いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

本当に飛び火なんだ!?2歳息子、初めての「とびひ治療記」

息子(2歳)が、初めてとびひにかかりました。

※とびひとは……
『細菌による皮膚の感染症です。ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌と略します)などが原因菌です。接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言うのです。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。(公益社団法人 日本皮膚科学会「Q1“とびひ”とは何ですか?」より引用)』

01

02
※イラストはイメージです。

翌朝、病院へかかった頃には症状は更に悪化し、右膝は傷口がジュクジュクになって、水泡は広範囲へ拡大。元々あった手の肌荒れのところにも感染して、水泡ができていました。

03

先生の診断は「とびひ」でした。

塗り薬と飲み薬を処方され、ガーゼと包帯で保護して「触らせないように」と言われ、手足をぐるぐる巻きにされて帰ってきました。
04
※イラストはイメージです。

とびひは、まさにその名のごとく、水泡が次々に新しいところに飛び火して発生を繰り返していました。薬を塗ってケアしてもまた別のところに小さいやつがひょっこり出てくる……まるでモグラたたきのようでした。

治療を始めたのが早かったのと、息子が包帯を外さず患部を触らないでいてくれたおかげで、幸いにも感染の範囲は右の手足だけで留まり、1週間程度で治りました。それでも、患部の洗浄や衣類の取り扱い、薬やガーゼ交換など……突然の感染症対策に、私はヘトヘトになりました。とびひがもし、さらに広範囲で長期化してたらと思うと、とても恐ろしいです。

飲み薬を終えて、症状も落ち着いた頃の再診で「包帯はもう外して、薬も塗らなくていいよ」と先生に言われた時には、息子以上に私が喜んでいました(笑)。

侮れない、とびひの話でした。

文、イラスト・Ponko

関連記事

手足口病・プール熱・ヘルパンギーナ……。あなどれない子どもたちを襲う「三大夏風邪」とは
毎年6月~8月を中心に子どもがかかりやすい「三大夏風邪」をご存じでしょうか。「手足口病」に「プール熱」「ヘルパンギーナ」これら3つが夏の子どもたちを襲う「三大夏風邪」といわれています。名前は耳...
2人目妊娠時は充分あった風疹抗体が3人目で激減!?つわりよりも恐怖だった先天性風疹症候群のリスク
※風疹の抗体検査のひとつであるHI法では、「8倍未満」で免疫を保有していないとみなされます。 『妊娠初期(20週以前)に風しんにかかると、胎児に感染し、赤ちゃんが難聴・白内障・先天性...
【ダメパパ図鑑】それ本当に風邪?夫の体調不良宣言にイライラした結果
スポーツドリンクを買ってきてほしいというので、娘と買い物に行きました。 私の機嫌を察知したのか、少し症状が和らいだのかはわかりませんが、家事や育児を手伝ってくれました。 ...