いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

新築より中古は安くてお得!?失敗しない中古一戸建て選びのポイントは?

pixta_28032389_M新築一戸建てに比べて値段がぐっと安くなる中古物件。値段的にはお得に感じるけれど、本当にそうなのでしょうか? ママスタBBSに寄せられたママたちの実体験を交えて、不動産コンサルタントの前田浩司さんに伺ってみました。
prof_maeda (1)

安くていい物件が見つかることも。中古物件を買って正解!

まずは、中古物件を買ってよかったと満足しているママたちの声からご紹介します。注目ポイントは、なんといっても物件価格の安さ。新築に比べて割安になるため、リノベーション好きな人には向いているようです。

『築浅の注文住宅の中古買って住んでるよ。やっすい新築建売を買うくらいならこっちの方がいいやって感じで買った。もちろん収納多めだし、比較的新しいからエアコンのコンセントも各部屋についてた。買っちゃダメな中古もありそうだけどウチは買って正解だった』

『うちは年収低くて新築の2500万とか3000万のローン通らないだろうから、金額低めの物件を一括で買ったよ。なんとかリフォームローンは通ったので、リフォーム分だけローン払っています』

『メリットというか、新築も考えていたので頭金は溜めていたのですが、その額で買えたので住宅ローンは組んでいません』

『ちょうどいいタイミングで、中古物件が売りに出てたからラッキーと思ったよ。新築にこだわって不便な土地に小さいお家たてることになるとこだったよ。早まらなくて良かった。新築賃貸より月々の返済もぐっと安い』

『40歳で子どもが成人するし、そのくらいからガッツリお金貯めて50歳くらいで新築で平屋建てる予定。だから一件目は安く抑えるために中古にした。旦那が建築関係の仕事してるから知り合いの業者さんにかなり安くやってもらえたし、満足してる』

『中古住宅の最大のメリットは、固定資産税が安いことだと思う。うちも将来、家を買うなら中古物件買って中をリフォームする予定』

ところどころに昭和感が漂っている!?買って失敗だった中古物件

安く買って自分好みにリフォーム! ……できればいいのですが、そこはかとなく漂う昭和感は隠せないようです。中古ならではのデメリットは?

『まわりに昭和の家購入した人もいるけど、リアルな知り合いには聞けないよね。遊びに行った時も、キッチンはリフォームされてたけど、間取りとか部屋の感じとか、やはり昭和感強くてレトロでいいね~としかコメントがでてこなかった』

『中古だといきなりその地区のコミュニティに入ることになって、家に不満はないけど周りがじじばば世代ばかりでちょっと辛いくらい』

物件価格や固定資産税など、金額的にはどのくらい差が出るもの?

中古物件を購入するメリットとして多くのママたちがあげていたのが、物件価格や固定資産税の安さ。実際にどのくらい違うものなのでしょうか。不動産コンサルタントの前田浩司さんに質問してみました。

――中古の物件価格は、新築に比べてどれくらい安くなるものでしょうか?

立地条件、築年数、構造によって評価は変わってきますが、 同じ条件で隣同士の場合、新築と中古ですと価格の1割から2割の差で中古が安くなると思います。たとえば、新築物件が3000万円だとしたら、その1割なら300万円、2割なら600万円ほど安くなります。そう考えると中古物件はお得に購入できます。ただし、中古物件は新築よりも修繕費用がかかることもあるので、その点は注意してください。

――固定資産税はどのくらい違いますか?

固定資産税は、土地と建物それぞれにかかります。そのため土地にかかる固定資産税自体は新築、中古にかわりはありません。建物だけで考えたら新築物件のほうが高くなります。金額に関しては、建物の築年数などによって変わるので、どれくらい安くなるかということは一概にはいえません。

建て直しはできる?中古物件を購入する際に確認しておきたいこと

――中古物件を購入するうえで気をつけるべきことはありますか?

一番気をつけてほしいのは、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)といって、外から見ただけではわからない欠陥や不具合があった場合、売主が責任をもって修繕することです。新築の方が保証期間は当然長くなります。中古の場合は責任なしという物件もあります。

もう1点は、新築購入の場合、再建築ができるかどうかの確認が必要です。 「子どもが成長したら」「古くなったから立て直そう」と思っても、再建築不可の物件だと法律により建て直しができません。再建築可能かどうかの確認は、営業マンに聞けばすぐにわかるので必ず確認してください。

――安く買って快適に住むためのポイントは?

中古物件は、モノによってはほとんど土地代だけで買えるようなお得なものもあります。一見、古くても上手にリノベーションをすれば、安くて済み心地のいい物件に出合えることもあります。その場合、自分一人で考えるよりも、リノベーションのプロに相談すると予算内でセンス良く仕上げてくれるので、購入する前に一度相談しておくのもいいでしょう。

中古の場合は、新築に比べて慎重に選ぶ必要があるため、専門家に相談しながら探すことをおすすすめします。よい物件を安く手に入れて、家族みんなが笑顔で過ごせるといいですね。

取材、文・間野由利子 編集・山内ウェンディ

関連記事

2018年9月から「住宅ローン金利」が引き上げ。家計への影響は?
2019年の入学、入園などのために、住宅を購入する人が増えてくる時期。そんな中、2018年9月分から、三菱東京UFJ銀行、三井住友信託銀行、みずほ銀行が住宅金利ローンを5カ月ぶりに引き上げることが決ま...
住宅ローン金利上昇!?義実家からの返済援助を受ける際の注意点は
住宅ローンの金利が1年以内に引き上げられることが検討されています。ママスタBBSでは「ローン残高分全部貸してあげるから銀行さんに返しておしまい。そして、貸した分は私が死ぬまでに利子なしで返して...
突然、旦那が「将来が不安だから不動産投資をしたい」。不動産投資をする場合のメリット・デメリットとは
もしも、急に旦那さんが「マンションを買って不動産投資をしたい」といいだしたら、あなたはどう答えますか? ママスタBBSに投稿されたあるママからの相談です。 『主人が、将来が不安だから不動産投...
参考トピ (by ママスタジアム
中古住宅を購入した人ってなんで?