いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<シングルマザーの葛藤>「私だけの宝物」に気づく。愛おしい子どもたちの成長【第4話まんが】

前回からの続き。近年の出来事です。私はフルタイムで働くシングルマザーです。小学校1年生(女の子)の上の子と、保育園の年少(男の子)の下の子と暮らしています。2人の子どもを保育園と学校に送り出し、それから仕事。子どもたちが寝た後は、毎晩資格の勉強に励んでいます。自分のために使えるわずかな時間すらも、子どもたちの将来のことを考えて、そのために「いま、自分にできること」に使います。そんなとき、目に入ってきてしまった元旦那のSNS。今の自分の現状と元旦那の生活を比べて、負の感情でいっぱいになってしまう、こんな自分が嫌でたまりませんでした。リビングのテーブルにうつ伏せになって泣いていると、熱が少し下がった様子の息子が起きてきました。
4-1

息子は保育園で作った折り紙のお花をくれました。
4-2
娘も息子も、産まれたばかりの赤ちゃんの頃から、たくさん成長してくれました。
できなかったことが「できた」ようになったときの嬉しそうな顔。私へのプレゼントを渡すときの照れたような顔。大好きなカレーライスを、嬉しそうに頬張る顔。この子たちの「今」しか見られない一瞬を、元旦那は見ることを放棄したんだ……。これほどに愛おしい子どもたちの、一生に一度しかない宝物のような「今」を、私は見ることができるんだ。

4-3
毎日が必死過ぎて、気が張りつめていた私。ひとつの悔しい気持を発端に、ずるずる芋づる式にいろいろな気持ちが溢れ出てしまい、どうしようもなく自分が惨めに感じてしまいました。誰にも労われない日々に報われない気持ちになることもあるでしょう。でもそんなときはこの子たちを抱きしめて、この今しか触れられない肌の感触を思い出したいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子
【つぎ】の記事:<育児を丸投げママ>義姉が家にくる週末がツラい「いい母親になれるよ」モヤモヤする【第1話まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<育児を丸投げママ>義姉が家にくる週末がツラい「いい母親になれるよ」に嫌悪感【第1話まんが】
5年くらい前の話です。私は大久保サナエ、24歳です。夫とは2年前に結婚をし、義実家で同居をしています。日中は仕事をして、夕方に帰宅。義母と一緒に料理をしたり、夫や義両親と食事をとったり……、義両親との...
<シングルマザーの葛藤>元旦那が憎い!なんで私ばかり頑張らないといけないの【第1話まんが】
近年の出来事です。私はフルタイムで働くシングルマザーです。小学校1年生(女の子)の上の子と、保育園の年少(男の子)の下の子の3人で小さなアパートで暮らしています。 「ツラい」「大変」「疲れた」 ...
<女性と密な連絡>夫のLINE相手は担当美容師「出産まだ?」「母乳育児いいよ」【第1話まんが】
数年前の話です。夫のことである悩みがあります。 美容院を予約する際に便利だからとLINEを交換したのが始まりのようですが……それからちょくちょくサトウさんと連絡を取り合うようになっているのです。 ...