いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

もっと家族でお出かけしたい気持ちにさせる!「ママの贅沢な要望を叶える」クルマとは

すこし遠くの子ども向けの遊び場やイベント、そして家族で旅行に出かけるときなど、我が子のためにどこかに連れて行って、家族の思い出を作りたいと思うこと、ありませんか? しかし子連れのお出かけは騒いだりグズったりなど、ママ・パパは精神的にどっと疲れてしまうのが現実です。それに加えて遠くまで運転するとなると、体力的にもママやパパへの負担は計り知れませんよね。

そんな、子連れお出かけの悩みを抱えるママたちに注目してほしいクルマがあるのです。それは、重くなりがちなミニバンの走りのイメージが変わるという「セレナe-POWER」。1991年以降、累計170万台の売り上げ数を誇る「家族みんなが楽しめる車」セレナから、電気自動車のまったく新しいカタチ、充電要らずでどこまでも走るクルマが登場しました!
今回ママスタセレクト編集部は、「セレナe-POWER」の先行試乗会に伺いました。いったいどんな走りなのでしょうか? 実際に体験したファミリーに感想をお聞きしました。

1519268266-88e91c2d4d0783417fce8d60444a2713

※写真は栗原さんファミリー

【プロフィール】
■栗原さんファミリー
パパ、ママ、2歳と3歳の男の子2人のママ。
幼稚園の送り迎え、買い物と、車の運転はほぼ毎日。週末は家族で車に乗っておでかけすることもあります。
■間野さんファミリー
パパ、ママ、4歳と6歳と男の子と女の子のママ。
妊娠・出産以降、ママが運転をする機会が減り、パパが運転する機会が多い

もっと家族でお出かけしたくなる「セレナe-POWER」が親子におススメな5つのポイント

POINT1 電気自動車の「スムースな走り」とストレスフリーな「プロパイロット」

IMG_2397_S
「セレナe-POWER」では、エンジンで発電し、その電気で100%モーター走行します。そのため、アクセルを踏んだときのレスポンスが早く、重くなりがちなミニバンでも、発進時に出足がスムースで、力強い加速が行えます。

また高速道路での単一車線走行時にドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリング(ハンドル操作)を制御してくれる「プロパイロット」を搭載しています。渋滞や長距離運転時でも、アクセルやブレーキを自動でコントロールし車間距離を保つ手助けをしてくれます。また白線をモニターすることで直線やカーブ走行もハンドル操作をコントロールしてくれるので、いつもより遠くのお出かけでも疲れを感じにくいのです。ドライバーも気持ちに余裕が生まれるので、家族の会話が弾み、移動中の時間もみんなで楽しく過ごせます。

間野さん:踏み込んだときの加速が早くて驚きました。たくさん踏み込む必要がないため、足も疲れにくいです。遠くへのお出かけとき、安心して運転できそうです。長距離ドライブ担当のパパにもストレスを少なく運転してもらえるのは、嬉しいですね。

POINT2 子どもの「頭カックン」が減る新感覚の走行モード

img_nissan_kids
「セレナe-POWER」ではアクセルペダルだけで、加速と減速が調整できるのが特徴です。「Sモード」「ecoモード」というモードを選ぶだけで、アクセルを踏むと通常通り加速、離すとブレーキを踏んだかのように減速するので、ペダル1つで速度調整が可能です。

nissan_2
ワンペダル走行になることで、急ブレーキ・急発進の状況が起こりにくく、たとえば発進時や停止時の反動で、子どもの頭がカックンとなってしまうことを減少できます。またペダルを踏みかえる回数が減るので、ストップ&ゴーを繰り返す信号の多い街中や、渋滞中の運転疲れも軽減できるのです。

栗原さん:ブレーキをかけたときに頭がカックンとなり、子どもたちが車酔いしてしまうことがあったのです。「セレナe-POWER」は、アクセルペダルをゆっくり離すだけで、ふわっとゆるやかに停車できます

POINT3 走行中も静かな車内で「家族の会話」が増える

運転中でも、ママやパパが気になってしまうのが「子どもの様子」ではないでしょうか? 泣いたりグズってしまったりなど、子どもの小さな変化を察知したいけれど、車の騒音に紛れて気が付けなかった経験もあることでしょう。しかし「セレナe-POWER」では、100%電気モーターで走っているため、アクセルを踏んだときや走行中のエンジン音が最小限なのです。アクセルを踏んだときの走り出しがスムースで、エンジンが必要以上にまわることがありません。エンジン音が静かなおかげで、運転席から3列目の最後尾まで、まるで自宅にいるような感覚で会話ができます。
1S1C0228_S

栗原さん:走り出しがとてもスムースです。信号での一時停止、合流時などで加速しなきゃという場面でも、アクセルを軽く踏み込むだけで、自分が思った通りに加速してくれるので運転しやすいです。それに車内が静かなので、子どもが話しかけてきたときも気付きやすいのが安心です。家族で会話がしやすいのはママには嬉しいポイントですね!

間野さん:
エンジン音が静かなので、自宅にいるような感覚で会話ができました。子どもの小さな変化に気付いてあげられるのも、ママとしては安心のポイントです。

POINT 4 燃費が良いから、お財布にも優しい

「電気自動車というと、どこかで電気を充電する必要があるんじゃないの?」と疑問に思うママもいるでしょう。しかし「セレナe-POWER」は充電が不要。ガソリンを入れてエンジンで発電することで電気を作る「火力発電式電気自動車」なのです。ガソリンを給油し、そのガソリンを電気に変えて走行しているので、リッターあたり「26.2km/L」(JC08モード)とミニバンクラスNO.1(※)の低燃費性能を実現。燃費がよくお財布にも優しいのもママに嬉しいポイントですよね。

※全高1.8m以上の1.2~2.0Lクラス 7/8人乗り(2018年2月現在 日産調べ)。

POINT5 室内・荷室の広さで、「オムツ替え」や「荷物の多さ」もカバー

小さいお子さんをお持ちのママの不安要素のひとつに「オムツ替え」がありますよね。「セレナ」では、後部座席を使用して広々とオムツが替えられます。スマホやタブレットの充電に便利で各列にあるUSBソケットや飲食時に便利なパーソナルテーブルなどの使い勝手も、心強い育児の味方ですね。
103_105
さらに荷室も、ベビーカーや遊び道具や着替えなど、荷物がたくさん収納できるスペースが用意されていることも特徴です。使用シーンに合わせて2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」は、狭い駐車場で「欲しいものだけ荷物を取り出したい」という場面に便利です。

駐車へのハードルがなくなる!「パーキングアシスト機能」でラクラク車庫入れが完了

車の運転時に、苦手なママが多いのが車の車庫入れ。「運転はできるけど、車庫入れが苦手で……」というママもいるかもしれませんね。こんなとき駐車支援システムが搭載された「セレナe-POWER」なら、車庫入れもラクラク。
re_1_2_3
停車させたい場所の手前に「セレナe-POWER」を止めて、パーキングアシスト専用スイッチを押します。

メーター内ディスプレイに表示された画面から駐車位置を確認。「左側車庫入れ」「右側車庫入れ」「左側縦列駐車」「右側縦列駐車」から選択します。

合図に合わせてアクセルとブレーキを操作。 ハンドルは自動で操作され駐車が完了です。

栗原さん:「パーキングアシスト機能だとラクに車庫入れできるんですね!ハンドルを握らず駐車できるなんて驚きです!」

img_nissan

走り出しがスムースで、エンジン音を気にすることなく、まるで自宅にいるような感覚で家族との会話を楽しめる「セレナe-POWER」。家族みんなの要望を叶えてくれて「もっとお出かけしたくなる」クルマです。これから迎える新生活に向けて、生活の中に取り入れてみませんか?

家族の要望を叶えてくれる「クルマ」とは

提供:日産自動車株式会社