いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【03発達障害は個性なの?】発達障害の症状はエスカレートするの?専門家の手を借りて二次障害を抑えよう

pixta_69457881_M

発達障害について情報を集めようと思っても、なかなか思うような情報が得られず困ることはないでしょうか。情報が多すぎてどれを信じていいのやら、わからないことだらけで悩み苦しむママも大勢いるかもしれません。

今回ママスタコミュニティに投稿された内容も、お子さんの発達障害について今後どうなっていくのかわからず、思い悩み苦しんでいるママからの質問でした。

『年長になる子どもがいます。発達障害であることは年少まではわかりませんでした。年中で手がかかるなと思いはじめたけれど、周りは気づいていない様子。年長くらいから周りの保護者がなんとなく気付きはじめ、夏休み明けには完全にクラスで浮きはじめていました。夏休み中にもいろいろ思うところが出てきて……。発達障害はエスカレートするのでしょうか? 小学校は一応普通学級にも在籍をするけれど、どうしたらいいのかわからなくなってきました』

最初は周りの子と少し違うなと感じるだけだったわが子への違和感。しかし年齢を重ねるごとに、その小さな違和感は少しずつ大きくなっていく……。

筆者も同じような経験をしてきたため、投稿者さんのお気持ちは痛いほどよくわかります。発達障害は時間を経て悪化をするのか、ママたちの声を聞きながらお話ししていきましょう。

発達障害は悪化するのか

『どんどん酷くなっていくというか、成長に合わせて二次障害が出てくる。だから療育は大事だよ』

『酷くなるというか、年長の時期に定型発達(健常)の子はぐんと成長する時期だから、わが子との差が目に見えてわかってくるんじゃないかな? 早期療育を受けてこなかったのなら、なおさら差が出てくるよ』

ママたちの声にもあるように、発達障害の特性は悪化するというよりも周囲との差が開いていくことで違いが顕著に現れ、成長に差を感じるようになります。とくに未就園児から小学校低学年の頃は、できることがどんどん増えていく時期ですよね。周囲の子どもと差が開いていくので、問題が目に見えて増えた印象を受けるのかもしれません。むしろ注意すべきは、ママたちの声にあるような「二次障害」の問題です。

発達障害における「二次障害」とは

『二次障害にならないといいね。二次障害になると、どんどん酷くなるよ』

『酷くなるというか、二次障害が表れると思う』

二次障害とは発達障害を抱えた子どもが、思春期頃から周囲と自分自身の違いを自己認識することから起こると言われています。周囲との違いを感じることで起こる不安や焦りなど、心理面に大きな影響を与えることから問題視されているのです。

二次障害でみられる症状

『合わない環境でムリをさせ続けた結果、自傷行為や鬱、適応障害や統合失調症などの二次障害を発病することがある。極端な話ではなくて、普通級で頑張りすぎた低学年が鬱になり、精神的に不安定になるような事例はいくらでもあるらしいよ』

二次障害は大きくわけて、「性格特性としての問題」と「心因性の症状」の2つにわけられています

性格特性としての問題
・低い自己評価
・自信喪失
・感情不安定
・不安
・緊張しやすさ
・敏感性
・頑固、融通性が利かない
心因性の症状
・社会活動への不適応
・抑うつ
・睡眠障害

これらの症状から引きこもりや不登校、暴言・暴力、自傷行為などに発展する可能性が出てくるのです。このような二次障害を、いかに最小限に抑えるかが大切だとわれています

専門家に相談することで疑問や不安を解決できる可能性もある

『療育に通って、どうしたらいいか聞くことが一番かな。環境の変化に敏感だろうから、夏休み明けで落ち着かないんじゃない? 普通級でいいかどうかも専門家と相談して決めた方がいいよ。教育委員会とかは親が支援を拒否したらムリに支援級に入れることはできないこともあるし。同級生に迷惑がかからないよう一番の方法を相談しつつきめたらいいんじゃないだろうか』

『クラスで浮きはじめているなら担任や支援コーディネーター、支援級の先生と面談してみたらどうかな? 発達障害は周りの関わり方が大切だから、早めに対策した方がいいと思う』

『その子に合った支援を受けないとどんどん置いて行かれるよ。専門的な知識を持っている職員に見てもらう方がいい。その支援が早ければ早いほど成果が出るから』

発達障害については、さまざまな書籍やメディアなどに情報が溢れています。そのせいで逆に何が正解なのかわからなくなったり、欲しい情報が手に入りにくかったりします。そのような「困った」を解決してくれるのは発達障害に関する専門家ではないでしょうか。

専門家の方にどうすれば相談できるのかがわからない場合は、まずはかかりつけの病院に聞いてみるといいでしょう。発達障害に関する正式な診断を受けているのであれば、かかりつけの医療機関から別の支援の道につなげてもらえるはずです。

他にも自治体の福祉課や、保健センターなどでも相談できるケースもあります。全国にある「発達障害者支援センター」にも相談できますので、ご自身が一番利用しやすい所を選ぶといいでしょう。とにかくひとりで悩まないことがお子さんにとってもママにとっても大切なことですので、疑問や不安をもったらすぐに誰かに相談してみてください。

専門家に相談しながら、子どもにあった支援のやり方を探そう

『普通級で伸びる子もいれば、支援級で伸びる子もいるので何が正しいのかは正直わからないと思います』

『わが子ときちんと向き合って療育をしていたら、まわりも迷惑とかイヤな顔をする人は少ないと思うよ』

幼稚園で仲のよいお友だちと、「小学校でも一緒に普通級に通えるといいな」と話していた投稿者さん。お子さんも同じように願っているのであれば、その希望を叶えるためにはどうすればいいかをまず考えていく必要があります。ですから答えが見つからないときは、遠慮せず専門家の手を借りてください。

子どもの今だけを見るのではなく、少し先の未来のためにどのような支援が必要なのか知っておくことは、わが子の今後を考える上で必要不可欠となるでしょう。同じ発達障害でも子どもによって困ることやできる・できないことはさまざまです。ママたちの体験談を参考にしたり、専門家の手を借りたりしながら、わが子に適したサポートをしていけるといいですね。

sakuranomiya--20201028article

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

子どもの病気・発達 に関する記事一覧
【02発達障害は個性なの?】「だらしない」のは発達障害のため?何でも病名つけることへの不安……しかし得られることは
幼稚園や保育所などから小学校に上がると、環境の変化により子ども自身が落ち着かなくなることもありますよね。未就園児の集団生活と学校での集団生活が違うことから、ママたちだって戸惑うこともあるでしょ...
【01発達障害は個性なの?】子どもの進学・将来はどうなるの?高校進学に向けた実体験に基づくアドバイス
発達障害についてさまざまなメディアで目にする機会が増えた気がしませんか? しかしそれでも実際はまだまだわからないことだらけ。発達障害をもつわが子の将来について考えはじめると、不安ばかりが頭をよ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
発達障害がどんどんひどくなることある?