いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「車、どこに止めたっけ!?」車の置き場所を忘れないためのアイデア5選

pixta_44442900_M

普段から子どもの送迎や買い物などで、車を運転しているママもいると思います。でも、止めたはずの車の場所を忘れてしまった……なんてことがあるママもいるのでは? ママスタにもこんな投稿がありました。

『今日やらかしちゃいました。
どこのパーキングに止めたか分からなくなって30分ぐらい探し歩きました。
もう私ヤバいな』

車をどこのパーキングに止めたのかわからなくなってしまった投稿者さん。必死に探し、結果的には見つかったそうでよかったですよね。でも急いでいるときや、小さな子ども連れのときだったら、車を延々と探すことも難しいもの。同じような経験をしているママたちは、どんな対策を取っているのでしょうか?

駐車場で止めたはずの車を見失うママたち

買い物でアレとコレを買って、その後あの場所にも寄って……とママたちの頭はいつもこれからの予定でいっぱい。車を止めたら駐車場所を確認する余裕もなく、目的地に向かってしまうママも多いようです。

『イオンでよくなる。キーを押しながら歩き回って探してる。焦るよね』

『ある。友達と二人してわからなくなったことある』

『毎日のように行くスーパーは高確率でなる』

『立体駐車場の何階に止めたのか忘れるときがあるわ』

『1回全くわからなくなって探し回った! 2階と3階の間に停めてて、2階とか3階を探し回ってた』

『習い事の帰りに用を済ませたあと、車で買い物に寄ったのを忘れて、歩いて帰ったことなら何度もある。いよいよ、やばいなと思ってるよ』

『私は30分ぐらい探したことがある。
あっ! と我に帰り、自転車で来てたことを思い出した』

『あるある。
止めたのさえ忘れて置いて歩いて帰って、自宅に車がなくて焦って警察呼ぼうとしたことまであるし』

車を止めた場所を忘れるだけに留まらず、そもそも車で来たことを忘れてしまうこともあるようで……。ママたち、ちょっとお疲れ気味かもしれませんね。

「車をどこに止めたっけ……」そんなことを避けるためのママたちのアイデアは

どこに止めたのか分からなくなる前に、ママたちの駐車する際の工夫を教えてもらいました。

止めた周辺の目立つものを覚えておく

『広い所なら区画の番号と、店の入り口のテナントを覚えておく』

『駐車場から乗ったエレベーターやエスカレーターの色を覚えておく』

『わからなくなるから駐車場の番号を覚えておく』

大きなショッピングモールなどにある立体駐車場では、駐車場の区画の番号が表示されていることでしょう。番号を覚えておくのはもちろんのこと、駐車場から店内に入るために乗ったエレベーターやエスカレーターの色、入口のお店などについても覚えておくといいそうですよ。

車を止めたらスマホで写真を撮る

『私はスマホで写真を撮ります。
前にわからなくなって旦那と20分歩きました』

『私もあまり行かない場所の駐車場ではスマホで写真を撮るようにした』

『とりあえず、止めた場所の目印の写真を撮ったりしてるよ』

『焦るし、自分のアホさ加減に泣けてくるよね。一度迷子になってからは、柱のアルファベットとかを撮っておくようにしてる』

『初見の駐車場や大型駐車場に止めたときは、壁や柱に書かれているアルファベットや数字を写真に撮っている』

なかなか止めた場所を覚えられないときは、駐車場の回りにある目印をスマホで撮り、画像を残しておくママもいるようです。くれぐれも写真を撮ることを忘れないようにしたいものですね。

車を止めた場所をメモする

『忘れやすいから、車を止めたらスマホに大体の位置を即メモする』

車を止めた場所をメモするママもいました。目印についてテキストでメモする手もありますが、Google マップなどの地図アプリでは、駐車場所を記録しておくこともできます。Google マップでは地図を開いた状態で、自分の位置が地図上に表示されたら、その地点をタップ。メニューが表示されたら「駐車場所として設定」をタップ。地図上に「この付近に駐車しました」と表示が出ますので、コレを使わない手はありませんね。立体駐車場の何階のどこのゾーンかを把握することは難しいかもしれませんが、地上にあるコインパーキングなどではどこに止めたか分かりやすいため、到着したら地図上で登録しておくと良さそうです。

車は決まった場所に止める

『一人で行くときはいつもの場所付近にしか止めないようにしてる』

覚えておく、写真に撮るなどして忘れないようにしたいところですが、そもそも写真を撮り忘れてしまう……。そんなママは、よく行く場所ならいつも決まった場所に止めておけるといいかもしれませんね。

子どもが頼り!一緒に乗っているときは子どもに聞く

『子どもと一緒なら、子どもがしっかり覚えてくれるから安心だけど、一人なら写真を撮る』

『ららぽーとで探し回ったときは子どもも小さいときできつかった。
最近は子どもが「こっち」って教えてくれる』

『あるある。途方にくれるよね。
私はすぐ忘れるから、子ども達に覚えてもらってる』

子どもがある程度大きくなれば頼りになるのですね。駐車後、ママが無意識に車を降りることも考えられるため、一緒に来た子どもに前もって「止めた場所を覚えておいてほしい」と伝えておくのがいいかもしれません。
車は便利で日常生活に不可欠なママもいると思いますが、止めた場所を忘れて焦った経験のあるママも多いことが分かり、筆者だけではないと安心しました(笑)。車をよく使うママも、久しぶりに使うママも、スマホや子どもたちなど頼れるものには頼って、駐車場所は忘れないようにしたいものですね。

文・山内ウェンディ 編集・井伊テレ子

関連記事

2時間以上も道路や駐車スペースで井戸端会議をするママたち。迷惑だし危険がいっぱい!やめさせる方法は?
子どもが学校に行くとき、安全面を考えて集合場所まで送っていくことがありますよね。そこでママ友と会って挨拶をするのはもちろんですが、その後話し込んでしまうこともあるでしょう。よく言われる「井戸端会議...
親の運転が心配。車の免許返納は、何歳になったら考えてもらいますか?
高齢ドライバーによる痛ましい事故や高速道路の逆走といったニュースを見たときに、自分の親や祖父母は「大丈夫かな」と気になったことはありませんか? ことに事故を起こしたドライバーの年齢が親と近かったりす...
学校の行事の度に庭を駐車場がわりにするママ友。本当は貸したくないママができる角が立たない断り方とは
幼稚園や保育園、小学校などでは、運動会やお祭りなどイベントが開催されることもあるでしょう。そのときママたちが悩むことのひとつに駐車場をどうするか、があるのではないでしょうか。園や学校には駐車スペースが...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
自分の車を何処に停めたか分からなくなる人いる?