いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

クリスマスに手作りツリーはいかが?冬ならではのおうち時間の楽しみ方

寒い日が続くと外遊びやお出かけをせず、暖かい家のなかで過ごしたいなと思いませんか? 感染病の影響も気がかりな2020年の年末年始は、イベントや人混みに出かけるのをためらったり、帰省や旅行を控えたりするママもいるかもしれませんね。「自粛期間のように冬もおうち時間が増えそう」と考えるママのなかには、どうやって子どもと楽しく過ごすか悩む人もいるのではないでしょうか。ママスタコミュニティでは「年末年始をどうする?」とさまざまな意見が飛び交っています。

『義実家から「冬はおいでねー」って。お盆の帰省は見送ったからね。でも遠方だし「やっぱり行けないよー」って話しているよ』

『部屋食、部屋風呂の県内の温泉旅館に家族で行く。車で1時間。ほかに寄らない。帰省は県外だし行かない』

『家でほぼゲームをする予定。年始には実家・義実家ともに近いから車で挨拶だけ行ってくる。泊まる予定はない』

『美味しい食べ物を確保して、家に引きこもる』

『県外だけど義実家に帰省するかも。旦那は「夏に帰れなかったから」と帰る気満々。私の本音は家でゆっくりしたい』

『近所の100円ショップに行って、折り紙、塗り絵、色鉛筆なんかを買い込んで引きこもるつもり。サンタが新しいオモチャを持ってきてくれる予定だから、しばらくは遊べるかな』

130_子ども_わたなべこ

『午前中はパート。午後は子どもたちと遊ぶ。凧揚げ、LaQ、プラモデルをごっそり買い込んだ』

帰省するかどうか悩むママ、引きこもる準備をすすめているママ、遠出せずに家族だけでプチ旅行をするママ。住んでいる地域や家族の事情はさまざまですが、おうち時間がいつもより長くなる家庭は増えそうですね。もともと冬にはクリスマスや年越し、正月などがあり、家族で過ごす機会は多いもの。今年はなかなか大勢で集まることは難しそうですが、家族だけでクリスマスパーティーをしたり、大掃除を子どもと一緒に行ったり冬ならではのおうち時間も楽しめるといいですね。

家族みんなで完成させる手作りの「壁ツリー」

筆者の友人にも、冬のおうち時間をいつも楽しんでいるママさんがいます。クリスマスが近づくと家族で素敵なクリスマスツリーを作っているのです。手作りのクリスマスツリー? 今回はそのツリーの作り方を紹介したいと思います。

ステップ1:壁に広めのスペースを確保

壁に広めのスペースがあるところを選び、紙テープやリボンなどを貼りつけながらツリーの輪郭を作ります。賃貸のお宅の場合には、壁にテープの跡が残らないかなど確認したうえでやってみてくださいね。

ステップ2:ペタペタ、どんどん貼り付けて

お子さんと一緒に飾りを作り、壁ツリーの好きなところにどんどん貼りつけていきます。モールだけでなく、サンタやトナカイやローソクの絵を描いた紙を貼ったり、折り紙でステッキやベルや星を折ったり。工作やお絵描きが好きなお子さんなら夢中になって作ってくれるのではないでしょうか。
クリスマスに手作りツリーはいかが?冬ならではのおうち時間の楽しみ方

少しずつ完成していく様子も楽しんで

お子さんが作った飾りは、壁ツリーの上のほうならパパが抱っこや肩車をして、子どもが自分で貼れるようにしてあげるのも楽しいですよね。壁ツリーは1日で完成させるのもいいですが「今日は何を作ろうか?」と話しながら、何日かかけて飾りを少しずつ増やしていくのも楽しいですよ。

新しい年を迎える準備に「手作りカレンダー」はいかが?

また筆者の家では、毎年冬になるとカレンダーを子どもたちが作ります。キッカケは数年前、子どもが体調をくずし微熱続きで3週間ほど外遊びできず、家のなかで静かに過ごしたときのことでした。子どもたちがお絵描きをして遊び、できた絵を飾りたがりました。

ステップ1:12枚の絵を準備する

「ねえ、カレンダーにしちゃおう!」と提案すると、子どもたちはノリノリで12枚の絵を描いてくれました。筆者が準備したのは画用紙12枚。そこに日付けと曜日のみのカレンダー部分を無料サイトからダウンロードして貼りつけました。子どもが何を描こうか迷っているときには、季節のイラストや絵本など参考にできそうな本や写真やサイトを見せたりもしましたが、だいたいは自分たちで自由に描いていました。

ステップ2:子どもたちがデジタル機器を使えるようになったら

あれから数年経ち中学生になった長男と小学校高学年の次男は、それぞれのパソコンとiPadを駆使して、写真やイラストを加工して今年もカレンダーを作ってくれています。手作りカレンダーのよいところは、作っているときも楽しいのですが、飾っている1年間も楽しめることではないでしょうか。

家族で過ごす冬のおうち時間

2020年を振り返ってみると家で過ごす「おうち時間」が激増したママも少なくないと思います。筆者は子どもと一緒に過ごす時間が増えたことで、子どもの遊びや学習について悩むことも増えました。まだ外出を控えたい日々が続くかもしれませんが、わが子が「家族でおうち時間を過ごせて楽しかった」と感じてくれたら嬉しいですよね。みなさんの家庭では、冬はどんなおうち時間を過ごす予定ですか?

文・間宮 陽子 編集・一ノ瀬奈津 イラスト・わたなべこ

関連記事

クリスマス に関する記事一覧
外出自粛生活でママたちがやめたコト……「アレ」をやめたらいいことがあった!?
新型コロナウイルスの感染拡大防止のための外出自粛生活……おうちで体を動かしたり趣味を持ったり、新しい自分を発見した人も多いのではないでしょうか。「何かに挑戦した!」という人がいる一方で、ママスタコ...
ステイホームで出費は増えた?減った?平時の収支と比べて、家計を見直してみては?
新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が解除された地域もありますが、以前と同じような日常生活に戻るには程遠いと感じているママもいるかもしれません。さまざまな自粛が続く中、ママスタコミュニティには...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
みんな年末年始の予定は?