いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

自分用に欲しくなるママも多いはず! 最近のひな人形事情

pixta_13149423_M

「まだ新年になったばかりみたいで」と1月はまだのんびりしているママも多いと思いますが、じつはひな人形の業界は今が商戦のピーク! 初節句を迎える女の子ママはもちろんですが「つい買いそびれたまま…」「家が狭いからあきらめていた」という方にもぜひ注目してほしい、ひな人形のトレンドを探ってみました。

完売続出! 赤ちゃん顔の小さなひな人形「ふらここ」

mainimage

東京・浅草橋の老舗人形店から独立した社長が考案したのが、丸く赤ちゃんのようにあどけない顔のひな人形。細面でおすまし顔の一般的なひな人形とは対照的です。我が子の表情をそのまま写しとったような愛らしさが若いママたちの間で評判となり、年々縮小しつつあるひな人形業界にありながら異例の大ヒットとなっています。

「赤ちゃんのような顔」は社長たっての強い希望で、彫りの深い顔にこだわる熟練職人を説得するためかなりの時間を費やしたそう。5〜6歳の子どもの手のひらにすっぽり収まるサイズ感や、パステルカラーの衣装もキュートです。顔だけでも数種類が揃うので、「うちの子そっくり!」という人形が見つかるかも?

収納しやすいコンパクトタイプは相変わらずの人気

住宅事情もあり、7段飾りなどはあまり見られなくなってきた近年。「大きくて豪華なものを!」と張り切るスポンサー(笑)祖父母に対し、「飾る場所がないのに!」と困った経験を持つパパママも多いのでは? 今の売れ筋はやはり親王飾りなどの小型サイズ。コンパクトでも著名な作家の作品であったりデザインや素材にこだわっていたりと、その分品質のよいものを求める人が多いようです。親王飾りには、子どもの成長に合わせて人形や飾りを増やしたりする楽しみもありますね。

中でも近年人気が高いのが、「立ち雛飾り」です。じつはひな人形の中でももっとも長い歴史を持つ、伝統的なスタイルなのだそう。ここしばらく内裏の生活を表現した座り姿が主流となっていたひな人形ですが、再注目されるようになったのはやはりそのコンパクトさが理由かも。すっきりシンプルなフォルムも、今の時代に合っているのでしょう。歴史あるスタイルだけに、格式の高さを感じさせるもの魅力です。

子どもが喜ぶキャラクターひな人形

「こんなキャラまでひな人形に?!」と、毎年話題になるキャラクターひな人形は今年もたくさん登場。ざっと見渡しただけでもミッキー&ミニーにキティちゃん、ミッフィーにスヌーピー、アンパンマン…小さな子どもが大喜びしそうなキャラクターがずらりと揃っています。伝統を重んじる世代からは眉をひそめられるかもしれませんが、ひな人形を飾るのは子どもが小さなうちだけという家庭も。最初の数年だけ、というニーズにはぴったりハマっている気がします。

とくに圧倒的な知名度を誇るのが、あの「久月」とのコラボレーションによるリカちゃんひな人形です。顔立ちの可愛らしさは今さら言うまでもありませんが、衣装や小物のクオリティの高さはさすが「久月」! ため息が出そうに美しい京都西陣の織物を使用するなど、大人が見てもほしくなってしまうほど華やかです。お内裏さまはレンくんですが、リカちゃんひとりだけの立ち雛も。親王飾りでおよそ20万円弱とけっして安いものではないのに、飛ぶように売れているというのもうなずけます。

「娘のために」ではなく自分のために買う大人女性も

伝統的な立ち雛の人気が再燃しているように、一時よりモダンなデザインのひな人形が増えているよう。そのせいか娘や孫のためでなく、「自分のため」購入していく大人の女性が目立ってきました。「欲しかったけれど買ってもらえなかった」人や「貧しい時代で購入する余裕がなかった」という年配の女性も少なくないそうです。季節のインテリアとしても可愛らしく、長く愛着が持てそうなところもよいですよね。
たしかにひな祭り前になると飲食店の「大人の女子会プラン」や、桃の節句スイーツなど「女子」をうたったサービスや企画が目につくようになります。これまでは「女児のもの」という印象が強かった桃の節句ですが、少しずつ様変わりし始めているのでしょうね。

文・鈴木麻子

<参照>
東洋経済ONLINE 「赤ちゃん顔のひな人形」が売れまくる理由
http://toyokeizai.net/articles/-/99023「ふらここ」
http://hina.furacoco.ne.jp/
リカちゃん雛人形を販売する人形専門店の一つ「人形屋ホンポ」
http://www.ningyoya.com/category/95.html

関連記事

3月3日は「ひなまつり」!「雛人形」の準備と片付けのタイミングとは
ママみなさん「雛人形」の準備はできましたか? 出そう出そうと思いつつ、ギリギリになってしまったり出しそびれてしまったり……忙しいママにはありがちなことですよね。また、昔から「雛人形はすぐに片付けな...
炊飯器で作れる!ひなまつりにオススメ☆桜餅
子どものおやつにも最適な桜餅が炊飯器でもち米を炊けば作れます!! 中のあんこは市販のものを包めば簡単にできちゃいますよ♪
ひなまつりレシピ☆明太子のタラモサラダお雛様
3月3日はひな祭り。 「桃の節句」と呼ばれるこの日には、女の子の幸福や健やかな成長を願って、可愛いメニューを作ってお祝いしましょう! ひなまつりのパーティーに欠かせないのが、お雛様とお内裏様! 明太子のポテトサラダを、薄焼き卵で包み、さといもの顔を乗せて作ってみました。 顔はさといもで作ると、大きくて可愛く出来上がります。 可愛いお雛様に、子ども達も喜ぶこと間違いなし☆