いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

ミキティ流!家族仲がより深まる!おうち時間に子どもと一緒に楽しく学ぶ方法とは?

0303_mama_001
間もなくやってくる春休み。今年の春休みもお家かな……とちょっぴり憂鬱になってしまう方もいるかもしれません。外出しづらく気分もふさぎがちな今、他のママたちはどのように過ごしているのか気になりますよね。そこで今回は、テレビや雑誌でいつも明るく元気に活躍する藤本美貴さんに、おうち時間の過ごし方や3人のお子さんの子育てについて伺いました。

プロフィール
藤本美貴(ふじもと みき)
1985年2月26日北海道滝川市出身。モーニング娘。の第6期メンバー。2009年にお笑い芸人の庄司智春さんと結婚。2012年に長男、2015年に長女、2020年に次女を出産した三児のママ。結婚生活や育児と並行しながら、商品プロデューサー・司会・コメンテーターとして幅広く活動

外出自粛が求められている今は、子どもや家族がおうちにいる時間が増えましたね。園や学校に通うことはできるとはいえ、3人のお子さんがいる藤本さんにとって、自粛期間中は大変だと感じることも多いのではないでしょうか。今最も大変だと感じることを聞いてみました。

親の負担が増えた自粛期間……ごはん作りが本当に大変!

0303_mama_018
藤本さん:今回の自粛中、子どもたちは学校や幼稚園に通えています。ただ親が家で勉強などをみなければいけないことが増えたので、大変だなと感じています。あとは家族が家にいる時間が多いと、ごはん作りが大変で……。忙しくて大変なときはテイクアウトやデリバリーなどを活用してどうにか乗り切っています。

自粛中も子どもには「簡単に諦めないことの大切さ」を伝えたい

毎日仕事や家事に忙しい藤本さん。育児する上でどんなことを大切にしているのかも聞いてみました。
0303_mama_017
藤本さん:子どもには「すぐに諦めさせずに、ちょっとした成功体験を感じてから終わらせる」ということを意識しています。例えば逆上がりにしても、縄跳びにしても、1日でできるようになることは難しいですよね。だから「今日は○○までできるようになろう」という目標を決めて、それができるまではどんなに時間がかかっても付き合うことにしています。「諦めないからできるようになった」という気持ちを積み重ねていきたいなと思っているんです。
自粛中に娘はこれまでできなかった縄跳びを飛べるようになりました! 子どもが諦めそうになったときには「大丈夫、大丈夫! 絶対できるから! 諦めたら終わりだよ」と励ますようにしています。

お子さんには「簡単に諦めないことの大切さ」を普段から伝えているのはステキなことですね!

映像が好きな子どもなので、テレビを使って親子で息抜き

おうち時間を過ごすことが必然的に増えて、お子さんと過ごす時間も増えたという藤本さん。遊びのネタがなくなった際や、ママが疲れたときの過ごし方についてもお聞きしました。
0303_mama_019
藤本さん:家ではテレビなどの映像もよくみせています。うちの子たちは映像が本当に好きなんですよね。みせている間に家事などをするときもありますが、私自身もテレビをみることが好きなので子どもたちと一緒にテレビをみていることもリフレッシュになるんです。特にディズニー作品は子どもも私も好きなのでよくみていますね。コロナになる前は、ディズニー作品の新作が始まると家族でかならず映画も行っていました。

テレビをみること、中でもディズニー作品をよくみているという藤本さんに今回は月額770円(税込)でディズニー作品を定額(※1)でみることができる動画配信サービス「ディズニープラス」を試していただきました。
ミキティも大好きなディズニー関連作品が盛りだくさんのディズニープラスはこちら

大人になってからみると、また違った見方が楽しめるディズニー作品

KV_and_Logo_1920x1080
ディズニープラスとは、ウォルト・ディズニー・カンパニーが2020年6月から配信開始した、ディズニー作品を定額(※1)でみることができる動画配信サービスです。こちらは『シンデレラ』や『白雪姫』など誰もが知るディズニーの名作から、『アナと雪の女王』、『ファインディング・ニモ』といった子どもたちも大好きな作品、さらには「スター・ウォーズ」シリーズやマーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの大人も楽しめる話題作までもがすべて見放題(※1)のサービスです。

最新のアニメーション映画が公開されるたびに話題となるディズニー作品。藤本さんはこれまで、ディズニー作品とどのように付き合ってきたのでしょうか?
0303_mama_012
藤本さん:幼い頃から身の回りに、ディズニーのキャラクターのぬいぐるみなどが何かしらあり、ディズニー映画もよくみていました。私にとってディズニーはずっと身近にいるて一緒に大人になっていたような安心できる存在ですね。ディズニー映画は大人も感動できるところがすごいですよね。映像もきれいでキャラクターもかわいいし、物語も面白くて満足できるので、新作映画は必ず観に行っています。

ディズニープラスを実際に試していただきました。実際に使ってみて、気に入った作品はあったのでしょうか。

0303_mama_021

『トイ・ストーリー4』© 2021 Disney/Pixar

藤本さん:まずこんなにたくさんのディズニー作品があるんだ! と驚きました。今まで知らなかったディズニー作品もあって、みきれないとワクワクしましたよ。私は子どもの頃『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』などはよくみていて好きでした。親になった今ではシリーズ最新作が出て、親子に渡って物語がつながっていることにも感動します。『リメンバー・ミー』を家族でみに行ったときは、子どもではなく親2人が号泣していました(笑)

0303_mama_022

『リメンバー・ミー』© 2021 Disney/Pixar

世代を超えて愛される作品が盛りだくさんのディズニープラスはこちら
映画では親のほうがのめり込んでみてしまうのも分かりますね。一方でお子さんがディズニープラスで気に入った作品はあったのでしょうか?
0303_mama_010
藤本さん:娘はわかりやすくかわいいキャラクターなどを選んでいて『おしゃれにナンシー・クランシー』をみていますね。息子はマーベルと「スター・ウォーズ」シリーズをみています。私も一緒にみていますが、映像や世界観のカッコよさを子どもと共感しています。

家族の会話が増えて、新しい学びもあるディズニープラス

ディズニープラスを使ってみて、日常での変化はあったのでしょうか。

藤本さん:自粛期間中はなかなか外に出られないので、おうちで時間を持て余すこともありました。そんなときに子どもが喜ぶものをみせられるのはいいですよね。ディズニー作品を通して、人間関係を学べることも大きいです。例えば『トイ・ストーリー』をみれば、子どもが自然と友だちの大切さなどを学べると思います。家族の愛や王子様など、好きな人を思う愛などを大事にした作品も多いので、思いやりや愛について子どもたちも感じ取っていると思います。
0303_mama_011
ディズニープラスを実際に使ってみてよかったと思うことはありますか?

藤本さん:家族で同じアニメーション映画をみたとき、作品に関する話題や会話が増えたことです。家族全員が同じ作品を知っていると、自然と会話が増えますね。また同じ作品を何度みても飽きがこないのも、ディズニー作品のすごいところですよね。あとは好きなタイミングで再生、停止ができるので、隙間時間にさっと見れるのもいいですし、見たかったシーンを何度も見返せるのもこのサービスならではの楽しみ方だと思います。何回もみているのに感動したり、みるたびに新しい一面を発見したりできるのでとても面白いです。使い勝手が良いので、子ども、家族でディズニープラスを見る機会が増えました。

いつでも好きな時にディズニー作品を観られるのはママにとっても子どもにとってもうれしいこと。さらにディズニープラスではプレミア アクセス機能を使うことで、おうちに居ながら映画館と同じ体験もできちゃいます。3月5日から『ラーヤと龍の王国』が映画館とディズニープラスの同時配信が始まっています。(※2)
Raya_1920x608_NowStreaming
家族の会話も増えるきっかけになったというディズニープラス。藤本さんは作品をダウンロードして、車の移動中によく活用していたのだそうです。最後にママスタ読者にオススメしたいポイントを伺いました。

藤本さん:ディズニープラスは子どもが好きなものが詰まっていて、たくさんの作品数があるので、親子で新しい映画にハマることもあって面白かったです。
ナショナルジオグラフィックなどの昆虫や自然を写したドキュメンタリーなどは、ディズニーアニメーションを卒業した後の子どもも楽しめそうだと思います。
ディズニーの映画は成長するとみなくなる時期もあるかもしれないけど、大人になったときにもう一回みたくなりますよね。何年たっても色あせないし、昔みたものでも大人になってからみると感動できます。家族みんなが楽しめるものばかりあるのがディズニープラスなんじゃないかな。
0303_mama_004
ディズニープラスは家族で楽しめるコンテンツがたくさんあることに改めて気づいた藤本さん。同じ作品を家族でみることで、会話が増えるきっかけにもなるようですね。
これから春休みを迎え、どこにも行く予定がなくおうち時間をどう過ごそう……と考えているなら、ディズニープラスが活躍するかもしれません。初月は利用料金が無料!(※3) 家族みんなが楽しい時間を過ごすことができるディズニープラスを、気軽に取り入れてみませんか?
d+logo_blue
春休みを充実させる魔法が満載のディズニープラスはこちら

※1 一部個別課金あり
※2 プレミア アクセスの追加支払い(3,278円税込)が必要です
※3 ディズニープラスの初回の利用契約に限り、契約日当日から31日間無料となります
©2021 Disney and its related entities
©2021 Disney. All Rights Reserved.

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社