entertainment

セイバンが子供たちへ「天使のはね」ランドセルをプレゼント!社会貢献活動の一環として

img_0765

漫画『タイガーマスク』の主人公「伊達直人」を名乗り、児童施設などにランドセルを送り届けていた男性が、先日素顔を公開したのは記憶に新しいところ。新1年生が小学校入学を控える時期に、児童施設などにランドセルを届ける現象が全国に広まったのは心温まるニュースでしたよね。

言わずと知れた大手ランドセルメーカー、株式会社セイバンもクリスマスを間近に控えた先日、公益財団法人 全国里親会を通じて里親家庭に委託されているお子さんにランドセルを届ける寄贈式を行いました。「セイバンサンタ」を名乗る、ちょっと怪しげな(?)サプライズゲストも登場した模様をお届けします!

■セイバンは今年も約160個ものランドセルを寄贈

img_0753
「里親制度」とは、家庭のさまざまな事情で親と一緒に暮らすことができない子どもたちを、正しい理解を持った温かい家庭の中で養育する制度です。温かい家庭で生活することで、子供たちは安心して生活することができ、人との信頼関係や自己肯定感を育むことができるとのこと。(参考:厚生労働省

株式会社セイバンは「お子さまとそのご家族の笑顔にあふれた生活に貢献する」という経営理念に基づき、2013年度から里親家庭の子供たちにランドセルの寄贈を行ってきました。4回目となる今年は全国66の各地域の里親会に約160個ものランドセルを寄贈。全国里親会から感謝状を贈呈されました。

■ セイバンサンタに子供たちも大喜び♪

img_0774
寄贈式には来年小学校に入学予定のお子さん3名が登場。サプライズゲストでセイバン社員が自らサンタになり「フォーッフォッフォ!」とサンタ姿で入場してくると、少し緊張気味のお子さんたちの顔が一気に笑顔になりました。プレゼントをさっそく開けて、パールピンクや赤のかわいいランドセルが出てくるとさらに大喜び! こんなに喜んでくれるお子さんが全国にいると思うと、セイバンの行う社会貢献の大切さがよく分かります。

代表取締役社長 泉貴章氏によると、ランドセルを届けた子供たちから「ありがとうございます。大事に使わせてもらいます」「軽くてデザインが気に入っています」というお手紙が毎年たくさん届くとのこと。子供たちの嬉しいメッセージが届くように、今後も寄贈活動を続けていく予定だそうです。

DAIGOさんのCMが印象的な企業ですが、ランドセルを通じて子供たちの笑顔を引き出す社会貢献も行っていたんですね! ちなみに、毎年7月ごろからランドセルの注文が始まり、大人気モデルは早い時期に完売することもあるそうです。今後ランドセルをご検討予定の方は、春ごろからチェックしてみてくださいね。

文・山内ウェンディ