birth

【体験談】切られるときは痛くないって本当!?分娩時の会陰切開について

image

会陰(えいん)とは、膣と肛門の間の部分のこと。お産の際、「会陰の裂傷が起こると判断された場合」や「お産が長引いて赤ちゃんの容体が心配される場合」などに、赤ちゃんの頭の通り道を広げてお産をスムーズに進めるための『会陰切開』という処置が行われます。

これから出産を迎える方の中には「切るって痛そう」というイメージを持っていたり「できるだけ会陰切開したくない」と考えたり。そして、切られる瞬間ってどのくらい痛むか気になる……という方も多いのではないでしょうか?

では実際のところ、どれくらい痛いのでしょうか? ママたちの声を聞いてみましょう。

(会陰を)切られる瞬間「痛い」と感じた方

『私は痛かったな。「今から切るね~」てハサミを見せられてパチンって……意外とチクッてした』

『周りからは痛くないと言われてたけど、私は切られた瞬間叫ぶ程痛かった』

『私は外側と中側も切られたみたいで、中側を切ったときは痛かったな』

一方で、切られる瞬間は「痛くない!」と感じた方

『会陰マッサージなど、予定日前から念入りに行い、分娩台に上がった時点ではこのままいけそうなので切開のための麻酔はしないでいきますねーと言われました。
いざ頭が出てくると突然、「すいません、赤ちゃんちょっと苦しそうなので麻酔してませんが切開しまーす」といきなり切られました。本当にバチンって音が聞こえました。
驚くことに陣痛が痛すぎて切られた痛みはほとんど感じませんでした』

『切られるときは全く痛くなかった。縫われるときはちょっと痛かった』

『初めてだったから、とにかく怖かった。
会陰切開もどうなることやらと思ってたけど、いざその時になったら陣痛の方が痛すぎて、切るくらいなんてことなかった』

「痛くなかった派」は陣痛の痛みが勝って、「切られた瞬間はそんなに感じなかった」という意見が多いようでした。

筆者の体験談

二児の母である筆者も、二回とも同じ産院で会陰切開を経験しています。

一人目は初めてのお産で夢中だったこともあり、切られたときの痛みは殆ど感じませんでした。「早く赤ちゃんに会いたい」という気持ちの方が勝っていたからかもしれません。

二人目は子どもの体が大きかったこともあり、手術で会陰を切った上にさらに自然に裂けてしまい、何十針も縫うことに。しかし、2人目の担当医が(1人目と)変わったおかげで縫い方が違ったのか、一人目のときよりも産後に関しては痛みを感じずに、ストレスの少ない生活を送ることができました。

「会陰切開をできるだけしたくない」と考えて、マッサージなどの準備をしておくことは大切なことだと思いますが、お産では、いつどんな状況になるかは誰にも想像できません。

大切な赤ちゃんと母体を守るためにも、筆者は会陰切開をしてよかったとも感じています。

image
これからお産を迎えられる方は、どんな状況になっても、可愛い我が子に会えることを楽しみに、精一杯頑張っていただければと思います。

どんなお産であれ、多少の痛みは伴いますが、それ以上の感動の対面が待っています!

また、既に会陰切開を経験されたみなさんは『会陰切開』について、どんな体験談をお持ちですか? 切られた瞬間に感じたことや、産後の痛みなどについてのエピソードがあれば教えてください。

文・赤石みお