みんな大好き! 時代を超え愛されるあのビスケットが、ママのキモチを橋渡し

present01
出典:ソーシャルトレンドニュース

毎日の暮らしにパッと鮮やかな彩りを添えてくれる、お菓子の存在。
食べて幸せを感じるだけでなく、ママとなってからはお菓子がひとつのコミュニケーションツールになることに気づいた方も多いのでは?
今日あったできごとを子どもから聞くおやつタイム、ママ友とのお茶会に……と、お菓子は身近な人とのおしゃべりを弾ませてくれる大切な存在でもあります。

子どもの頃から大好きだった! あの定番ビスケットシリーズ

present02
出典:ソーシャルトレンドニュース

そんなお菓子の中でも「定番」となっているひとつが、こちら。
「MARIE(マリー)」「CHOICE(チョイス)」「MOON LIGHT(ムーンライト)」など、カラフルなパッケージを見るだけで誰もがきっと懐かしさを感じるおなじみの森永ビスケットシリーズです。
今はおやつとして子どもにあげているママも、幼い頃食べていた思い出があるのでは? 一口かじると口の中に広がるやさしい甘さが、懐かしい記憶を呼び起こしてくれそうです。

「思い出」ビスケットが届ける、“ちょこっと”メッセージ

ママも子どもも大好き! そんなビスケットシリーズならではの、素敵な企画が先日からスタートしています。
present03
出典:ソーシャルトレンドニュース

ビスケットの箱や個包装された袋にちょっとしたメッセージを書き込める、「メッセージビス」仕様パッケージの登場です。卒園、卒業を控えた今の時期には「大好き」「ずっと友達だよ」なんてメッセージを書いてお友達同士で交換するもいいかもしれません。今なら期間限定で、サンリオキャラクターズとコラボしたスペシャルデザインパッケージが購入できるので、お見逃しなく!

またおなじみ「MARIE(マリー)」など定番の6商品に加え、この「メッセージビス」企画と同時に新登場したのが「PRESENT(プレゼント)」。
present04
出典:ソーシャルトレンドニュース

メープル&バターが香る、コクのある甘みが特徴のビスケットの表面には、1枚1枚、「FOR YOU」「THANK YOU」などのメッセージが書かれているのが特徴です。誰にどんなメッセージビスケットをあげるか、考えるだけでもワクワクしそうですね。

使える! ママの頼れる味方になりそうな「メッセージビス」

メッセージが書き込める=いろいろなシーンでキモチを伝えられる、この「メッセージビス」。ママたちにとっても頼れるツールとなりそうですよ。

【1】子どもの送り迎えをしてくれたママ友へ
present05
出典:ソーシャルトレンドニュース
急な仕事が入ってしまったり、用事ができたり。子どもの保育園や習いごとの送り迎えを、仲よしのママ友に頼まなければいけないことってありますよね。自分も頼まれることがあるのでお互いさまではありますが、やっぱり感謝のキモチはそのたびごとに伝えたいもの。

【2】子どもがお友達宅へ遊びに行くときのお土産に
present06
出典:ソーシャルトレンドニュース
子どもがお友達の家に遊びに行くとき、メールや電話でお礼を伝えるママは多いのでは? でも子どもに持たせるちょっとしたお土産でそのキモチを伝えられれば、さらに一石二鳥!「今日はよろしくね」のひと言を書き込み、子どものカバンに入れてみるのはいかがですか?

【3】急な休みをもらった次の日、会社の同僚へ
present07
出典:ソーシャルトレンドニュース
子育てしながら働くワーキングママは子どもが発熱したときなど、仕事を急に休んだり早退しなければいけないことが多々あります。「早く帰ってあげて」と快く送り出して仕事をフォローしてくれた同僚には、次の日ちゃんとお礼の言葉を添えて渡したいものですよね。

毎日の中で大切にしたい「さりげない特別感」

present08
出典:ソーシャルトレンドニュース

懐かしい思い出のビスケットと、そこに添えられた心温まるメッセージ。高価すぎないので贈るほうの負担も少なく、もらった相手が恐縮しない価格帯であることも大きなポイントです。
ご紹介したようなシーンの中で、キモチを伝えたい相手との素敵なコミュニケーションツールとして役立ってくれるはず。
さりげないのに特別感を添えられる「メッセージビス」。きちんと言葉にして伝えておきたいキモチを、小さなパッケージに託してみるのはいかがですか?

森永ビスケット
提供:森永製菓株式会社

文:編集部/画像提供:ソーシャルトレンドニュース