いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

子どもが叱られた内容を忘れるのはなぜ?私が「叱るときは短く」を意識する理由

01

母はどうしてなのだろう? と叱りながらいつも首を傾げていました。繰り返し叱られる私も、申し訳ないとは思うのですが、たしかに過去に叱られていたらしい内容を忘れているのです。自分でも不思議でした。「前にも言ったでしょ!?」と言われ、その度に、まるで初めて言い聞かせられるような感覚で、ビックリしてしまうのです。

叱られたという記憶は残っている。けれど、その内容は覚えていない。当時は自分でも不思議でしたが、だんだん原因がわかってくるようになりました。

02

母は、一度怒り始めると落ち着くのにとても時間のかかる人でした。お説教が延々と続き、「この前も……」「あの時だって……」と。過去の話が持ち出されて話が続いてくるころには、一体何を言われているのかわからなくなり……正座のまま、時が過ぎて、母の話が終わるのを待つだけになっていました。

(※子どもの頃の体感なので時間は正確ではありませんが、数時間に及んでたとは思います)

03

母はきっと、何がいけなかったのかをすべて説明しきったつもりだったのだろうと思います。しかし子どもの頃の私には、母の長い話をすべて聞き取って理解するのはとても難しいことでした。

もちろん子どもであった私の方の、集中して話を聞く力も関係してくるとは思います。けれど、限界はある。

せっかく子どものためと思って一生懸命話してもこれでは徒労……。

現在母となった私は、「叱るときは短く」を心がけています。

文、イラスト・Ponko

関連記事

我が子への嫉妬と羨望と愛情がごちゃまぜになっている、毒親育ちの私
"私"も愛されたかった。 私の中の悲しく暗い影となってしまった"子ども"がいつか満たされる日はくるのでしょうか。 ※この漫画はママスタに寄せられたエピソードを元...
毒親を持つ人で「うちの親はおかしい」と気づいたのは何歳ごろ?実父母への疑惑が決定的になったのは……?
子どもにとって両親は、物事の価値観の基準となる絶対的な存在です。両親の良い行いも悪い行いも、子どもたちは「それが当たり前」として見ています。それゆえにもし親が”悪い行い”ばかりする人だとしても、人生経...
機能不全家族で育ったママ。毒親のことを誰にも相談できないのもつらい……
子どもにとって母親は、素直に甘えることのできる存在ですよね。でもかつて母親に素直に甘えることができなかったママもいるようです。 『周りの友だちも旦那も恵まれていて、家族や兄弟が仲悪いなんて信...