いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<休職中の旦那>フォローに疲れ、思わず家出!私も「頑張っている」と言われたかった【中編まんが】

前回からの続き。先月から旦那が休職し、私が家事育児をしながらの時短勤務でなんとか収入を得ています。限界を感じた私は家事の分担を提案しましたが、旦那は駄々をこねる子どものように「嫌だ」と言うばかり。疲れ切った私は「私はあなたの母親じゃない」と旦那に告げて家を出ました。
過労旦那 私サイド2−1
家出と言っても2人の子どもたちも心配です。そろそろ夕飯どきでお腹が空く頃でしょう。私は自宅の裏からこっそり家の様子を伺っていました。昔からの友人に電話すると「ほどほどにしなよ」と笑われ、そのカラッとした言い回しに少しだけ心が軽くなります。

過労旦那 私サイド2−2

過労旦那 私サイド2−3
意外にも子どものためにおにぎりを作りはじめた旦那。こっそりのぞき見ているうちに、私もだんだん気持ちが落ち着いてきました。
私だって誰かに「頑張ってる」って認めてもらいたかったのです。旦那だってきっと同じ。私がかける慰めやいたわりの言葉はかえって旦那を焦らせることになっていたのかもしれません。「もう一度、落ち着いて話し合ってみよう」私はそう決めたのでした。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<休職中の旦那>自分に焦り……夫婦お互いの気持ちに気づき、前を向く話【後編まんが:旦那の気持ち】
前回からの続き。わが家は共働き夫婦で小学生の子どもが2人います。しかし自分は過労で倒れてしまい先月から休職中です。妻は「今はゆっくり休んで」と言いますが、俺は思うように仕事ができない自分に焦るばかり。...
<休職中の旦那>家事育児仕事すべて私!「私はあなたの母親じゃない」思わず家出した話【前編まんが】
私たちは共働き夫婦で小学生の子どもが2人います。しかし先月から旦那が体調を崩して休職中。仕事を生きがいにしてきた旦那は「こんなはずじゃなかったのに」と焦っています。私は必死に励ましフォローし続けてきた...
<介護問題>認知症の義母。在宅介護の限界に、理解のない旦那……「話より飯まだ?」【第1話まんが】
結婚後、私たち夫婦は旦那の両親と同居を始めました。平和で穏やかな同居生活。そんな暮らしが一変しはじめたのは、義母が認知症を発症してからです。 義母に懐いていた娘も「おばあちゃん怖い……」...