いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

原因は「虫歯菌」!?赤ちゃんに「歯石」ができたとき、考えたこと #ママの心の葛藤

ある日ふと我が子の口元を眺めていると

下の前歯のスキマの色が少し違うことに気付きました。

灰色のような、ベッタリとした何かがついています。

これは……まさか歯石!?

いや虫歯とかだったらどうしよう!!

素人があれこれ悩んでも仕方ないので、すぐに歯医者へ向かいました。

結果はやはり歯石!

そんな……歯磨きは順調だと思っていたのに……。

それにまだ一歳になったばかり。

そんな我が子の歯に負債を負わせてしまうとは…。

心の中で我が子に謝りつつも、気になるのは虫歯の事。

歯石ってことは、この中に虫歯がある可能性が?

「そうですねー今の段階では
削ってみないとわからないんですけど、
歯石を削る道具は鋭利で危ないので、3〜4歳くらいにならないと
削れないんですよ〜。

もし虫歯があって進行してしまったら、黒くなってきますね」

なんという生殺し!

万が一虫歯があって、さらに進行しなければ白黒はっきりしないなんて!

ちなみに、赤ちゃんって虫歯菌が無い状態で生まれるじゃないですか。

大人から移らないように、かなり注意してたんですけど……、

もしかして歯石って、虫歯菌があるから出来るもの!?

いえいえ、虫歯菌がなくても歯石は出来ますよ。
必ずしも歯石=虫歯ではないですよ」
(※担当医の意見です)

よかった……100%虫歯菌がうつってしまったってわけではなさそうだ。

とりあえず、3か月に一回定期検査をし

歯にフッ素を塗るという事になりました。

大事な子どもの歯のことですから、

歯石があってもなくても、定期的にプロに口の中を

見てもらうのもいいかもしれないですね。

そして毎日の歯磨きも、慢心せず

我が子の歯の健康を預かっている事を肝に銘じ

より一層丁寧に磨くことを誓ったのでした。

 

文、イラスト・んぎまむ

関連記事

パパ考案!料理オンチでも離乳食を簡単に作れるシステム #手抜き育児のススメ
いつの時代もママさんを悩ませる、「離乳食」。 料理が苦手な私は、離乳食が始まるのが面倒で億劫で仕方ありませんでした。 母乳から完全にミルクへ移行した我が子。 これから粉を測ってお湯を...
知らないと損する!?母子手帳の「無料クーポン」は要チェック #ママの耳寄り情報
妊娠初期に、子宮頸がん検査を行うことでしょう。 自治体によっては母子手帳と一緒に様々なクーポンがもらえて、私の地域では無料で子宮頸がん検査を受けられるクーポンが入っていました。 私は1年半...
「歯磨きを嫌がらない我が子」に起きた異変 #育児の新発見
離乳食が始まり、早々に歯磨きのトレーニングを始めましたが、我が子は歯磨きを嫌がりませんでした。 おやおや? 聞いてた話とちがうぞ? 子どもって歯磨きをもっと嫌がるものではと思いつつも、笑顔...