いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ステップファミリー>「子どもファースト」目指す!気持ちに寄り添う【第4話まんが:パパの気持ち】

前回からの続き。俺は一昨年、妻(ナナエ)と再婚しました。俺には息子カズマ(小5)、ナナエには娘のカナ(小3)という子どもがいるステップファミリーです。息子のサッカーの習い事は毎週末、俺もコーチ業として参加しています。妻が送迎をしてくれ、俺としてはとてもうまくいっていると思っていたのですが……妻から「毎週末留守番しているカナの寂しい気持ち」を聞いて、自分が勝手にうまくいっていると思い込んでいたんだと気づいたのです。
旦那編4話01【子どもの本当の気持ちを知ったとき……再婚家庭のわが家。両親、子供たちとぶつかってはじめて家族というスタートラインにたてた】

旦那編4話02【子どもの本当の気持ちを知ったとき……再婚家庭のわが家。両親、子供たちとぶつかってはじめて家族というスタートラインにたてた】
子ども時代も離婚してからも実母にサポートをしてもらっていたけれど、自立しないといけない………。俺は娘のカナが少しでも楽しかったと思える休日にするため行動することを決めました。と言っても行動を妻とカナに合わせるといったことだけなんですが……、そのシンプルなことが俺にはできていなかったと再認識したのです。

旦那編4話03【子どもの本当の気持ちを知ったとき……再婚家庭のわが家。両親、子供たちとぶつかってはじめて家族というスタートラインにたてた】
妻の重荷になっていた息子のサポート。これは俺がコーチ業を後輩に頼むことで送迎は俺がすることに変えました。息子も思春期に入りはじめています。スポーツをして発散している部分もおおいにあると思うのでこの環境は守ってあげなくてはと思うことに変わりはありません。

でも娘の気持ちも大切。そこは夫婦で助け合いながら「子どもファースト」を心がける結果になって本当に良かったと思っています。

のんきな俺は全部うまくいっているもんだとばかり思っていました。しかし、実際は俺がのほほんと楽しくやっている陰ではつらい思いをしている妻と娘がいました。このことを俺に打ち明けてくれた妻には本当に感謝したいです。これからもう一人増えるわが家。ますますいろんなことに気にかけながら双方の子どもたちが寂しい思いだけはしないように、どちらかだけ有利な気持ちになることはないように気を配りながらたのしくやっていけたらなと思います。
まだまだスタートラインに立ったばかり。俺たち家族の挑戦はこれからです。

【第5話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・たろむらこわか 作画・まゆか! 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

まゆか!の記事一覧ページ

関連記事

<ステップファミリー>「本当は助けたい」……でも息子のため今は我慢【第5話まんが:義母の気持ち】
前回からの続き。私は67歳の主婦です。息子のユウマはシングルファーザーとして子ども(カズマ)を育てていました。離婚したときは本当に心配しましたが縁あって同じく子どもがいる今の奥さんと出会い一昨年、再婚...
<ステップファミリー>息子の習い事サポートの日々!娘は我慢ばかり……【第1話まんが:私の気持ち】
私は現在妊娠中の主婦ナナエ(36歳)。一昨年、再婚しました。私には小3の娘カナがいて、再婚相手(38歳)のユウマには小5の息子カズマがいます。そう、私たちは子連れ同士で再婚したステップファミリーなので...
<大好きなママは育児放棄>バツイチ男性と結婚。元妻「娘を育てれない」【第1話まんが:私の気持ち】
私には結婚を前提に真剣にお付き合いしている男性がいます。 私は2年前に結婚しました。お相手のコウヘイさんはバツイチで、娘さんがいるそうです。元妻との離婚原因は、性格の不一致と聞いていますが、彼は...