いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<偏見と差別>「あなたのお母さん看護師でしょ?」感染症への過剰な反応【前編:娘の事情】まんが

私の母は看護師として働いています。小さなころから人を助ける母が私の誇りで、学校の発表会では母がいかにすごい仕事をしているのか、文章にして発表をした記憶もあります。そんな母は今……。
<偏見と差別>

<偏見と差別>

<偏見と差別>
友人が言葉を濁すのは……母が看護師である私が、新型コロナウイルスに感染する確率が高いと思っているから。母の職業で褒められることはあれど、こんな差別をうけたのははじめてで愕然としました。ニュースの中だけの話ではなかったのです。感染対策はしっかりしているつもりです。それなのに母が看護師をしているというだけで、ここまで避けられなくてはいけないのでしょうか。

ここで、はたと気づきました。きっと母だって感染への恐怖があるはずです。それなのに人のために頑張っている。娘の私ですらこんなことになっているのに、母はどれほど生きづらい思いをしているでしょうか。

中編へ続く。

※この漫画は友人の話を元に作成しています。

原案・編集部 脚本・物江窓香 作画・よしはな 編集・一ノ瀬奈津

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

<偏見と差別>「あなたのお母さん看護師でしょ?」感染症への過剰な反応【中編:母の事情】まんが
前回の続き。 けれども世間に避けられて逆に良かったのかもしれません。だって、すべての人がそうとは言いませんが、一般の人たちの感染のリスク回避への意識が、あまりにも低く見えてしまうことがあるのです...
<母娘の共依存?>30代独身・実家暮らし「恥ずかしい!」娘は親のスネかじりなの?【前編】まんが
私は50代のパート主婦。もうすぐ定年の夫と、34歳会社員の長女と、都心から電車で50分ほどの一軒家で暮らしています。娘に彼氏はいませんが、平日は仕事、週末は趣味と充実した日々を過ごしているようです。 ...
<連れ子の子育て>【前編】歯磨きしない、使用済みナプキンは放置!旦那の連れ子が彼氏に振られて……
交際期間2年を経て、私は子どもがいる男性と結婚しました。 結婚した当初、旦那の連れ子は中2の女の子。旦那は結婚をする10年前に前妻と死別していました。 一緒に暮らす前はまったく気にならなかった...