life

子ども向けに見せかけた危険な動画、「エルサゲート」って知ってる? #ママが知りたいネットの知識

pixta_25324663_M

YouTubeや動画アプリなど、最近は大人も子どもも動画を楽しめる環境が充実。子どもはなぜか「おもちゃを開封する動画」や「見知らぬ兄弟姉妹がおもちゃで遊んでいる様子」なんかが好きですよね。子どもに静かにしてほしい場面では、動画を見せると効果てきめんで、親も実は頼りにしていたりして……。

ところで子どもによく動画を見せる皆さん、「エルサゲート」という、比較的新しい言葉はご存じですか?

親の目が届かないところで動画を見せっぱなしにしていると、子どもが知らないうちに有害な動画を目にしてしまう可能性が指摘されるようになってきました。

子ども向けと見せかけて……「エルサゲート」とは

エルサゲート(Elsagate)とは、「子ども向けと見せかけて人気キャラクターの動画を装い、子どもがショックを受けるような不適切な内容を持つ動画」および、その議論のことです。ディズニー映画『アナと雪の女王』の登場人物“エルサ(Elsa)”に、事件・不祥事・スキャンダルを意味する”〇〇ゲート(gate)”が加わってできた造語です。

エルサゲートの動画には、アナ雪のエルサやスパイダーマン、ミニオンといった人気の好きなキャラクターやオリジナルの可愛いマスコットが、素人による実写やアニメ、クレイアニメなどで登場します。日本で人気のアンパンマンが使われているものもあります。

不適切な内容がどういったものかといえば、たとえば

・キャラクターの排泄行為が延々と続く
・正義のヒーローなのに子どもに暴力をふるったり怖い武器を使ったりと、単なる暴力行為になっている
・キャラクターによって子どもが生き埋めにされるなどの虐待
・セクシーすぎる
・キャラクターの顔にブツブツが出てくる
・クレイアニメながら目をえぐられたり流血したりといった残虐なシーンがある

などなど……。小さな子どもに見せたくない、いえ、大人でも見たくないと感じてしまうような内容です。“不適切”の程度も、思春期の子どもに受けそうなおふざけ的レベルから、大人が自分の性癖を満たすために作ったような悪質なものまで、動画によってピンからキリまであります。趣味の範疇やトイレトレーニングなどの教育目的で作られている方を否定するものではありませんが、少なくとも親の判断なしで、自分で物事の判断ができない乳幼児や小さな子どもには見せるべきではありません。

実際にどんな動画かを知りたい方は、Twitterで#elsagateを検索してみてください。主に海外の動画を見ることができます。#elsagateは、エルサゲートを摘発するためのハッシュタグです。

※どんな動画か動画サイトで確認した後は、動画サイトの関連動画にエルサゲートと思われる動画が並んでしまう可能性があるのでご注意ください。

一度エルサゲートを見ると、延々見続ける可能性がある

動画を見るときはまず、動画の一場面の画像であるサムネイルを確認することとなりますが、キャラクターが描かれたサムネイルだけでは、危険な動画かどうか判断がつきません。むしろ楽しい動画と思って見続けていると、子どもに見せたくないシーンが現れる、というのが厄介なのです。ショッキングなシーンをいきなり見せられた子どもの心がどうなるか、その後心の成長にどう影響するのか……少なくともいい影響はないでしょう。

さらに一度エルサゲートを見ると、関連動画として似たような内容の動画が候補として上がってしまいます。次の動画を「自動的に再生する」設定になっていると、エルサゲートを延々と見続けることに。子どもにスマホやタブレットを渡して一人で動画を見せていると、不適切な動画ばかりずっと見ていた……なんてことにもなりかねません。

子どもにエルサゲートを見せないための確実な方法は

小さい頃からITに慣れておくのはこれからの時代に必要となってくるかもしれません。ただIT業界は技術の進歩が早く、その反面、テレビや映画ほど規制が徹底しているわけではないのです。

動画サイト側でも不適切動画に対してはさまざまな対策が練られているものの、残念ながら完全に削除するには至らず……。YouTubeKidsなど、子ども用の動画サイトまたはアプリもありますが、「子どもに見せるとまずい動画がある」という声もあるようです。不適切な内容が巧妙に隠されているので、サイト側のチェックに引っかからないことがあるのかもしれません。

だから監視の最後の砦として、「保護者の目」が欠かせないのです。

子どもにスマホやタブレットを渡して一人で動画の閲覧をするような状況にしないこと、見るなら親もともにチェックすること

これが今できる一番の対策です。

「ユーチューバー」が小学生の憧れの職業として上げられるように、動画は楽しいものであり、同時に自己表現力や物事を発信する力、モノづくりを学べる場でもあります。動画は親にも、忙しい毎日の合間に、少しの癒しの時間を提供してくれます。

利点も欠点もあるのがインターネットの世界。親の目をうまく入れつつ、親も勉強しつつ、有効活用する方法を考えていきましょう。

文・しらたまよ

 

<参考>エストニア共和国より愛をこめて「子どもたちを狙う危険な動画コンテンツ「エルサゲート」って何だ?

関連記事

スマホも無関係ではない!フィッシング詐欺に引っかからないために #ママが知りたいネットの知識
迷惑メールは、パソコン、スマートフォンに関わらず、多くの方が見たことがあるのではないでしょうか? 「こんなのに引っかかる人なんていないでしょ」と思ってしまうような、変な日本語のメールのときもあ...
【フリマアプリのコツ】「ちっとも売れない……」を解決!子ども服や子ども用品を売るには #ママが知りたいネットの知識
不要品の整理にフリマアプリを使う人もいると思います。特に成長が早い子ども服や子ども用品を売る人は多いと思いますが、なかなか売れないこともありますよね。何か売れない理由があるのかもしれません。 ...
フリマ依存も?フリマアプリのマイナス面と対処方法 #ママが知りたいネットの知識
自宅の不要物を売ってお金に換えることのできるフリマアプリ。その手軽さから利用者は増え続けていて、私たちの生活の中にも定着しつつあります。しかし、顔が見えないやり取りであることなどから、利用する...