィーバー中。義母は50代とまだまだ若く、それでいていつも元気。子どもを...