life

解散報道後、初のラジオ出演でキムタクがファンに向けて語った言葉

Radio presenter in radio station on air
今年は、年明けから大きな芸能ニュースが続いていますね。
しかし、なんと言っても13日に第一報がでた「SMAP解散」のニュース!
日本中に激震が走りました。
その後も、さまざまな報道が続いていますが、解散が決定なのか、回避できるものなのか…。それも明確ではなく、ファンだけではなく、日本中がその行方に注目しています。
報道後、テレビに生出演したメンバーもいますが、解散報道についての言及はありませんでした。
そんな中、15日に放送された、TOKYO FM『木村拓哉のWhat’s up SMAP!』(毎週金曜 後11:00)でパーソナリティーを務める木村拓哉さんが、今回の報道に関して、初めて語りました。

■番組の冒頭で木村拓哉さんが語った言葉

「えー、きょうは、まず最初にそうですね。今週は色んなニュース、報道が出まして、本当に皆さんのことを何かとお騒がしています。ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、自分の言葉で、このWhat’sでお話させていただきたいと思っております。
間違いなく、自分はここのWhat’sのキャプテンとして、そして、聴いてくださっている皆さんは乗組員として、相変わらずこのまま、乗組員はキャプテンを信じてついてきてください」
『木村拓哉のWhat’s up SMAP!』より

■コメントの後には「オリジナルスマイル」が流れました。

ママスタのママ達からも様々な反応がありました。

「キムタク、ラジオで少し語ったんだね。「我々SMAPのオリジナルスマイル」って最後に曲かけたって泣ける。選曲も泣ける。 」

「キムタクが信じてついてきて!って言うなら信じておくわ!」

「オリジナルスマイルチョイスする意味は何だ?!」

「わ、ラジオ、オリジナルスマイルだ!マジ?泣ける~」

「オリジナルスマイルきたー!」

「オリジナルスマイル選曲したのってなんか意味あるかな?あー聞きたい!」

「曲紹介 我々SMAPで。。。我々SMAP、、。(涙)」

また、「SMAP×SMAP」で歌の競演をした稲葉浩志さんの新曲「羽」について

「今、自分にとってどストライクな曲。ヘッドホンつけてヘビロテで聞いている」

と語った木村拓哉さん。

どんぴしゃな曲と言ったのは、どんな意味だったのでしょうか。

ファン!というわけではなかったけど、このニュースを聞いてから、胸の中にぽっかり穴が開いたような気がしています。
特別に意識するものではなく、SMAPというグループは、いつも当たり前にそこにいて、元気をくれたり、パワーをくれたりしていました。
そのグループが、今解散の危機を迎えているのだとしたら、なんとかその危機を乗り越えてほしいと願わずにはいられません。

解散報道を受けたファンの間では「#世界にひとつだけの花購買運動」「#SMAPは終わらせない」というタグと共にCD購入運動が広がってぃます。
購入運動初日に「世界にひとつだけの花」はオリコン9位にランクインしました。

日本中が、解散してほしくないと願っています。
その思いが、どうか届きますように。

参考トピ (by ママスタジアム
SMAP解散??
世界に一つだけの花の購買運動に参加しますか?