いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

妻より“自己管理能力が高い”旦那さんは実在するの?結婚する前の見極め方は?

pixta_18436205_M

みなさんの旦那さんは自己管理能力が高い人ですか? ある投稿者は、自分の旦那さんが鍵を閉め忘れる、忘れ物が多い、起こさないと起きないなど頼りない人で、世の中の男性はみんなこうなの? それとも自己管理能力が高い旦那さんもいるの? と質問をしています。それではママスタBBSに集まったコメントをみていきましょう。

みんなの旦那さんは自己管理能力が高い人?

『旦那は、常に10分前行動。忘れ物や落し物はなし。自分のことは自分でやる。子どもたちの薬、歯磨き、寝る時間はきっちりする。子どもたちのお風呂や食事もしてくれる防犯意識・高杉くん。でも脱いだ靴下はそこらへんだし、書類関係はてんでダメだし。なんか中途半端なやつ』

『私の方が大雑把でうっかりしているから、夫に「鍵もった? 携帯もった?」と確認される。朝は私より早く起きて自分の支度を済ませて、私と子どもが起きたら子どもの朝食食べさせたり着替えさせたり遊び相手をしてくれる。朝食作るのは私だけど。ゴミもいつのまにかまとめていて出して会社に行ってくれる』

『自分のことは自分でできる旦那。掃除も料理もできるし、子煩悩だし。私は子ども産んだだけの妻、いなくなっても問題ない』

自己管理能力は高いけれどちょっと抜けたところがある旦那さんや、妻に「私は必要ないのでは?」と言わせるほど家事も育児もこなせてしまう旦那さんなど、さまざまな男性がいるようです。男性全般が頼りないというわけではないようですね。

結婚前に旦那さんの性格をどうやって見抜いたの?自己管理能力をあげさせる方法とは

旦那さんが自己管理能力が高い人なのか、それとも頼りない人なのかどのタイミングで見極めることができたのでしょうか。また、頼りない人の自己管理能力をあげさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

同棲をして見極めた

『結婚する前に同棲は必須という考えでした。長く付き合っても一緒に暮らしてみないと、分からない部分って多々あると思うから。一緒に暮らしてみたらまぁ楽で楽で。お互い「一人暮らしより快適だね」ってことで迷わず結婚しました。私はガサツだけど料理だけは得意で、夫はできないから手料理をとても喜ばれる』

同棲をして2人の性格の相性を見極めたという方がいました。お付き合いしていても、いざ一緒に住んでみると「何か違う」ということがあるでしょう。得意分野が違い、お互いを補いあえると一緒に暮らしやすいようです。

気長に育てた

『投稿者が旦那さんを大きな子どもだと思って、気長に育てればいいのよ。そんなカップルたくさんいるし尊敬する。うちは年上と結婚したけど、35すぎたあたりから私の方がお姉さんみたいになって、いろいろ諭しているよ。男性も癒しを求めているし、手のひらで上手に転がしましょう』

子どもを育てるように、ときには優しくときには厳しく旦那さんをしっかりものに育て上げてみてはどうかというコメントがありました。

スパルタで育てた

『弁当箱を持ち帰らなければ作らない。食べた食器を下げなければ洗わせる。洗濯物を出さなければ洗わない。風呂もグズグズ後回しにしていたら栓を抜く。トロい男は嫌いだから置いて行く』

例えば、リビングに靴下が放置してあるのなら洗わない、目覚ましで起きないのなら起こさないなど、スパルタで育てていくことも一つの手段ではないかという声もありました。旦那さんのうっかりが甘えによるものだとしたら、スパルタで教育していけば自己管理能力の高い人になってくれるかもしれませんね。

得意、不得意は誰にでもある!夫婦はお互いにサポートして支えあっていくことが大切

『お互いにサポートし合わないと夫婦は成り立たないよね』

『夫婦はどちらかがしっかりしている。じゃないと夫婦として成り立たない』

『お互いへの尊敬、感謝って大事だよね。うちは夫のおかげで何不自由なく暮らせているのに、私に毎日「お疲れ様、家のことと子どものこと一生懸命してくれてありがとう」と言ってくれるのよ。ちゃんとできていない日も多いのに。主婦の仕事を当たり前と思われたらやりがいないよね。家族しか褒めてくれる人いないのに』

『投稿者さんがしっかりしているから頼っちゃってるんだね。でも、結婚したってことは旦那さんにも良いところがあるわけだし、もう「家のことは私に任せろ! あなたはとにかく稼いで来い!」と割り切っちゃった方が気持ち的に楽かもね』

妻が家のこと、家族の世話を何もかもやっていたら、旦那さんは少し甘えてしまうものなのかもしれません。できないことばかりに目を向けずに、してくれることに感謝して、役割分担をしていくことが夫婦円満の秘訣なのではないでしょうか。かといって、妻ばかりに負担がのしかかるようなら不平不満が溜まってしまうのは当たり前。自分ができることも相手に理解してもらって、お互い支えあっていけると良いですね。

文・物江窓香 編集・しのむ

関連記事

家事や育児に労いがない旦那。思いやりを持ってもらうための方法とは
家事も育児も、まだまだ女性が大半を担っているというご家庭が多いのではないでしょうか。どちらも、きちんとやろうとすると結構な重労働。しかも家族であるはずの旦那さんがその大変さをわかってくれないとなると、...
「旦那が家事を分担してくれない!」フルタイムのワーママができる働きかけとは
旦那さんが仕事をして家計を支え、ママが家事や育児をして家庭を支えるご家庭もあれば、夫婦のどちらも仕事をし、それぞれが家計と家庭を支えるご家庭もあるでしょう。家庭のあり方はひとつではありませんよ...
家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図
ママのもっとも大きな課題は「育児・家事・仕事」をどうやって回していくかということ。そのために必要なのが、なんといってもまずは旦那の協力です。育児休業中はママの方がどうしても時間的余裕があるので、家事育児の負担は大きくママに偏りがちです。
参考トピ (by ママスタジアム
しっかりした旦那の人いる?