いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<突然の誘いに困惑>休日は家族でキャンプに行きたいパパ、子どもたちが迷惑している理由とは?

アウトドアが好きな旦那は、子どもたちが幼い頃からよく川遊びやBBQなどに連れていってくれました。キャンプ用品を買い足しながら毎週のように泊まりがけで楽しんでいたあの頃。しかし子どもたちが小学校高学年になった今は……。
アウトドア派の旦那とインドア派の子ども達1
小6の娘と小4の息子はどちらかと言えばインドア派。学校のない週末は家でのんびりゆっくり過ごしたいタイプです。しかも高学年にもなると宿題だけではなく自主学習にも取り組まなくてはいけません。「キャンプに行こう」なんて言われたら予定が狂ってしまうのです。

アウトドア派の旦那とインドア派の子ども達2
そんなやりとりを見かねて、私は子ども達が寝たあと旦那と話し合うことにしました。
私「ねぇパパ、家族でキャンプに行きたいのはわかるけどさ。前の日に言うのはちょっと急すぎない?」
旦那「なんだよ、こっちは休日を家族みんなで楽しめるように考えているんだぞ」
そう、旦那のなかでは子どもたちはいつまでも、喜んでキャンプについてきていた小さい頃のままなのです。なんとか成長したことに気付いてもらわなくては……。
私「学校の勉強だって生活パターンだって、少しずつ変わってきているんだよ? 例えばこれを見て。4年生息子の学習ドリルだよ」
旦那「……面積? グラフ!? もうこんなに複雑な宿題が出るのか」
アウトドア派の旦那とインドア派の子ども達3
旦那はようやく、前日にキャンプに誘われることが子どもたちにとっていかに大変なことなのかを理解したようです。

旦那「でも明日は流星群が見られる日だから、どうしても見せてやりたかったんだ……」
私「じゃあ、今度からは前もって誘ってみたら? 子どもたちもそういうパパの気持ちは嬉しいんじゃないかな」
アウトドア派の旦那とインドア派の子ども達4
それからは旦那も子どもたちに歩み寄り、予定を事前に聞いた上で計画を立てるようになりました。突然の誘いには気乗りしなかった子どもたちも、それならばOKと応じているようです。子どもの成長に合わせて親も意識を変えていく必要があるのだなと思う出来事でした。

文、作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

【つぎ】の記事:<配慮不足のママ>「失礼ですよ!」家の事情を詮索してくる人にガツンと言い返した話【前編まんが】

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

関連記事

<配慮不足のママ>「失礼ですよ!」家の事情を根掘り葉掘り聞いてくる人を一刀両断【前編まんが】
これは1年前のエピソード。うちには幼稚園に通う娘がいます。マンション前に停まる幼稚園のバスまで毎日送り迎えをしていました。娘と仲良しのユメちゃんも同じバス停を使っています。 引っ越しのため、同じ...
<血の繋がらない息子>バツイチ彼。前妻との子がネグレクトで施設へ……「協力する」【第1話】まんが
バツイチの彼がいます。3人の子どもは前妻が引き取っていました。しかし付き合って1年が経った頃……。 彼の元に、前妻と子どもたちの様子を見かねた知り合いからの連絡がありました。なんと前妻のネグレク...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話まんが】
これは5年くらい前のお話です。当時、私は2人の子を育てる29歳の専業主婦でした。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした...