いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

産後の疲れが取れず、母子同室ができない自分を責める日々。子育てのベテランの実母がかつて選んだ方法とは

2年前に私が息子を産んだ産婦人科では、基本的に昼夜問わず母子同室の方針で、母親の体調等によっては新生児室で夜間は預かってもらうこともできました。

「入院中に母子同室しようがしまいが退院したら24時間つきっきりになるんだから、見てもらえる間は見てもらってもいいんじゃない?」

だそうです。

今思えば、産後は不安定な精神状態で随分悩んでしまいました。しかし産後わずか数日でも、ぐっすり眠れたことは良かったんじゃないかな? と今となっては思います。

次の出産も同じ産院で、母子同室に関しては無理をしない程度で、やっていこうと思います。

 

文、イラスト・むらみ

むらみの記事一覧ページ

関連記事

妊娠超初期症状を「生理前だから」と勘違いして新婚旅行に行ってしまった話
文、イラスト・むらみ...
慣れない新生児育児にパンク寸前!気力が回復した、夫へのささやかなお願い
息子が生まれて1ヶ月半ほどで里帰り出産から自宅に帰った私。 今まで母の手を借りてなんとかこなしてきたはじめての育児でしたが、自宅に戻ってからは「私1人でちゃんとやらなきゃ」と強い責任感の中で再ス...
時間を気にせず遊んで食べて大満足!母と息子の初デート
行き先は二駅先のキッズカフェに決めました。 文、イラスト・むらみ...