health

寒い夜は、温かくして眠りたい 「冬の冷え対策」のコツ

pixta_8893848_M

多くの女性がツライと感じている冷え・冷え性。食事や半身浴など、気をつけている人も多いと思いますが、それでもなかなか温まらないのが悩みの種。せめて、寝る時ぐらいは、しっかりと温まり、深い眠りで一日の疲れを取りたいですよね。ママスタに寄せられた夜の冷え対策を紹介します。

■電気毛布と湯たんぽは、定番?

「使っています!」という声が多かった電気毛布と湯たんぽ。そして使い方に、こだわりと工夫がいろいろありました。また、電気毛布を朝まで付けっぱなしにするのは、体に良くないとの指摘もありました。

『電気毛布は、妊婦の時から使い始め、そのままずっと手離せない。』

『電気毛布を使って、布団に入る時にスイッチを消します。付けっぱなしに注意。』

『電気毛布で寝るまで温めておいて、湯たんぽを入れて寝るのがオススメ。あと、腹巻してお腹をあたためておく。』

『足元だけシーツの下に電気毛布を敷いて、その上に湯たんぽを置いて寝るよ。』

『人間て、寝ている時は体温が下がるようにできているから、電気毛布を付けたまま寝ると、寝てても体が稼働していることになって、体温調節が出来なくなっちゃう。冷え性が余計に進行するよ。』

■寝ている姿は見せられない⁉︎温めアイテム、いろいろ

パジャマや下着、あったか小物をいくつも組み合わせているとの声も寄せられています。これは、かなり温まりそうです。

『首にネックウォーマー、足もレッグウォーマー、マスク、フリースのベストを着る。お尻辺りの布団にカイロを貼って寝るよ。布団に貼ると、寝てて暑いと自分で避けたり、場所を変えられてオススメですよ。』

『冷え取り用のゆるゆる靴下の三枚重ね。これは良いよ。ヒートテック着て、モコモコパジャマ着る。』

『子どもか旦那に足をくっつけて寝る。』

『布団にボアシーツ敷く。レッグウォーマー、フリースのパジャマに、肩を冷やさない用のケープを巻いている。更に、これからはマスクをつけて寝てる。』

『ボアシーツ、レッグウォーマー、フリースパジャマ、肩ケープまでだいたいおんなじ。
マスクは、鼻が苦しくなっちゃうので、ネルネルという口テープを貼って寝ています。』

冷え・冷え性対策には、多くの女性が様々な工夫をして寝ているようですね。最近は、100均やドラッグストアーでも、手軽にあったかグッズが手に入りますから、いろいろ試してはいかがでしょうか。
まだまだ冬はこれからが本番、とにかく温かくして、ぐっすり眠れるのがなによりです。風邪などひかないよう、おやすみくださいね。

参考トピ (by ママスタジアム
かなり冷え性な人
電気毛布って体に悪いと思う?