いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<暴力におびえる生活>「もうあの家には戻らない」当たり散らすモラハラ旦那との決別【後編】まんが

前回からの続き。旦那と口論になり突き飛ばされた私。めまいを起こし、しばらくは立ち上がることすらできませんでした。
<暴力におびえる生活>

<暴力におびえる生活>
私は、もう旦那とは一言も会話をしたくありません。顔を合わせるなんてもってのほかでした。弁護士さんに間に入ってもらうことで旦那と顔を合わせることなく無事離婚にこぎつけることができました。費用はかかったけれど、弁護士さんがモラハラに値すると指摘してくれたおかげで慰謝料も想像より多くもらうことができるようです。

<暴力におびえる生活>
旦那からは「考え直してほしい」「生まれ変わる」など弁護士さんを経由して言われ、少しだけ心が揺らぎました。しかし倒れている私を置いていった旦那。きっとまた繰り返すに違いない……。

旦那におびえることがなくなると思うと、離婚で子どもにかけてしまう負担よりも、メリットの方がはるかに大きいと感じています。それでも子どもたちの負担は私が想像しているより大きいかもしれません。子どもたちのケアもしっかり心がけつつ、これからみんなで楽しく過ごしていきたいです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・よしはな 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

<暴力におびえる生活>「離婚だ!」機嫌悪いと当たり散らすモラハラ旦那。子どもにまで【前編】まんが
私と旦那は恋愛結婚です。しかし、いつの頃からか旦那の言動に動悸がするようになりました。どうしてこんなことになったのだろう。旦那は気に入らないことがあると怒鳴り散らします。いわゆるモラハラではないかと思...
<産後クライシス・家庭内別居>「俺ら、もう無理じゃない?」モラハラ発言が増えた旦那【前編】まんが
産後、旦那がモラハラ気味の発言をするようになりました。もともと夫婦でお酒が好きで家でよく晩酌をしていたのですが、産後は旦那が帰宅する時間に私は息子と寝てしまっている日がほとんどです。私と飲めないからか...
【モラハラ夫を捨てる日まで】 に関する記事一覧