いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

絵本で遊びながら「マフラー」をオーダー?子どもと楽しめる「オーダーニット絵本」とは

もうすぐクリスマス。何か特別なプレゼントを考えている方へぜひご紹介したいのが、CHOOSE KNITさんの「遊べる!オーダーニット絵本」です。これは、絵本の世界を子どもと一緒に楽しみながら、お子様用のミニマフラーを歴史あるニット工場にセミオーダーできる、子どもと”選ぶ体験”ができる世界に一つだけのギフトです。ストーリーにそって、子どもと一緒に遊びながら、マフラーの色・柄・刺繍を選んでオーダーできます。オーダーした製品は約4週間で届きます。

まぼろしの豚と羊を探そう

IMG_0676

「遊べる!オーダーニット絵本」は、素材がコットンとウールの2種類あり、それぞれストーリーとイラストシールが異なります。CHOOSE KNITさんのwebページから絵本のストーリーをご紹介!

まぼろしのコットン(豚)を探せ!の巻(コットンマフラーオーダー)

front2

★ストーリー

舞台は架空の小さな島“ビックアイランド”。

この島には腕はいいけどおっちょこちょいな工場長のいるマフラー工場と、様々な動物達が平和に暮らす牧場“ビックアイランドファーム”がありました。

その日も、せっせとマフラーを作っていた工場長。
そこに、まぼろしの動物“コットン(豚?)”を探しているという、ひとりの冒険家がやってきました。

冒険家いわく、まぼろしの動物“コットン”の毛からは最高のマフラーができるとか…

さあ、ここでみなさんの出番です!
牧場にはそれぞれ色の違う6匹の“コットン”がいるはずです。

沢山の動物の中から“コットン”を探し出し、好きな色の2匹を、工場へ送ってあげてください。

お礼にその色の綿糸でつくった、
できたてのコットンのマフラーをプレゼントします。

IMG_0161_edit_cotton_flow

マフラー工場から羊が逃げた!?の巻(ウールマフラーオーダー)

wool_bokujo

★ ストーリー

舞台は架空の小さな島“ビックアイランド”。
この島には腕はいいけどおっちょこちょいな工場長のいるマフラー工場と、様々な動物達が平和に暮らす牧場“ビックアイランドファーム”がありました。

ある日、おっちょこちょいな工場長は、羊のマフラーをつくるために必要な羊たちをマフラー工場から逃がしてしまいます。
羊たちはビックアイランドファームへと逃げ込み、
他の動物達にまぎれて隠れてしまいました…

「たいへんだ〜! これじゃマフラーが作れない。。。」

さあ、ここでみなさんの出番です!
逃げてしまった羊は、それぞれ色の違う6匹。
沢山の動物の中から羊を探し出し、好きな色の羊を2匹、工場へ送ってあげてください。

お礼にその色の羊毛でつくった、できたての羊のマフラーをプレゼントします。

IMG_0161_edit

パッケージ内容

・オーダーカード
・シールを貼って遊べる牧場イラストと絵本
・動物イラストシール(71種類)
・返信用トラック型封筒
・商品説明書(製品の完成写真付き)

選べる柄・色・刺繍・サイズ

・コットン
ケーブル柄かボーダー柄

・ウール
ケーブル柄かストライプ柄

色は 6 色の中から 2 色を選択可能。
4文字までの英数字を仕上がり製品に刺繍することが可能。

コットンマフラー<まぼろしのコットン(豚?)を探せ!の巻>が6,700 円(税別)、ウールマフラー<マフラー工場から羊が逃げた?の巻> が10,500円(税別)と、お値段は高くなりますが、ただオーダーするだけではなく、子どもと一緒に楽しむことが出来るオーダーニット絵本。自分で探した豚や羊から出来たマフラーは子どものお気に入りになること間違いなし!この冬の贈り物にいかがですか?

参考:CHOOSE KNIT

文・菅原薫

関連記事

遊べるリズム絵本『みいつけた!うたってあそんで★オイース!』 2月26日発売
Eテレの子ども番組『みいつけた!』より、初の「音のでる絵本」が登場することになりました。 「たいこあそびパッド」のついた遊べるリズム絵本『みいつけた!うたってあそんで★オイース!』は2018年2月2...
スタバで絵本の読み聞かせ!?子どもと一緒に楽しめる新しいスターバックス店舗がオープン
1月26日(金)に、親子がのびのびと過ごせる「スターバックス コーヒー 目黒セントラルスクエア店」 がオープンします。スターバックスが掲げるバリュー「お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所...
ちょっと面倒な子どもの「コレ、なーんだ?!」をおもしろ楽しく描いた絵本『なつみはなんにでもなれる』
子どもって、変なポーズをして「コレ、なーんだ?!」とドヤ顔でママに迫ってくることがありませんか? そんなとき筆者は、内心「また始まった……」と身構えます。「ママは絶対正解してくれるハズ」という期待のこ...