いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

10年ほど前に買った大量の洋服が捨てられない。どうすれば片付けられるの?

pixta_65610912_M
クローゼットの中を見ると、洋服で溢れかえっている……。そんなことはありませんか? でも、ずいぶん出番は少なくなったものの、せっかく買ったものだし、またいつか着るかもしれないし……、そう思ってなかなか手放せないでいる人もいるはずです。ママスタコミュニティにも、洋服の片付けができずに困っているママからの投稿がありました。

『10年くらい前に洋服好きでかなり買っていた。あれから10年、太ってしまったので着られなくなった服が多い。いつか着られるんじゃないかと思ったり、買ったときの値段を考えると捨てるのがもったいなく思ってしまい、1つの部屋が服で溢れかえっている。旦那には服の部屋を早くどうにかしてよと言われている。どうすれば捨てられるの?』

10年ほど前の洋服を今も保管していて、溜まりに溜まった洋服で部屋が1つ使えなくなっているそうです。手放したい気持ちもあるのですが、もったいないと思うとなかなか処分することができません。どうすれば洋服を手放すことができるのでしょう。

「いつか」はこない。まずはその「いつか」の考えをなくそう

体型が変わってしまい、今はもう着られない状況だというのに、「元の体型に戻ったときに着られる」「いつかまた着てみよう」という気持ちがあると処分に悩んでしまいますよね。その気持ちはわかりますが、10年も前の洋服を着る、その「いつか」はこの先も来ないと考えた方がいいのではないでしょうか。長い間ずっと着る機会がなかったのだから、その延長線上にある未来でもおそらく着ないでしょう。ここは思い切って「この服はこの先も着ない」と割り切ってしまった方が、気持ちの上でも吹っ切れて処分しやすくなりますね。

手放す場合の心得は?

「10年前の服を今着られる?」と自分に聞いてみる

『いくら定番のアイテムでも、10年前のものだったら微妙にシルエットが変わっているだろうし、着られるスタイルになっても、もう魅力的に感じないかもよ?』

『買った値段が高くても、10年くらいたった服はデザインが古いと思う』

ママの場合には10年ほど前に買った洋服がたくさんあるので、まずはそれらのデザインなどを見て、今の時代でも着られるのか? と自問してみてはどうでしょう。10年前に流行したデザインは、今の流行には合わなくて、着るのに抵抗があるものもあるかもしれませんよね。もし自問しても迷いが取れない場合には……。

今の自分に似合うのか着て確かめてみる

『昔着ていた服を捨てるのは、なかなか勇気がいりますよね。高かったものならなおさら。もったいなくて捨てられませんよね。わかります。そういうときは実際に着てみて、全身が写る鏡で見てみるといいです。私も以前着ていた服がなかなか捨てられなかったのですが、思い切って試着してみたら、今の自分の体型と顔には全然合っていないことが判明! すぐ脱いですぐ捨てられましたよ。なんの躊躇もなく』

洋服を手放すことに躊躇しているならば、一度着てみるとよさそうです。10年前の自分には似合っていた洋服でも、10年後の自分には似合わないこともあるでしょう。体型だけではありません。顔つきや髪型、化粧の仕方でも似合う洋服は変わるもの。実際に鏡に写った自分を見たときに「似合わないな」と思ったら諦めもつき、すぐに手放すことができるでしょう。

どうやって処分する?

着ることがない洋服を売ってお金にする

『リサイクルショップに持って行ったら?』

手放すと決めたら、リサイクルショップなどに持ち込んでみてはどうでしょうか。傷や汚れがあると買取価格が下がったり、場合によっては買取不可になることもありますが、まずは査定をしてもらうのも手です。そこで具体的にいくらになるのか金額がわかれば、売ってお金にしようと思えるのではないでしょうか。他にもフリマアプリなどを使って売るのもおすすめです。出品や配送の手間がかかることもありますが、個人間の取引なのでリサイクルショップよりも高く売れるケースがありそうです。

資源としてリサイクルする

着ない洋服が売れない、でも捨てるのは忍びない場合には、リサイクルに回すのも手です。リサイクルボックスを置いて、着なくなった洋服を回収している店を活用しましょう。そういったところに持ち込めば状態によって古着やリメイク製品としてどこかで再販売してもらえたり、再販売できないものは織物繊維として再利用してもらえたりします。ただ捨てるのではなく、誰かのためにと考えると手放すときのもったいないという気持ちも軽減されますね。

洋服を手放した後の「いいこと」を考えてみよう

洋服をなかなか手放すことができないのは、買ったときの値段を考えてしまったり、まだまだ使える、いつか使うかもしれないという気持ちがあるからですよね。でもその気持ちは当然のことだと筆者は思います。筆者も同じように感じることもありますし、それでなかなか手放すことができなかったときもあります。そんなときには、手放すことでどんなメリットがあるのか、手放した後のことを考えてみるとよさそうです。

例えばリサイクルショップやフリマアプリで売ることができればお金が入ります。そのお金で欲しかった洋服を1着買う、あるいは食事に行くなど他の楽しみを見出してみるのです。もし売るのが難しいならば、せめて片付けてしまいましょう。いらない洋服で溢れかえっていた部屋が片付き、目に入るのはお気に入りの洋服だけです。すっきりすると、日々コーディネートすることすら楽しくなることもありますよ。何を着ようかとあれこれ悩まずに済むので、朝の洋服選びが時短になるというメリットも。人それぞれでしょうが、何かしらの楽しみを見つけておくと、溢れる洋服を片付けるモチベーションになるのではないでしょうか。

参考:H&M「衣料回収プログラム

文・川崎さちえ 編集・blackcat

関連記事

節約・貯金・手当て に関する記事一覧
着ないとわかっていても洋服が捨てられない……。どうすれば潔く処分ができるの?
着古した洋服などを潔く処分をしたいと思っても、実際に捨てるとなると抵抗を感じてしまう方もいるでしょう。あるママさんも洋服を捨てられずに困っているようです。 『服が捨てられない……。ノーブランドで...
ハッピーセットのおもちゃをリサイクルできる!2019年は子どもたちの長期休みに合わせて年3回実施へ
子ども心をくすぐるおもちゃが付いてくるマクドナルドのハッピーセット。子どもが好きなキャラクターのおもちゃがついてきたり、土日は追加でシールなどをもらえたりするので子どもにねだられたことがあると...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
服の整理ができない、服の断捨離ができない