life

購入履歴のある被災地の方へ。ある企業が届けている“優しさ”がネットで話題に。

仕事_9180

ここ数年、とっても気に入って使っている“出汁パック”があります。
福岡にある『茅乃舎』というブランドのもの。
数年前、九州出身の友人に教えてもらい、この「茅の舎だし」を使うようになってから、確実に料理の味に変化が!
ここの“だしパック”を使うと、魔法のようにお味噌汁や煮物が美味しくなります。
今までと同じ作り方なのに、このお出汁を入れただけで本当に美味しさが数倍アップするんです。
美味しい分、お値段も決して安いとは言えないのですが、贅沢使いではなく、ケチケチとパックを破ってちょっとずつお味噌汁に使ったり、節約しながら使っている筆者。

娘の離乳食の時にも、この出汁パックにとても助けられました。
ママ友との会話でも、ここ1,2年の間に頻繁に登場するようになった『茅乃舎』
最近では、休日に買い物に行くとレジに並ぶのは当たり前というくらい人気になってきているようです。

つい先日、この『茅乃舎』についての呟きがtwitterでリツイートされてきました。

この、呟きを見て、とても胸が熱くなりました。
『茅乃舎』は、もともとは福岡県久山町の小さな醤油屋がから始まったブランドだそうです。
以後120年、醤油だけでなく、つゆ・たれ・スープなど、さまざまな調味料の製造をおこなっていています。
化学調味料・保存料無添加の調味料シリーズは、芸能人の愛用者も多く、テレビや雑誌でも頻繁に紹介されています。

久原本家 茅乃舎のホームページを見ると、そこには商品への思い、ブランドの持つ思いが綴られています。
実際に商品を使い続けていると、その思いがしっかり商品に詰まっていることを感じることができるブランドです。

この呟きを見なければ、地震で被害を受けた人達の元にこんなに優しい思いが届いていることを知ることはできませんでした。
『茅乃舎』は、この活動を表だってではなく、ブランドを愛してくれるお客さまへ寄り添いたいという思いから行っているというところにも、とても感銘を受けました。

実は、このような取組をしている企業は私たちが知らないだけでたくさんあるのかもしれません。
この呟きにもあるように、このような取組が多く報道されたり、知ることのできるメディアが増えると良いですね。

ライター 鈴木じゅん子