recipe

ひなまつりレシピ☆明太子のタラモサラダお雛様

IMG_1894

3月3日はひな祭り。
「桃の節句」と呼ばれるこの日には、女の子の幸福や健やかな成長を願って、可愛いメニューを作ってお祝いしましょう!
ひなまつりのパーティーに欠かせないのが、お雛様とお内裏様!
明太子のポテトサラダを、薄焼き卵で包み、さといもでお雛様とお内裏様の顔を作ってみました。顔はさといもで作ると、大きくて可愛く出来上がります。
可愛いお雛様に、子ども達も喜ぶこと間違いなし☆

材料  2人分(お雛さま×1、お内裏さま×1)

タラモサラダ

じゃがいも
:200g
明太子
:30g
マヨネーズ
:大1
バター
:5g
レモン汁
:小1/2
塩、胡椒
:少々

服や顔の装飾

:1個
:ひとつまみ
冷凍里芋(顔)
:2個
黒ゴマ(目)
:4粒
のり(髪)
:少々
カニカマ(口)
:少々
魚肉ソーセージ(ほっぺ)
:少々
サラダパスタ
:少々
おしゃぶり昆布(帽子、しゃく)
:少々
黒豆
:1個
にんじん(半襟)
:少々
きゅうり(半襟)
:少々

作り方

1.・じゃがいもは皮をむき4等分に切る。
・鍋にたっぷりの水を入れて、冷凍里芋とジャガイモを串がスッと通るまで茹でる。
・明太子は皮に切り込みを入れ、身をスプーンなどで取り出し、レモン汁を加え混ぜる。
・おしゃぶり昆布はお内裏様のしゃくと帽子の形にはさみで切る。(しゃく、帽子)
・にんじんは薄切りにして花型で抜き、扇の形に切る。爪楊枝で4か所穴をあけ穴に黒ゴマ(分量外)を入れる。(扇)
・きゅうり、にんじんはピーラーで薄く切り、人参はサッと茹でる。(半襟)
・魚肉ソーセージは薄く切り、ストロー等で型抜きする。(ほっぺ)
2.じゃがいもは熱いうちにバターを加えマッシュし、1の明太子を加えよく混ぜる。
マヨネーズ、塩、胡椒で味付けする。
3.卵をボウルに割りいれ、塩を一つまみ加えよく溶く。この時、ぐるぐる混ぜるのではなく、縦か横に卵の白身をよく切るようにする。そうすることで、焼いた時に裂けずらい強い薄焼き卵ができる。
それでも裂けやすければ、焼く前に卵液を一度ざるでこしたり、片栗粉を少量入れるとよい。
26~28cmのフライパンに油を熱し、薄焼き卵を1枚焼き、半円に切る。
IMG_1911
4.2を2等分にし、円錐を形作る。(体)
5.1のにんじん、きゅうりの半襟を4に巻き、薄焼き卵を上からかぶせる。IMG_1907IMG_1910
茹でた冷凍里芋にのりで髪の毛、黒ごまで目、カニカマを細く切って口をつける。
魚肉ソーセージのほっぺはサラダパスタで止める。
IMG_1916

お内裏様・・・爪楊枝を黒豆に刺し、里芋に差しこむ。里芋を4の上に乗せる。
       マヨネーズ(分量外)を少量つけて、おしゃぶり昆布を黒豆の後ろ(帽子)と
       胸のあたりにつける。(しゃく)IMG_1901
おひな様・・・ピックを里芋に差し込み、里芋を4の上に乗せる。
       マヨネーズを少量つけた人参の扇をつける。IMG_1920
 

レシピ監修:堀川 望美
食育インストラクター、ハーバルスペシャリスト。
2年間のアメリカ生活ののち帰国後、企業タイアップのレシピ開発、
連載など子育てと料理に関する分野で活躍。
自宅で開催する料理教室、お弁当教室も大人気。ブログはコチラ