いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

<甘やかす義両親>娘が帰って来ない……義実家にずっといたがる娘「毎週泊まりたい」【第2話まんが】

前回からの続き。数年前の話です。夫の異動が決まり、娘のありさを連れて夫の地元へ引っ越した私たち家族。義実家から徒歩5分の場所にマンションを借りて新生活をはじめました。私たち夫婦はフルタイム共働きなのですが……。
【2話0】義実家ではルールを破り放題!すっかり「お姫様扱い」の中学生娘
私が仕事を終えて家に着くのは18時頃です。ありさは学校が終わるとまず義実家へ向かい、義両親と過ごしてから18時すぎに自宅マンションへ帰るという生活になりました。
【2話①】義実家ではルールを破り放題!すっかり「お姫様扱い」の中学生娘

ありさは家に帰ってきても、まっすぐ自分の部屋に行って寝るだけ。反抗期もあるのか話しかけてもたいして返事してくれず、寂しい気持ちでいっぱいになります。私は不安が募るばかりですが、夫は特に気にしていません。
夫「お互いにいいこと尽くめじゃないか。父さんや母さんには生きがいができたし、ありさは寂しい思いをしなくて済むし」
しかし私からすると、まるで義両親にありさを取られてしまったかのような気分です。さらにありさは週末になると義実家で寝泊まりするようになりました。
【2話②】義実家ではルールを破り放題!すっかり「お姫様扱い」の中学生娘
義実家の様子に私は目を疑いました。ソファの上にはスナック菓子の食べかすが散乱し、テーブルを見るとたくさんの袋が空になったまま放置されています。義母に聞くとありさの好きなお菓子を買いそろえ、いつでも自由に食べていい状態になっているとのこと。食べ散らかした後のゴミを義母は嬉しそうに片づけています。さらにありさはいつの間にか義父に新しいタブレットを買ってもらっていて、個室で好きなだけゲームをしているのです。ありさは義両親に可愛がられてちやほやされ、お姫様のように甘やかされて過ごしていました。

【2話③】義実家ではルールを破り放題!すっかり「お姫様扱い」の中学生娘 (1)
私はありさの振る舞いを義両親に謝ると、急いでありさを連れて家に帰りました。義両親は厚意で預かってくれているのだから申し出を受けた私に責任があります。こんなワガママ放題の生活、ありさにとって良いわけがありません。私は「もう義実家に預かってもらうのはやめよう」と決意したのでした。

【第3話】へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

<甘やかす義両親>キレた私「もう義実家へは行かせない!」中学生はまだまだ未熟……【第3話まんが】
【第1話】から読む。 前回からの続き。数年前の話です。私たち夫婦は共働きで中学生の娘ありさと暮らしています。この春、夫の異動をきっかけに義実家から徒歩5分の場所にマンションを借りて近居をはじめました...
<甘やかす義両親>義母「毎日うちに来たら?」引っ越しに喜ぶ中学生娘。新生活への心【第1話まんが】
数年前の話です。私・さとみは夫・じゅんと結婚して15年、共働きをしながら娘・ありさを育ててきました。夫の実家は隣県にあり、月1回は訪れていて関係も良好です。ありさが小学校卒業を間近に控えた頃、夫の異動...
<義兄嫁からの理不尽クレーム!?>仕事に育児、順調だったのに……なぜか急展開!?【第1話まんが】
私の名前はアイ。小学1年生と年中の子どもを育てながら、平日の午前にパート勤務をしています。 そろそろ子どもたちの将来のため、働く日数を増やしたいと考えていた私は夫のタクミに相談しました。...