いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもの将来に不安を感じる小6の子どもを持つママ!偏差値が20も低い学校に進学したいと子どもが言ったら、みんなはどうする?

子どもの高校選びについて、あるママから投稿がありました。

『子どもが偏差値が約20も低い高校選びだしたらどうする? 止めたくならない!? 旦那の友人から「旦那は偏差値70の高校は遠いから50の高校を選んだ」と聞かされ、義母に聞いたら「そうなの」とだけ。旦那も「徒歩範囲がその高校だからバイトしたくて」と。偏差値が70の高校へ行っていたら人生変わったよね。もちろん私と付き合わなかったかもしれないけれどさ。子どもがまだ小6なんだけれど、同じことを言い出している。徒歩で行ける高校がいいと。親としては偏差値通り行ってほしいよね?』

R20415
投稿者さんのお子さんは現在小学校6年生です。進学する高校を選ぶとき偏差値が20も低い学校を選んだら……、と投稿者さんは悩んでいるようです。子どもの進学先と偏差値の関係についてママスタBBSの他のママたちは、どう言う考えを持っているのでしょうか。

「偏差値が20低い学校を選ぶのはやめさせる」投稿者さんに賛同するママ

『うちの子は偏差値60だけれど、40の高校に行くと言ったらさすがに止めるわ。徒歩圏内に高校なし、都内だから自転車や電車なら何十校も選べる』

『教科書とか習う内容が全然違うよ』

自分の子どもの偏差値よりも20低い高校に行きたいと子どもが言い出したら、さすがに止めるという意見が出ています。学校での授業の内容やスピードなどに違いがあるでしょうし、高校から上の進学先にも差が出る可能性は否定できません。子どもの将来のために偏差値が高い学校を選んでほしい、と考えるのは親として間違ってはいないでしょう。

偏差値が低くて近くの学校を選ぶ理由

通学に時間がかからない

『私もそうだ。偏差値通りの学校だと電車通学1時間(乗り換えあり)。だから偏差値を20下げて、自宅から1番近い高校にした』

『住んでいる場所ではあり得る話。前に旦那の転勤で引っ越したところは、その学区で1番偏差値の高い高校に通うとなると、電車とバスを乗り継いで片道1時間半かかった。さすがに3年間通うことを考えると厳しいから近場で探すとなると、偏差値を最低でも12は落とさないといけないみたいな感じだった。もちろん偏差値に沿ったところに進学してもらいたいけれど、通学が困難なところに3年間通わせるのは可哀想だよ』

通学に時間がかかる場合には、偏差値を下げて近くの学校を選ぶことも少なくないようです。例えば週に1回、月に1回程度行くのであれば多少時間がかかってもいいのでしょうけれど、毎日になると体力面でも厳しくなるかもしれません。それならば近くの学校に行って、その分勉強に時間を使った方がいいという考えもありますね。

トップクラスの成績でいられる

『偏差値を下げて、大学は指定校推薦で行った子はいる。下げなかったら一般入試の可能性の方が高いからと。下げてトップの成績を維持する方が気楽だと言っていた』

R20416

『偏差値通りの学校に行ったら、ずっと底辺だったかもしれないよ。ランク下げたらずっとトップでいられるんだし、成績順に行く大学を決められるから、良い大学に行けるかもよ』

偏差値を下げた学校に行くと、在学中はトップクラスの成績でいられるかもしれません。進学を考えたとき、成績が良ければ指定校推薦がもらえるなどのメリットもあるようです。

自分のペースで勉強ができる

『うちも偏差値を20近く下げた。理由はやっぱり近いから。結局最初(中学のときから希望していた)大学に進学したし、あまり気にしていない。指定校推薦枠があり一般より先に進路決定したんだけれど、偏差値高い学校に行った子の親に「ずるい!」と言われたよ。偏差値高い学校だったら家を1時間早く出なければならないし、周りもレベルが高いから常に張り合っていないといけない。でも偏差値を下げたおかげで成績とかあまり気にせず、自分のペースで勉強に取り組めていたから良かったと思ったよ』

子どもの実力よりも偏差値が低い学校を選んだママからも、コメントが寄せられました。偏差値を下げたことで自分のペースで学習ができたようです。これが功を奏して、お子さんは自分が希望していた大学に進学したとのことでした。

本人が希望するならば偏差値が低い学校でもいい

『世の中、さまざまな理由で進学を選んだり諦めたりする人だっているよ。遠距離だからということもあるし、経済的もまたしかり。親としては歯痒いよね。でも本人が納得しているならいいんじゃない? 本人の人生だもの』

もし子どもが自分の偏差値よりも20低い近くの学校を進学先に選んだらどうしますか? という質問に対して、ママたちから経験に基づいたさまざまなアドバイスが寄せられました。

高校や大学などの進学先は、子どもの将来や経済的なことを考えて決めていくことになるでしょう。最終的には子どもがその学校で何を学んで将来にどう活かすのか? で決めることになるのではないでしょうか。偏差値に関係なくその学校でしか学べないことがあるかもしれません。偏差値だけをみて頭ごなしに「やめさない」と言うのではなく、まずは子どもの希望を聞いて、その上で話し合っていくと親と子の両方が納得できる結論を出せるのではないでしょうか。

文・川崎さちえ 編集・しのむ イラスト・なかやまねこ

関連記事

教育・習い事 に関する記事一覧
志望する高校に偏差値が足りない……子どもの意志を尊重して受験させる?ランクを下げさせる?
受験生の子どもを持つと、とにかく「偏差値」が気になるというママもいるのではないでしょうか。偏差値の数値が少し変動しただけで、まるで志望校が近づいたり遠のいたりするような気分になることも……。今...
受験を控える子どもに親ができるのは受験校を他言しないこと!?他にママができることはあるのか
受験生を抱えるママから、ママスタBBSにこんな投稿がありました。 『受験時期。ママたちは受ける学校をあまり明かしたくないのかな?』 投稿者さんによると受験生がいるママたちは子どもがどの学校を受...
参考トピ (by ママスタジアム
子供が偏差値約20も低い高校選びだしたらどうする?