いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

2020年の振り返り・2021年への抱負を川柳でカルタ風に!「ママスタ川柳」募集中!

mamastar__slidebnr-senryu-20201118

2020年を代表する出来事は数あれど、子どもたちから大人まで幅広く影響したのはなんといっても「新型コロナウイルス」ではないでしょうか。特に臨時休校には親子で振り回され、家族の健康への心配もさることながら、家でどのように過ごすのか、子どもの勉強は大丈夫なのか、はたまた自分の仕事はどうなるのか……不安が次々湧きましたよね。

2020年私たちはみんな頑張った!2021年は良い年になれば……

未知のウイルスへの感染を予防するため、手洗いやマスクを徹底し、マスクやトイレットペーパーが品切れになったり。日本中で不安が共有されたかのような2020年でした。

仕事に影響が出た人も。

『会社で「学校が臨時休校になったので、平日出勤できないです」と言ったら「うわぁ……なんとかしてください」って言われたんだけど。結局休めず、勤務時間を2時間にしてもらった』

ただ日が経つにつれ、だんだんと生活が落ち着いたという実感も……。

『感染症対策は大変だけど、生活様式が少し変わって過ごしやすくなったところもあるな』

しかしなんとか日本中のみんなが一丸となって、少なくとも日本が滅びるような事態は回避できたはず……。2021年はできれば、平穏な年としたいですね。

『2021年1月出産予定。早く落ち着かないかなと思ってるけれど、出産時期が時期だから立ち会い出産とか高望みはしないようにしている。上の娘が寂しくないようにどうするのがベストか話し合っているところ』

2021年に出産を控えている妊婦さんから、希望あるコメントが。2020年の出来事を忘れないよう、来年につなげていきたいですね。

2020年の振り返り・2021年の抱負を川柳で!

ママスタセレクトでは、みなさんの心の内を表した川柳を募集中です。2020年を振り返り感じたこと、または2021年の抱負を五・七・五の川柳にしてみませんか?

たとえば、こんな川柳。

例1)気合入れ 感染予防 やり切った

例2)今年こそ 会いたい友に 会いに行く

頂いた川柳はママスタセレクト編集部にて厳選。秀逸な作品は、ママスタセレクト編集部の作家たちがカルタにします。

仮年賀状カルタ

(例)※上記はママスタセレクトがインスタグラムにて掲載している「産後カルタ」です。

作品はママスタセレクトや「産後カルタ」のインスタグラムに掲載するとともに、年賀状にして受賞者の皆さんのもとへお贈りいたします。

もちろん川柳の内容は五・七・五に沿っていればなんでもOK! 2020年にやり切ったこと、心残りだったこと、または2021年への希望など、川柳にしてぜひご応募ください。

<応募方法>

フォームにて、下記などをご記入のうえご応募ください。
・「2020年の振り返り」「2021年の抱負」の五・七・五の川柳
・応募する人の住所、名前
ママスタ川柳企画へ参加

※〆切:11月25日(水)

※イラストを描く作家は選択できません。
※住所・名前は年賀状送付の用途にのみ使用します。

たくさんのご応募を、お待ちしております!

文・編集部

関連記事

ケース7【本当にあった面白い話】見栄っ張りには気をつけて! #5秒で笑える
日々テレビやネットから流れるニュースが「現実」と分かっていても、繰り返される内容に思わず目をそらしてしまいたくなるときもありますよね。そんなときは、思いっきり笑いましょう! 実際に起きた身近なネタから...
コンセントをハサミでチョキン、左官屋のマネをして壁にバター。今だから笑える子どもの頃のイタズラは?
子どもの頃「いいことを思いついた!」とばかりにやっていたイタズラや謎の行動。今思えば「なんであんなことしたんだろう」ということもたくさんあるはず。子どもの頃にやった恥ずかしいこと、イタズラなど、今だか...
やっぱり母は最強! 愛すべきオカンたちの爆笑エピソード
久しぶりに実家に帰り母親に会ったときのこと。一緒に散歩に行き、道端に咲くきれいなパンジーの花を見て「まあ、きれいなチンパンジーね」と言った筆者の母親。花と動物を混同してしまったようです。 しかし...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
仕事休めなかった
☆令和3年1月出産予定の方☆