いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

娘が「舌小帯短縮症」と言われた!手術に迷い……決心して親子で挑んだ結果!?

うちの次女は「舌小帯短縮症」でした。
他の子と違うのでは? と初めて意識したのは、娘の友達たちと……
娘が「舌小帯短縮症」と言われた!
このときは「かわいい」と言ってもらったこともあり、単に”娘の個性”と捉えてあまり気に留めていませんでした。
しかし数年後、娘が小学校2年生の時に受けた歯科検診で「娘さんは舌の下の襞(ひだ)(=舌小帯)がすごく短い。おそらく話すことにも影響が出ているのではないか」と指摘されました。
舌小帯とは……。
舌小帯とは
そして、そこを切ることで改善できると……。

き、切るの……!? 明らかに私がビビっていると、「近くの病院の口腔外科で治療ができます。切る切らないは別にして、まずは相談ができますよ。ご家族で検討してみてください。」
無理強いはせずに教えていただきました。

娘が「舌小帯短縮症」と言われた!

※縫う以外のケースもあるそうです。
参考:小帯切除術

ある日、意を決して次女本人と「治療について」話をしました。
痛みがあるかもしれないこと。
しばらくは食べたり喋ったりがしづらいかもしれないこと。
でもその分、回復すればおしゃべりがしやすくなること。

ちゃんと理解してくれたかどうかは分かりませんが、普段から物分かりの良い次女は納得の上、病院へ行くことを承諾してくれました。

いざ、口腔外科へ!

娘が「舌小帯短縮症」と言われた!
もともと覚悟はしていましたが、予想以上の急展開で、あれよあれよといううちに済んでしまいました。
先生は、私たちがリラックスできるように世間話を挟んでくださったり気を遣ってくださって、次女は泣くこともありませんでした。
術後に受けた注意は、なんと「あっかんべーをたくさんしてください」ということ。
舌を出す練習をしないと、せっかく切ったのに組織が固まって出なくなってしまうとのことでした。
あっかんべーがリハビリとは、なんともかわいいですよね。
ただ本人にはとても怖かったらしく最初は嫌がってしまい、困っていたのですが……。
娘が「舌小帯短縮症」と言われた!
次女の様子を見て長女と三女が手伝ってくれました。そして2人のおかげで楽しみながら、徐々にできるようになっていきました。
抜糸するまでは、痛みよりも糸がつれることが気になるようでした。

1週間後に抜糸した後は、しばらくは歯磨きの仕上げの時などに痛みを訴えたものの、日常生活には支障が出ませんでした。
術後に通院することもなく、1ヶ月も経たないうちに普段通りに。

そして、治療をすることで失われることを恐れていた次女の口グセ「あのしゃぁ〜」ですが……なんと、わざと甘えた話し方をしていたことが判明(笑)。今もたまに甘えたい気分の時に使ってくれるので、その度に癒されています。

参考:日本小児外科学会「小児外科で治療する病気|舌小帯短縮症
※この漫画は一個人の体験談を元にしています。この漫画を読んでもし心当たりがある方は、自己判断せず、必ず医師に相談してください。

文、イラスト・Michika 編集・木村泉

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

【チームで子育て13・14話】子どもが食物アレルギーで通院!仕事はどうする? #4コマ母道場
兄弟姉妹によって、「私に似ている」「パパ似」「お姉ちゃんとは違う」と、似ているところ、全然似ていないところがありますよね。我が家の三姉妹も、それぞれ個性的。また育てる方も、少しずつ変わってきます。 ...
もう我慢の限界!娘のアトピーについて義両親に責められる……
私には悩みがあります。 娘は肌荒れがひどく、お医者さんからアトピー性皮膚炎と診断されました。 それからは毎日の保湿はもちろんのこと、服や食事にも気を使った生活をしています。 しかし、娘の肌は良く...
子どもの病気・発達 に関する記事一覧