いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「ああ、おねしょ……」でも外は雨!布団やシーツを乾かすテクニックと濡らさないアイデアとは #産後カルタ

産後かるた あ

雨の降る日、ママたちは家族の洗濯物をどうやって乾かそうかと悩むこともあるでしょう。浴室乾燥機や洗濯乾燥機をお持ちのご家庭は、少々電気代を使って乾かしておられるかもしれません。とはいえ、浴室で乾かすとしても干すスペースも限られてきますね。そこに子どもの「おねしょシーツ」や濡れた布団が加わってくると、ママは頭を抱えてしまうでしょう。雨の日の「おねしょシーツ」の洗濯に悩むママたちに救いの手はあるのでしょうか。

『おねしょで敷布団二組と掛け布団とラグが濡れました……。雨で干す事もできません。先日もおねしょでもう予備の布団がありません。どうしたらいいですか?』

ママたちの「雨の日に洗濯物を乾かすテクニック」

『布団乾燥機を買う。クリーニングに出す。ドライヤーで乾かす。コインランドリーに行く』

こちらのママが提示してくれたアイデアのうち、クリーニング以外は筆者も経験しました。マットの中に温風を入れ乾燥させるタイプの布団乾燥機なら、薄いシーツくらいは比較的短時間で乾かすことができるでしょう。ドライヤーは少々時間がかかるかもしれませんね。コインランドリーについては、筆者は雨がやんだときに自転車で行ったことがありますが、雨のときは車がないと難しそうです。

『扇風機の風を当てておけばどうだろう?』

エアコンの除湿を掛けながら扇風機を回すようにすると、乾きも早いのではないでしょうか。ママたちから寄せられたアイデア、どれも効果がありそうです。

布団だけは濡らさない!ママたちの「おねしょ対策」

シーツは洗うことも干すことも乾かすこともそれほど難しくないかもしれません。しかし布団が濡れてしまうと洗うことも干すことも乾かすこともご家庭では難しくなってしまいます。そこでママたちは「布団を濡らさない方法」を試行錯誤の上、編み出したようです。

『今度から、おねしょシーツ敷くといいよ~!』

『うちは敷布団の上に広げたゴミ袋を敷いて、その上にバスタオル広げて、その上にシーツ敷いているよ。おねしょされたらシーツとバスタオルだけ洗えば良い』

『防水シーツ+防水パンツがいいよ! 防水シーツだけじゃ布団と布団の間にしたり寝返りでめくれた部分におねしょされる』

防水機能に優れた「おねしょシーツ(防水シーツ)」。その実力は筆者も体験済みです。こちらは筆者の息子がまだトイレトレーニング中に使用していたおねしょシーツなのですが、いまだに防水機能は現役です。

20180712_102824

青い食紅で着色した水をこぼしても(上図①)、おねしょシーツの裏面にはしみだしていません(上図②)。もちろん床も濡れていません(上図③)。寝相が心配というママは、先輩ママのアドバイスにあるようにおねしょシーツに加えて防水パンツを履いてもらうとより安心でしょう。

雨の季節に濡れたシーツを乾かすテクニック、シーツは濡れても布団を死守するアイデア。ママたちが幾多の失敗を経てたどり着いた経験談を、お子さんのおねしょ対策に活用してくださいね。

文・しのむ 編集・しらたまよ イラスト(産後カルタ)・チル

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

子どもの「おねしょ」 ママたちが乗り越えたコツ・対策は?
昼間のオムツがやっと取れて肩の荷が少しおりたと思っていたら、次は夜のオムツをとらなくちゃ……。 とはいえ、一晩中見張ってる訳にもいかず、朝になったら濡れてる布団や毛布を見ては顔で笑って心で無く。...
先輩ママたちに聞く「オムツ卒業」の方法とタイミング
昼のオムツが外れても、夜のオムツはなかなか外れない、でも外したい……。特に暖かくなり、洗濯物が速く乾く時期に子どものオムツを外したいと思っているママたちは多いのではないでしょうか? 夜のオムツを2歳で...
子どもの「トイレトレーニング」が進まない 打開策のアイディアは?
おしっこの間隔が2~3時間くらいになったらトイレトレーニングを始める一応の目安になりますが、お子さんによって発達の度合いが違います。焦りは禁物ですよー。
参考トピ (by ママスタジアム
雨の日のおねしょ
雨の日おねしょ