いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

talentcolumn

りゅうちぇる:第3回「妊娠が分かったときは、今までの人生で感じたことがないくらいの幸せを感じました」

「イクメン オブ ザ イヤー 2018 芸能部門」を受賞した、タレントのりゅうちぇるさん。2016年末にモデル・ぺこさんと結婚し、2018年7月に第1子となるリンクくんが誕生したばかりです。インタビュー3回目は、妊娠がわかったときから出産までのお話、また、ママになったぺこさんへの想いについても語っていただきました。

妊娠検査薬で2回も確かめました!

――ぺこさんの妊娠が分かったときのことを聞かせてください。

りゅうちぇる

ある日ぺこりんが、「なんか体調がおかしいから、妊娠検査薬買ってきて」って言ったんです。僕、びっくりしちゃって、「えっ!? 体調が悪い原因ってそれ? ほんとに? 違うんじゃない?」って聞いたんですけど、「多分そうだと思う」と言われて、妊娠検査薬を買いに行ったんです。
それで検査してみたら、陽性反応が出たんです。すぐには信じられなくて、僕が「もう1回やってみよう」と言って2回目の検査をしたら、やっぱり2回目も陽性反応が出たので、「妊娠してる!」となって、次の日に朝一で病院に行きました。
病院でも「妊娠です」と言われたので、家族や友だちにすぐに電話で報告をしたんです。
今までの人生で感じたことがないくらい嬉しくて、幸せを感じました。僕の沖縄の実家も、お祭り騒ぎで喜んでくれました。

――妊娠がわかってから、ぺこさんの体調はどうでしたか?

実は、新婚旅行の時期がつわりと重なってしまったんです。だから最初の何日かは出かけずにホテルで看病をして過ごしました。妊娠すると本当に気持ち悪くなるんだ! と思って不思議でした。
旅行から帰ってからは2人でいろいろ妊娠について調べたんですが、まず「どうやって赤ちゃんができたんだろう」と思い、YouTubeで受精の瞬間の動画を見まくって、2人で感動しました。
その後は、妊娠、出産、子育てなど、子どもの成長を動画で配信しているYouTuberの動画をとにかく見て情報を収集しましたね。

ぺこりんは、痛みに強いタイプみたいです

――出産は、どのように始まったのですか?

予定日を過ぎても生まれてくる気配がなくて、検診に行ったら「来週も生まれなければ入院だね」って言われました。検診の帰りに夜ご飯を食べて、家に帰ったらおしるしが出たんです。
おしるしは出産の前兆ではあるけど、出産がいつになるかは個人差があるから分からないという話を聞いていたので、どっちなんだろう……と思っていました。でもぺこりんは、「大丈夫ちゃう?」って、なんだかすごく余裕なんですよ(笑)。むしろ僕が怖くなって、「病院に行こう」って言って行ったら、陣痛が始まってたんです。
先生に、「これ、ご飯食べてるときから陣痛始まってるよ」って言われてびっくりしました。ぺこりん、痛みに強いタイプみたいです。焦らないように、いろんな陣痛のパターンを調べていたのに、「こんなの読んだことない! さすがぺこりん、もってる!」と思っちゃったくらい(笑)。

ぺこりんは病院に到着したとき、「安産」と書いてある備品のうちわを見て爆笑してたのに、陣痛が5分間隔になったころから、病院中に聞こえるくらい叫んでいました。そんなぺこりんを初めて見ました。

出産に立ち会わなかったら、一生後悔していました

――出産には立ち合われたのですか?

立ち合いました。ぺこりんは、本当にツラそうなのに、「痛い」とか「もうやだ」とか一言も言わずに、「大丈夫だよ~! リンク上手だよ~!」って、お腹を撫でながらずっとリンクを褒めてあげてたんです。
僕は、とっても痛そうでツラそうなぺこりんの姿を見ていたら、「元気なぺこりんに戻ることできるのかな?」と思ってしまうくらい心配になりました。

――立ち会うときのために、事前に勉強して役立ったことはなんですか?

決めていたのは、「大丈夫?」と聞くのではなくて、「大丈夫だよ」って決めつけて褒めてあげるということです。あと用意しておいたストロー付きのペットボトルは陣痛中の水分補給にすごく役立ちました。

――出産に立ち合ったことは、りゅうちぇるさんにとってどんな経験になりましたか?

ぺこりんもたくさん頑張ってくれたんだけど、リンクも一生懸命頑張って生まれてきてくれたんだなという気持ちになりました。リンクが生まれてくる姿を見ていなかったら、貴重な瞬間に立ち会わなかったことに、僕は一生後悔していただろうなと思います。あんなに頑張って生まれてきてくれて、それから毎日元気に育ってくれて、えらいな、逞しいなと思うんです。パパって、お腹の中で育てていない分、そういうことを感じにくいと思います。
僕は出産に立ち合うことで、出産がどれだけ大変なことなのか、命の重み、愛の深さを身に染みて感じることができました。立ち合いをすることで、これからの子育てや、パパとしての子どもへの向き合い方も変わってくると思います。だから、僕は立ち合いオススメ派です。

――ママになったぺこさんへの気持ちを教えてください。

出産のときも頑張ってくれたし、どんなに疲れていても、愛をもってリンクに接しているその姿を見て惚れ直しています。ぺこりんは、出会ってからどんどん魅力的な女性なっていると感じます。

りゅうちぇる

立ち合い時に必要なものを調べて用意するなど、どんなときも、ぺこさんのことを一番に考えて行動していることがとても伝わってくるお話でした。りゅうちぇるさんは旦那さんとしても、パパとしてもまさに理想の姿。次回は最終回です。お楽しみに。

取材、文・上原かほり

関連記事

りゅうちぇる:第1回「家事や育児は、ツラくないときにツラくない人が担当するという支え合いスタイルです」
毎年10月19日は“イクメンの日”。10(トウサン)19(イクジ)の語呂合わせにちなんで、日本記念日協会に認定されています。そして毎年10月半ば頃に開催される「イクメン オブ ザ イヤー」では、その年...
加藤ローサさんの現在は? 松井大輔さんとの馴れ初め、フランスでの子育てについて
彫りの深いきれいな顔立ちに屈託のない笑顔が魅力的な加藤ローサさん。4歳と2歳の男の子のママとなっても変わらず可愛らしいローサさんに、ご主人との結婚、育児、海外生活についてたくさん伺いました。一生懸命育...
つるの剛士:第7回 パパたちには、育児休業ではなく、“家庭訓練”を経験してもらいたいです
第7回目となる今回は、つるのさんが取得した2度の育児休業についてのお話を伺っていきます。1度目と2度目では、休業することに対しての意識がまったく違ったそうです。2度の育児休業を経験したつるのさんならで...